Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼イルコモンズ・リブート・キャンプ札幌勾留篇
d0017381_1532728.jpg▼イルコモンズ・リブート・キャンプ札幌勾留篇
[日時]平成20年7月5日(土)より
平成20年7月16日(水)まで
[場所]札幌市中央区司法機関
[参加者]19番・刑事・検事・裁判官・
弁護士・傍聴人そのほか

洞爺湖でのG8サミット本番中、洞爺湖から遠く離れた札幌市の中心部において、「イルコモンズ・リブート・キャンプ」としては最大規模の、12日間にわたる講義と質疑応答、そして意見陳述が行われました。2006年に東京大学からはじまり、福岡、大阪、京都、名古屋、東京、仙台、札幌と、各地の大学やフリースペースを移動し、さまざまに形を変えながら、約2年半続いてきた「イルコモンズ・トラベリング・アカデミー」の頂点(サミット)、そして、4年間にわたる「文化人類学解放講座」の最終講義ともいえる最後のキャンプでは、下記の事柄について、映像資料がない分、いつもより真剣で熱のこもった講義と解説がおこなわれました。

「グローバリゼーションとはなにか、グローバリゼーションの光と闇、グローバリゼーションの歴史(1989年~)、G8サミットとはなにか、G8サミットの歴史(1975年~)、G8サミットの非合法性、新自由主義とはなにか、多国籍企業による新しい奴隷制、スウェットショップについて、映画「ミッキーマウス、ハイチへ行く」について、アンチ・グローバリゼーションについて、「もうひとつの世界は可能だ」ということの意味、洞爺湖サミットについて、ハイリゲンダム・サミットについて、映画「フェンス」について、非暴力を原則とした講義、非暴力直接行動、なぜ、わたしは、いま、ここにいるのか、クラウンアーミーについて、道化の役割、パペットについて、アフィニティグループについて、ドラム・ブロックについて、NGOとはなにか、NPOとはなにか、サウンドデモとはなにか、サウンドデモの歴史、現代美術とはなにか、DJの役割について、平和的デモと祝祭的デモについて、企業メディアの問題点、バブルマシンの機能、文化人類学とはなにか、フィールドワークとはなにか、アフリカの村の自治について、フランスデモの歴史、扇動とはなにか、過剰警備について、イルコモンズ・アカデミーとはなにか、イルコモンズアカデミーの歴史、非正規雇用の問題、資本主義の光と影、南米ボリビアの水道事業民営化、黙秘の権利について、公安条例について、直接民主主義について、文化人類学解放講座、高校の社会科の教科書におけるグローバリゼーションと反グローバリズムの記載とその内容、ビョークの「デクレア・インディペンデンス」について、教育とはなにか、自らの身をもって示し教えることについて、イルコモンズの名前の由来、コモンとはなにか、新しい反資本主義、反グローバリゼーション運動の新しさとその特徴、教育の権利」などなど。

以上。

【注意】よいこは決してマネをしないようにしましょう。

[追記] 「相手に伝わらなくてもいいんだと思って、純粋さをつらぬけば、逆にその純粋さは伝わるんだよ。」(岡本太郎)
[PR]
by illcommonz | 2008-07-18 15:07
<< ▼RIGHT HERE RIG... ▼札幌ホテルガイド >>