Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2006年 06月 ( 42 )   > この月の画像一覧
▼古いものですが、まだ使えますので、あげます
d0017381_21451615.jpg「ねぇ、イルコモンズぅ、
あのさぁ、イルコモンズが、
いつもデザインに使ってる
補助線。あれってさ、どこを
ひらいたら出てくるのか、
教えてくれない?」

と、なんだかガチャピンが
ムックに話してるみたいな
口調で、ご質問をいただき
ましたので、お応えします。


まずはじめに「あの補助線」というのは、上の図にある斜めのグリッド線のことのようで、
「どこをひらいたら」の「どこ」というのは、Adobe の Illustrator のことのようです。
あいにくこれは、イルコモンズが自分たちの仕事用に自分でこしらえたものなので、
Illstrator にはついてません。だから、どこをひらいても、たたいても、つまんでも、
でてきません。

そもそもイルコモンズは、デザインについては、中学校の美術の時間に教室で習った
ことしか知らないデザイン中卒者で、美術大学もデザイナーズスクールもクリエイター
養成学校も夏期講習にも通ったことがありません。なので、今から6年ほど前、自分
の展覧会のDMをつくることになったときにはじめて読んだ、下の本に書いてあったこと
くらいしか、基本的には知りません。

d0017381_2152549.jpgグラフィック・デザイン講座 
帆足実生+稲垣行一郎著
「デザインの基本」
昭和46年 講談社

これは、昭和46年に出版された
DTP(デスクトップパブリッシング)
以前の手作業によるデザインワーク
についての本なので、セロタックの
貼り方からはじまり、バーニッシャーの
塗り方、ハンドレタリング・プルーフを
ナイフでカットしてスペーシングするコツ、フォトスタットのクラッピングとスケーリングの
基本なんかが一通り解説してあり、パソコンを使ったグラフィックデザインにはまったく
役に立ちませんでしたが、デザインというのが、いかに手のかかる仕事なのかが、よく
分かって、すこぶる勉強になりました。イルコモンズがデザインするものにどことなく
二〇世紀の(というか昭和の)臭いがするのは、たぶんこの本で勉強したからだと思い
ます。そして実は、この本(と後で紹介するブロックマンの本)以外、デザイン関係の
本というものを読んだことがなく、完全に見よう見まねの独学で、その独学のなかで
自分用にこしらえたのが、あの斜めのグリッドです。イルコモンズのところにやってくる
仕事というのはたいていポスターかチラシのデザインで、はじめは、もらった写真を
どこでどうトリミングし、どこにどう配置したらよいか、さっぱり要領を得なかったので、
なにかベースになるものがあった方がいいと考えて、何もわからないままつくったのが
あの斜めのグリッドです。

d0017381_226528.jpgグリッドについての考え方は、グリッド・システムの
生みの親であるヨゼフ・ミューラー・ブロックマンを、
斜めのラインは、ポール・ヴィリリオの建築論と
ロシア構成主義の造形論をそれぞれ手本にしました。
イルコモンズのグリッドのよいところは、ブロックマンの
精密で厳格なグリッド・システムとはちがって、誰でも
すぐ簡単に使えるということで、このグリッドを版面に
敷いて、写真の構図とグリッドとを合わせれば、ピタリ
とレイアウトがきまります。おそらくプロのデザイナー
の方はそれぞれ自分用のグリッドを持ってらっしゃる
でしょうし、また、これだとあまりにベーシックすぎて
面白みがないので、不要だと思いますが、もしプロの
デザイナーではない方で、レイアウトにお悩みの方が
いらしたら、古いものですが、どうぞお使い下さい。

d0017381_22254980.jpgOblic systemz: sharin' systemz.
ai版(728KB) / pdf版(328KB)

Illstrator書類(ver.8でもOK)とpdf書類の
両方を用意しましたので、お好きな方をDLして
お使いください。ブロックマンの本の表紙をまねた
タイトル文字はグループ化してありますので、
つまんで、DELETEを一回ポンと押せば1秒で
消せます。なおこの斜めのグリッドは写真を、
全面に使うポスターやグラビア用で、テキストを
含んだページのレイアウトには向いてませんので、
そうしたものをつくるにはブロックマンのグリッド
システムをおすすめします。

イルコモンズもこれから夏にかけて、そういう
仕事があるので、ブロックマンの本の表紙に
なってるボックス・グリッドをトレースして、
作業用のデータをつくりました。といっても
本をトレースしたのではなく、Amazonにある
ある本の表紙の画像をトレースしただけの
ものなので、あまり精密ではありません。

Gref systemz: Buster systemz
ai版(708KB) pdf版 (328KB)

あと、こういうグリッドにコピーライトがあるのか
どうかわかりませんでしたので、いちおうその
へんに配慮して、ブロックマンのものとは左右対称にしてあります。GREFという
名前はデリダの文字論からもらいました。タイトルのただし書きにもあるように、
このOBLIQUE SYSTEMとGREF SYSTEM はコピーライトのないフリーウェア
なので、どうぞご自由にお使い下さい。

