Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「サンデー・ブッシュマン」たちへ
d0017381_164967.jpg
 「陽が昇るから、目を覚ます。
 目を覚ますから、腹が減る。
 腹が減るから、狩りをする。
 狩りをするから、メシ食える。
 メシ食えるから、金いらない。
 金いらないから、仕事しない。
 仕事しないから、時間がある。
 時間があるから、遊んでる。
 遊んでるから、不満がない。
 不満がないから、ケンカがない。
 ケンカがないから、気分がいい。
 気分がいいから、眠くなる
 眠くなるから、陽が沈む。
 陽が沈んだら、あと知らない。
 だから、アフリカ平和です。
 だから、僕らはブッシュマン。」
 (「ブッシュマン宣言」より)

毎年、「文化人類学解放講座」では映画「ブッシュマン(コイサンマン)」をみる。映画を見終わった後、「アフリカはちっとも平和じゃないし、僕らはブッシュマンにはなれないけど、たとえば、日曜日だけの「サンデー・ブッシュマン」にだったらなれるかもしれないね、どう思う?」というような話をする。今年は、その話といっしょに椎名林檎のこのうたをきいてみたけど、どう思った?



 僕らが手にしている富は見えないよ。
 彼らは奪えないし、壊すこともない。
 世界はただ妬むばっかり。

 もしも彼らが君の何かを盗んだとして、
 それはくだらないものだよ。
 返してもらうまでもないはず。
 なぜなら価値は生命にしたがってついてる。

 彼らが手にしている富は買えるんだ。
 僕らは数えないし失くすこともない。
 世界はまだ不幸だってさ。

 もしも君が彼らの言葉に嘆いたとして、
 それはつまらないことだよ。
 なみだ流すまでもないはず。
 なぜならいつも言葉は、
 嘘をはらんでいる。

 もしも彼らが君の何かを盗んだとして、
 それはくだらないものだよ。
 返してもらうまでもないはず。
 なぜなら価値は生命にしたがってついてる。

 ほらね 君には富があふれている。

 椎名林檎「ありあまる富」

d0017381_155083.jpg
「いくらショッピングしても、満たされないのはなぜなんだろう。ぼくらの世界はきっとモノを豊かにすることは上手だけど、心を豊かにすることは下手なんだと思う。もし今、宇宙人が地球に来たならば、きっとこう言うだろう。「豊かな星だ。だが、狂ってる」」

 「解決の手がかりになるもの、それはロマンである。言い換えれば、憧れである。それは裕福になることへの憧れではなく、皆が平等に幸せになることへの憧れである。そして私たちは、自分たちの利益だけを追求することをやめ、憧れを追求するべきである。例えば、ギフトエコノミーというものがある。これは利益を目的とせず、公平な分配を目的としている。コンピュータにおけるwikipedia や青空文庫がそうである。これは他者と共に幸せになろうという気持ちによって、実際に行動しているものの例である。そもそも、憧れとはかっこいいものである。素敵なものである。」

「ブッシュマンを知らない人はそれにあこがれることさえできない。」
「文化人類学解放講座」答案より)

今週は映画「クラ」をみるよ。
[PR]
by illcommonz | 2009-06-26 01:09
<< ▼エコの大号令に抗して:「世界... ▼群れて何がわるい >>