Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼新しい反資本主義とアクティヴィスト・アーティスト
d0017381_17162171.jpgEzequiel Adamovsky
Anti-capitalism for beginners:
the new generation on emancipatory movements.

「新しい反資本主義と伝統的な左翼の最も大きな
違いの一つは、定義するのが非常に難しく、それは
まだどの本にも書かれてないし、また、どんな理論
にもあてはまらないが、強いていうなら、その違いは
「闘いの文化」の違いである。」(エセキエル・アダモフスキー)

アダモフスキーは、その違いを下のような図にまとめている。

   【伝統的左翼】     【新しい反資本主義】

   [闘いの文化]     [創造の文化]

   大儀のための     充実して幸福な人生を
   「犠牲」を評価する   築くことを大切にする

   個人の利益は     個人的な利益は
   集団的な利益に    集団的な利益に含まれ
   吸収される        受け入れられる

   疑いやためらいは   知らないことを生活の
   罰せられる        基本として認める

   私生活は        私生活は
   ほったらかし      重要である

   弱さ、間違いに    人間誰しも
   対する不寛容     あやまちを犯す

   結果を考えない    細心さをともなった
   勇気を評価する    大胆さを評価

   死者を「英雄」や   生命をたたえ、
   「犠牲者」として    日々の暮らしに
   祀りあげる       根ざした闘いを実践する
                 人びとを礼賛する

   一般人の世界     社会にとけこむ
   から切り離された   闘士たち
   闘士たち

   厳格な規律       状況に応じて合意する

   「怒れる」闘士たち   「陽気な」闘士たち

「私生活をほったらかしにしてる」というその一点をのぞけば(ただし現在改善中)、イルコモンズはおおむね「新しい反資本主義」のアクティヴィストである。もちろん、あらゆる二分法がそうであるように、この分け方にはやや強引すぎるところもあり、また、排他的な側面があることも否めないが、しかし「新しい世代のアクティヴィストたち」と同様、実年齢や世代をこえて共有できる、これまでとはちがう「新しい闘いの文化」が、いま、ふたたび生まれつつあることだけは確かなようだ。そのことはもっと広く知られてほしい。というのも、「左翼は××だ」とか「活動家は××だ」とか、「ねぇ、それって、いつの時代の話?」と思わずそう云いたくなるような、大昔のステレオタイプであれこれものを云われても正直こまってしまうからだ(そして、マスコミの報道がしばしばそのステレオタイプを再生産していることも無視できない)。

さらにアダモフスキーは、この図式をもとに、こんなふうに書いている。サミット前に、雑誌「VOL」に書いた原稿「新しい反資本主義の表現者たち」では、枚数の都合で十分に紹介できなかったので、かわりにここで紹介したい。

 「新しい反資本主義のこれまでの運動との違いは、まるでお祭りやカーニヴァルのようなアピールの形式、警察の弾圧をかわすための「とぼけた戦略」(道化師の格好をするとか花を配るとか)の採用をみれば明らかだ。「新しい闘いの文化」は、アートと政治の密接な関わりにおいて見てとることができる。「伝統的な闘いの文化」の闘士たちの活動においては、芸術が採用される場面はごく限られていた。よくてせいぜい「アクセサリー」あつかいだった。しかし、新しい世界をいま・ここでつくることがアクティヴィストたちの主要な課題となってからは、新しい反資本主義とアーティストの仕事はかつてないほど近づいてきている。いまやアーティストとアクティヴィストは互いに創造性を分かち合っているのだ。」(エセキエル・アダモフスキー)

「新しい反資本主義」の「新しい闘いの文化」はラディカルな民主主義とコモンの文化でもある。そこでは独創的なアーティストとひとにぎりのアクティヴィストだけが協働するのではなく、その現場ではみなひとりひとりが、誰でも簡単にまねができて自由に共有できる、コピーライトのないコモンの衣装を身につけ、とぼけたユーモアのセンスをのびのびと発揮し、陽気で、快活で、活発で、そして社会から(特に子どもたちから)も愛される、新しいアクティヴィスト・アーティストに「共に」「なること」が求められる。たとえば、こんなふうに。



▼クラウンアーミーとおまわりさん
(CLOWN ARMY AND COP remix)
http://jp.youtube.com/watch?v=vszxHGFlG9w
[音楽] スモール・サークル・オブ・フレンズ「ドリフター」
[編集] イルコモンズ



▼ピンクのボールとブラックブロック
(PINK BALL AND BLACK BLOC)
http://jp.youtube.com/watch?v=izioS9Cu94Q
[音楽] ジョニ・ミッチェル「サークルゲーム」
[編集] イルコモンズ

Yesterday a child came out to wonder.
Caught a dragonfly inside a jar.
Fearful when the sky was full of thunder.
And tearful at the falling of a star.
Then the child moved ten times round the seasons.
Skated over ten clear frozen streams.
Words like, when youre older, must appease him.
And promises of someday make his dreams.
And the seasons they go round and round.
And the painted ponies go up and dawn.
Were captive on the carousel of time.
We cant return we con only look behind.
From where we came.
And go round and round and round.
In the circle game.
(Joni Mitchell "Circle Game")

クラウンアーミーとブラックブロック、どちらも少しおてんばだったり、少しやんちゃすぎるところもあるけど、そもそも「活発」でないアクティヴィストって何だ?

d0017381_17272289.jpg
ちなみに、このヴィデオも洞爺湖サミット直前にYouTubeにアップして、そのままになっていたもの。映像はいずれも去年のハイリゲンダム・サミットの時のものを再編集した。音楽は、再結成されたスモール・サークル・オブ・フレンズと若き日のジョニ・ミッチェルを使用。どちらも70年代のテイストをもったサウンドなので、それにあわせて映像にもかすみをかけてみた。キーワードは「サークル」。ジョニ・ミッチェルのこの曲は、映画「いちご白書」(1971年)でバフィ・セント・メリーがうたってヒットした。このふたつのヴィデオは札幌・当別キャンプの「洞爺湖映画祭前夜祭」で初上映した。デヴィッド・ソルニットがみて、ものすごく喜んでいたのをよく覚えている。「洞爺湖映画祭前夜祭」のレイトショーでは「いちご白書」も上映。廃校になった中学校の体育館でみた、この映画のラストはとてもよかった。

[追記] なんだかこういうのは照れくさくて、これまであまり人前で話したことがなかったが、思いきって白状してしまうと、映画「小さな恋のメロディ」と「いちご白書」がイルコモンズのアクティヴィズムの原点なのだった。これは逮捕されたときの取り調べでも決して話さなかったトップシークレットのひとつ。
[PR]
by illcommonz | 2008-08-20 17:47
<< ▼アクティヴィスト・ミュージシャン ▼ニュージェネレーション・オブ... >>