あと、もしこういうグリッド書類がほかにもありましたら、ぜひ教えてください。
--------------------------------------------------------------

d0017381_21461677.jpg[追記]これはクリストファー・ウールの
グリッドのないフリー・ペインティングです。
今回のソニック・ユースのこのアルバムは、
いいですね。"NYC GHOSTS&FLOWERS"と
同じくらい気にいって、ずっとかけぱなしにして
聞いてます。プライマルの新譜もそうですが、
何だかみんな「複数の原点」にばらばらに回帰
してる感じがします。重なる部分もあれば、
重ならない部分もあり、でも互いに共存してる。
ロックのふところは広くてゆたかだなぁ。
[PR]
by illcommonz | 2006-06-09 22:40
▼異文化誤解がつくりだされ利用されるとき…
(イルコモンズの「文化人類学解放講座」より)

d0016471_10374957.jpg

「異文化誤解の映画史」の最後は、第二次世界大戦中にアメリカで制作された
戦意高揚のプロパガンダ映画やポスターに描かれた日本(人)の表象をまとめて
マルチ・スクリーニングしてみることします。

d0016471_93633.gifd0016471_8285340.gif
・米国戦事局映画部 「我らが敵、ニッポン人」(1943年) 
・フランク・キャプラ監督 「なぜ我々は戦うのか:戦争への序曲」(1943年)
・ジョン・フォード監督 「12月7日」(1943年)
・米国財務省 「わたしのにっぽん」(1945年)

これらの映画は、アメリカ政府が、その当時、敵国であった日本とはいったいどういう
国であり、日本人はどういうものの考え方をし、どういう暮しをし、どういう社会組織と
価値観と美意識と倫理と道徳と政治と信仰をもっているかを、ちょうど文化人類学者
がある文化の民族誌を書くときのように、日本の「文化」全体を網羅的に描いてみせ、
それをアメリカ国民たちに教え、そして、なぜ戦争をする必要があるのかを説くために
制作した戦意高揚の国策映画、すなわち国家がつくった(あるいは高名な映画監督
に制作を依頼した)プロパガンダ映画であります。このドキュメント仕立ての表象には、
正しいところもあれば間違っているところもあり、正直、見ていてあまり気分のよいもの
ではありませんが、私たちがあまり目をむけようとしない日本の文化のある側面や
歴史をみせてくれるものですので、いずれも部分的ですが、この機会にぜひ見てみて
下さい。そしてもし、ここに描かれている日本人や日本社会の姿に違和感や嫌悪感を
感じた人は、自分たちがそういう醜い日本人に二度とならないように、また他国の人々
から憎まれたりすることがないように、それぞれ気をつけてください。

d0016471_9532434.jpg
最後に、これまで講義で見てきた様々な「異文化(としての日本の)誤解の映画史」の
サンプルをもとに、記号学者のA・グレマスが考案した「意味の(正)四角形」を変形した
d0016471_9423622.jpg「意味と権力の変則四角形」(試作)を使って、
「異文化理解」「異文化無理解」「異文化
曲解」そして「異文化の創造的誤解」に
分類し、そこから分かること(例:文化を
表象するということの難しさとおもしろさ、
文化それ自体が持つあやうさと紛らわしさ
誤解が持つ批評性や創造性、言語化
できない文化のニュアンスやてざわり、
そして戦争が異文化の理解にもたらす
不幸など)を考えてみたいと思います。


d0016471_8533844.jpgさらにもし時間があれば、記号学者ダン・
スペルベルの「表象は感染する」という本と、
文芸批評家ホミ・バーバの「文化の場所」
という本を紹介し、文化の表象というものは、
ウィルスのように「感染」し、疫病のように
「流行」するということ (ただし表象には、
感染力の強いものと弱いものがあります)、
同じく文化の表象は、幽霊や妖怪のように
そのすがたや居場所を変え、思わぬ時代
や場所に「不気味なもの」としてまいもどってきて突然、息を吹き返したり、リバイバル
することがあるということなどをお話しします。スペルベルの研究は、文化人類学を
文化表象の自然科学/実証科学にすることを企てた野心的な試みで、ざっくばらんに
云ってしまえば、生成言語学や認知心理学、コンピュータ・サイエンスなんかが好きな
理数系の人向きの本です。かたやバーバの本は、文化表象の文学的批評として
書かれたもので、文学・芸術・歴史・現代思想なんかが好きな人文系の人向きです。
そして、どちらの本もその分野では先鋭的なものなので、読んでもすぐにはピンと
こないかもしれませんが、おおざっぱに云ってしまえば、どちらも、文化というものを
いつも同じ場所にあって、ずっと同じ姿で、じっとしているものとは考えておらず、
文化というのは常に居場所を変え、姿を変えてゆくもの、たとえて云うならば、
「旅するもの」として捉えているようで、ひとまずその点だけでも、おさえておいて
もらえたらそれで十分です。
[PR]
by illcommonz | 2006-06-08 10:34
▼イルコモンズのはらわた
d0017381_761931.jpgということで、
できたのはこれです。
入稿ラッシュのあいだも、
日勤と夜勤と内職と
バイトとパートがあるので、
それも混じってます。
内訳は、グラビア、ポスター、
チラシ、ガイドブック(50頁)
ニュースレターづくりです。

