人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
<   2006年 04月 ( 58 )   > この月の画像一覧
▼平成十七年度文化人類学解放講座
d0017381_10434371.jpg
今年度版のアップデートを開始しました。今年も音と画像と映像をつかって講義を
すすめてゆきます。また、これまでと同様、「教材」という目的と用途のゆるす範囲のなかで、
学問と表現の自由をキープするために、できるだけ多くの資料を「アカデミック・コモンズ」として
解放してゆきますので、講義に出席できない方もぜひ下記のブログを通じて、ご覧ください。

d0017381_10543453.jpg文明という魔物、
常識という重力、
学問という権威、そして、
グローバリズムの帝国
からの/を生きる人たちへの
文化人類学解放講座
Reclaim the Anthropologies
by illcommonz | 2006-04-11 10:56
▼ソーシャル・アートというのは、こういうもの
d0017381_8171472.jpg
無論、こうした手法には、賛否両論あるでしょうが、そもそも、議論なきところに
賛否両論をつくるのがデザインのしごとであり、ショックや不快感でもって麻痺した
思考にきついマッサージを施すのが、メディアアートのやくめだと思うので、この
「クリエイティヴな広告」をイルコモンズは支持したいと思います。これは、すごい。
こういうのが、クリエィティヴ、こういうものこそ、社会彫刻。

詳しくはこのサイトをご覧ください。
by illcommonz | 2006-04-11 08:29
▼ハプニングのオリジネーター、逝く
d0017381_824378.jpg「全世界の芸術家たちよ、ドロップ・アウトせよ。
失うものなど何もない。作家という職業以外は」
アラン・カプロー「芸術家廃業のすすめ」(1971年)

02年9月にイルコモンズが「美術家廃業宣言」をしたとき、
頭にあったのは、カプローのこの言葉でした。
では、ごきげんよう、さようなら、これで本当に
もう何も失うものがなくなったカプローさん

'Happening' originator Kaprow dies

SAN DIEGO (AP) - Allan Kaprow, an artist who in the 1950s pioneered an unrehearsed, nonverbal form of theater called a ''happening'' that was intended to shatter the boundary between art and life, has died. He was 78.(...)

Kaprow's happenings took place in real-life settings and involved unrelated or bizarre scenes acted out by willing participants. The audience was made up of people who happened to be there.

Born August 23, 1927, in Atlantic City, N.J., Kaprow called himself an ''un-artist.'' He was primarily a painter and sculptor working with found objects.(...)
by illcommonz | 2006-04-11 08:03
▼祝・CPE法廃案・革命の国のこどもたちの勝利
d0017381_738056.jpg
「仏首相、若者向け新雇用制度を撤回 労組などの反対受け」 

フランスのドビルパン首相は10日、国民向けに演説し、26歳未満を雇えば理由を
示さず解雇できるとする新雇用制度(CPE)を、最近成立した機会平等法から削除
する方針を発表した。労働組合や学生団体が大規模な抗議行動で強く反発した
CPEの事実上の撤回だ。07年大統領選に意欲を燃やす同首相の政治力は大きく
傷ついた。若年失業の抜本解消策は先送りされた形で、「痛みを伴う改革」の難しさを
浮き彫りにした。(...) 首相演説を受けて野党や労組、学生団体は「CPEは死んだ」
などと次々に勝利宣言。一部の学生団体は大学の封鎖解除を決めた。
(朝日コム06年4月10日)
by illcommonz | 2006-04-11 07:39
▼いのちの洗濯と脱水と乾燥のあとに、
d0017381_7213986.jpgまるで大洪水にあったような感じで、
浸水してきた仕事の渦に飲みこまれてます。
土・日は展覧会などにも足を運んだのですが、
それについてはまたいずれ、うぷぷっ、ごぼごぼ。o0○

[質問] ここ一週間ほど、ブログのアップロード時に
エラーが頻発し、データのよみこみにも時間がかかります。
Excite Blog 利用者の方、そちらはいかがですか?
by illcommonz | 2006-04-11 07:33
▼続・映画の原理とは、
d0017381_1385214.gif光にむかい、その光で、
わたしたちの闇を照らすこと。
わたしたちの音楽
(ジャン=リュック・ゴダール)

