人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼[TEXT] 「死者たちよ、安らかに眠ることなかれ」
▼[TEXT] 「死者たちよ、安らかに眠ることなかれ」_d0017381_2139248.jpg

「死者たちよ、
安らかに眠ることなかれ。
今なお繰り返され続ける
過ちに無関心な、
この世界を呪い続けよ」

岡真理 「ガザ」(全文)
(「京都新聞」2008年11月27日)
 「一九九〇年代初頭、パレスチナ人画家が来日した。四八年、ユダヤ人国家の建設に伴う民族浄化で、彼は生後まもなく難民となった。以来、ガザの難民キャンプで暮らす。彼がガザを出たのはその時が初めてだった。来日して一週間ほどして、取材した記者に歳を訊かれて彼は言った。「私の年齢は七日だ」

 日本に来て初めて、自分は、人間が生きるということはどういうことかを知った。日本で日本人が生きるこの暮らし、これが人間が人間として生きるということなら、これまで自分はひとたびも生きたことなどなかった。だから、自分の年齢は七日なのだと。

 ガザ地区…国連パレスチナ難民救済事業期間(UNRWA)によれば、ガザの人口は百四十万、その大半が彼と同じ、四八年のイスラエル建国で故郷を追われた者たちだ。難民登録している者だけで百万を超える。その半数近くが、六十年たっても依然、難民キャンプで暮らす。その一つ、ビーチ難民キャンプは一平方キロメートルもない空間に八万人がひしめく。

 六七年以来、ガザ地区は、ヨルダン川西岸とともにイスラエルの軍事占領下に置かれる。産業基盤もなく、百万人以上の難民たちが生きる、地区全体が巨大な難民キャンプであるかのようなガザ。ガザは長らく、イスラエル経済の底辺を担う労働力の供給地、奴隷市場だった。

 二〇〇三年三月、イラク戦争開始の直前、パレスチナ人の住宅を破壊しようとするイスラエルのブルドーザーを阻止しようとしてアメリカ人女子大生レイチェル・コリーさんが轢殺されたのも、ここガザだった。

 〇五年夏、イスラエルはガザ地区から前入植地を撤退させた。それに伴い占領軍もいなくなった。だが、ガザの占領が終わったわけではない。地区全体が壁で囲まれ、唯一の出入口はイスラエルに管理される。

 三年前、自治政府の評議会選挙でハマースが勝利すると、イスラエルによるガザ封鎖はさらに強化された。「テロ組織」を代表に選んだ住民への集団懲罰だった。人々はガザを出ることも入ることも許されない。電気・ガス・水・ガソリンなどはすべてイスラエルにコントロールされ、最低限しか供給されない。百四十万もの住民が、かろうじて日々、生命を維持するだけの状況にとどめ置かれている。今やガザは、文字通りの監獄となっている。世界人権宣言採択六十周年を迎える世界の、これが現実だ。

 アウシュヴィッツ、ヒロシマ…。世界には、単なる地名以上の意味をもつ固有名というものがある。「ガザ」もまた、現代史に刻まれた、「人権の彼岸」を象徴する名だ。

 アウシュヴィッツの解放記念日に、八月六日に、毎年、繰り返し唱えられる、「このような悲劇は二度と繰り返さない」という誓いは、何を意味するのだろう?ガザで起きていることはホロコーストではない。核兵器が使われているわけでもない。だが、ホロコーストを、ヒロシマを可能にしたもの、すなわち他者の人間性の否定こそ、「ガザ」が意味するものだ。

 死者たちよ、安らかに眠ることなかれ。今なお繰り返され続ける過ちに無関心な、この世界を呪い続けよ。」
by illcommonz | 2009-01-20 21:44
<< ▼停・戦時中行動 ▼ほんのちょっとしたこと >>