Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼エコの大号令に抗して:「世界の縮減」と「動物になる」こと
d0017381_1122649.jpgエコ・エコ・エコ・エコ・エコ・エコ…と、まるで呪文かカエルの鳴き声のように、毎日、毎日、毎日、毎日、毎日、毎日、「エコの大号令」と、それに従順に応える「エコの大合唱」が世間にこだましている。「消費から倹約へ」という、この「転向」それ自体は善いことだと思うが、「優等生的で模範的なものは苦手だ…」というイルコモンズのような困った人は、たとえば「ドゥルーズの動物論」を参考に、「資源の節約」ではなく、「世界の縮減」を考えてみてはどうだろう。つまり、ダニの「環境世界」のように、本質的に「貧しい世界」の中で充足しきって生きる「動物になること」を考えてみるのはどうだろうか。さしあたりまずそれは、「衣・食・住の縮減」、そして、この時代においては、「移動と情報と通信の縮減」ということになるだろう。「~なしですませる」そのスタイルから、ドゥルーズが云うような芸術が誕生するかもしれないし、その芸術は資本や権力に飼いならされない、たくましいものになると思う。

▼「ドゥルーズ の Abecedaire 動物のA」(ドゥルーズの哲学 好々爺口調シリーズ)
d0017381_1142720.jpg
d0017381_1143750.jpg
d0017381_1145221.jpg
d0017381_115343.jpg
d0017381_115157.jpg



▼[YouTube版] ドゥルーズの Abecedaire - Animal(動物)の A [1/5]

この続きは下記の「ニコニコ動画版」で。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1617721
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1643104
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1675109
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1680401

[補説]「ドゥルーズはユクスキュルの本の中に登場するダニの生態を引き合いに出す。ダニは光と体温と触覚という3つの感覚だけを頼りに生きている。ダニは光感覚を使って適当な高さの枝先に登り、そこで真下を動物が通るまで何年でも待ち続ける。下を動物が通ろうとすると、ダニは鋭い温度感覚によって動物の存在に反応し、その上に素早く飛び降りる。そして触覚を利用し、体毛の少ない場所を探り当て、動物の皮膚の中に頭ごと突っ込むと、その血液をたっぷりと吸い込むのである。血液を十分に吸い込んだダニは地面に落ち、卵を産んだ後、死を迎える。ドゥルーズは、全的な知覚を有しているという幻想を持つ人間に比べて、ダニが持つ限定的な知覚のあり方を賞賛している。人間であるという全的な幻想を捨てて、「動物になる」(=哲学者になる)ということは、自身が限定された知覚の只中に於いてあるということを引き受けつつ、もう一度生を生き直すということである。」(上田和彦「ジル・ドゥルーズによるアベセデールA,B,C,I」より)
http://d.hatena.ne.jp/uedakazuhiko/20071022/p1

d0017381_1164366.jpg[参考文献]
ヤーコプ・フォン・ユクスキュル
「生物から見た世界」
[PR]
by illcommonz | 2009-06-26 01:18
<< ▼第一回「定額給付金アート」展 ▼「サンデー・ブッシュマン」たちへ >>