ただ、ひとくちに音楽とはいっても、
それぞれBPMはちがうし、
光にも点灯と点滅がある。


ぼくらの時代のBPMと光は、たぶんこんな感じで、その闇に深みはなく、
光と闇がたえまなくフラッシュする。そこが悲劇であると同時に救いでもある。

ということで、デザインの仕事が一段落したら、次は、こないだのゴダールの
講演原稿をWEB用に再編集する予定です。アップは再来週のはじめになりそうです。
なお、J-M.フラドン氏、蓮実氏+青山氏のものはもうアップしてあるようなので、
どうぞそちらもご覧ください。

-------------------------------------------
[追記] ブラウザによって、画像が点滅したりしなかったりするようです。
点滅しない場合は、画像をクリックすると、ポップアップして点滅します。
2001回フラッシュすると自動的に消灯します(節電のため)。
ブラウザをリロードすると、また点滅をはじめます。
by illcommonz | 2006-04-07 12:56
▼あらゆる場所にしるしが
d0017381_6293894.jpgいまにして想えば、これはセンタリングの神様の"お告げ"
だったのかも... こうやってひとは、みずから物語をつくり、
その物語に囚われる。そして事故の中にもデザインがある。
by illcommonz | 2006-04-07 06:33
▼きょうは、
d0017381_23265555.jpgこれまで。

あしたは、
うちにかえれる。
by illcommonz | 2006-04-06 23:28
▼先祖伝来のレイアウト
d0017381_21195886.jpg
さる研究所から依頼を受けて、その研究所が毎年刊行している「年鑑」の編集と
デザイン・ワークを請け負うことになったのですが、しかし、現時点でもうすでに
6つか7つくらいの仕事をマルチ・タスクでやってるので、このうえさらに50ページ
近くある物件を編集するのは、さすがにムリと判断し、デザイナーのkamata さんに
お願いして、ワーク・シェアリングすることにしました。イルコモンズの担当は表紙と
扉ページです。で、さっそく過去の「年鑑」の表紙のデザインを調べてみたところ、
上の写真のように、どれもみんな全部・ザ・センタリングでした。タイトルも何もかも
「タテにまっぷたつ」のきわめてシンプルなデザイン。そこで念のためにまず、
「このセンタリングは踏襲した方がいいですか?」とたずねると、「踏襲する必要は
ないし、むしろ変えてくれた方がよい」との回答。しかし、「変えるな!」といわれれば、
変えたくなり、「変えろ!」といわれれば、変えたくないのが人情。しかも「センタリング
なんて、デザインじゃないですよね、、、」などといわれた日には、ますますもって、
この先祖伝来のレイアウトを踏襲したくなるのがイルコモンズ魂。そこで、この
誰でもできる"コモン・デザイン"としてのセンタリングで、なんとかやってみようと
考えてみた結果、タテにまっぷたつにするのでなく、ヨコにまっぷたつにする
ハラキリ型センタリング方式の、レイアウト図案をこしらえてみました。

d0017381_224044.jpg
d0017381_2240251.jpg
ものさしいっぽんあれば、誰でもかんたんにできるシンプルなレイアウトなので、
いずれ誰かがこの仕事をひきついでも大丈夫な、安心設計です。タイトルの
「アジア・アフリカ」の「・」(ナカグロまる)が、版面の中心点に重なるようにしたので、
ますます安心。あとは、レイアウトする写真の力線を×の線にそって配置すれば、
それでOK。

----------------------------------------------
d0017381_652850.jpg[追記] 解析してみると、原理はシンプルでも、
成分は意外に複雑。
センタリングの成分解析結果 :
センタリングの54%は夢で出来ています。
センタリングの20%は波動で出来ています。
センタリングの8%は華麗さで出来ています。
センタリングの7%はアルコールで出来ています。
センタリングの5%は毒電波で出来ています。
センタリングの5%はかわいさで出来ています。
センタリングの1%は記憶で出来ています。
by illcommonz | 2006-04-06 22:58
▼よし、できたっ
d0017381_19125592.jpgあとは、すべて、
著者校正待ち。
デザイン稼業は、
待つのも仕事のうち。

これだけやっておけば、
しばらくは、待つのが、
仕事になる。

そのすきに.....
つぎ、いこう!
(これでもまだ終わらない...)
by illcommonz | 2006-04-06 19:19