「美術手帖」の仕事では、
デザインだけでなく、
テキストも書きました。
「アフリカは僕らに
追いつこうとはしていない
僕らの方がアフリカに
追いつこうとしている」
(小田昌教/イルコモンズ)
というのがそれです。

こうやって"ふた"をあけて、
自分たちの"なかみ"を
スプラッターに並べてみると、
イルコモンズの基本成分が
何でできているのかが、
おおよそわかります。
上のほうから順に、
【グラフィック】と、
【アカデミック】と、
【エスニック】というのが
それのようです。なにせ、
人類学者くずれの
美術家あがりで、
しかもそのどちらも
"なりそこね"なので、
むべなるかな、という
感じです。
-------------------------------------------------------------------------------------
d0017381_7521580.jpg[追記1]
イルコモンズのはたわた2
[のうみそ篇]

こういう支離滅裂な生活をしてる
イルコモンズのアタマのなかは、
いったいどうなっているのか?
それはCTスキャンするよりも、
ふだん使ってるパソコンの
ハードディスクをフラグメント
解析してみるとよくわかります。

赤:分裂したファイル
青:連結したファイル
水:動かせないファイル
灰:空き

実感としてもこんな感じです。なにせ当の"のうみその持ち主"がそう云うのですから、
マチガイありません。健やかに伸び伸びと分裂してます。正真正銘のサイコパスです。
気になるのは、まんなかにある「動かせないファイル」に何が記録されているかで、
この不動の中心点としての演算子ゼロ、イルコモンズ的思考の零地帯については、
いずれまた別の方法でアクセスしたいと思ってますが。おそらくそこはイルコモンズの
プライベートなアカシックレコードのようなもので、隠された真実はそこにあ、あ、もうすぐ、
仕事の時間だ、仕事にいかなくっちゃ、キコキコキコ、、、、

-------------------------------------------------------------------------------------
d0017381_943729.jpg
[追記2]
イルコモンズのはたわた3
[さいぼう篇]

朝っぱらから「隠された真実」
なんてずいぶん大げさなことを
書いてますが、"我・分裂する故に
我らあり"というイルコモンズの
「分裂した集合的コギト」と、
"ものは分けてもへらず、分ければ分けるほど豊かになる"という分配と贈与に対する
ロマンチックなコモンズ趣味の"原点"は、別に隠されたものでもなんでもなくて、
小学校の生徒でも知ってる、上の図のシンプルで、かつプライマルな原理と、
この不動の原理に触発されて書かれた下の文章がもとになってます。

「僕らはみな非連続の存在であって、理解できない運命のなかで孤独に死んでゆく
断片である。でも、僕らは「失われた連続性」に対するノスタルジーをもっている。
僕らは自分たちが偶然の断片であり、やがて死ぬべき断片であるという、僕ら
人間が置かれている状況に耐えることができないのだ。僕らは、自分たちが
やがて死ぬべき断片でありつづけるという事実にいつも不安を感じているが、
と同時に、僕らすべてをふたたび存在に結びあわせる、あのはじまりの
連続性への想いを常に持ちづけている」 (ジョルジュ・バタイユ)
イルコモンズ訳「エロティシズム」より
[PR]
by illcommonz | 2006-06-07 07:21
▼(^ .*) パンチワークドランカー
d0017381_5195544.jpgということで、ワン、ツー、スリー、パンチ!の
怒涛の3連入稿がおわりました....

"なんじゃ、口ほどでもないのぉ、まぁ、今日のところは
このへんで勘弁しといたるわ (池之めだか)"みたいに
仕事場の床にぺたんとダウンしながらも、でも、なんとか、
みんなまとめて"印刷所送り"にしてやりました。
[PR]
by illcommonz | 2006-06-07 05:26
▼臨時休筆
d0017381_15371471.jpg日・月・火と3連休ではなく、3連入稿なので休筆します。
(最後に寝たのは、あれは一体いつのことだったろぉ...)

"テュリャテュ リャテュリャテュリャテュリャテュリャリャー
 テュリャテュリャテュリャテュリャーリャ~"
(^ .*)  「一週間のうた」より
[PR]
by illcommonz | 2006-06-05 15:41
▼芸術人類学シンポジウムと、すこし芸術よりの文化人類学分科会
今日、東京では、このふたつの催しが同時開催されます。

d0017381_8332157.jpg
芸術人類学研究所開所記念シンポジウム
「石田英一郎の夢
―芸術人類学研究所の旅立ち」

日時:2006年6月3日(土)14時~17時
会場:多摩美術大学八王子キャンパス
レクチャー棟Aホール  

d0017381_8355897.jpg日本文化人類学会第40回研究大会
日時:2006年6月3日(土)~6月4日(日)
場所:東京大学駒場キャンパス
--------------------------------------------------------------------------------
「美術手帖」の原稿の前半が書けたので、これから見に出かけます。どちらに行くか、と
云うと、今日のところは「芸術人類学」に行って、明日「文化人類学会」に行きます。

 ・「石田英一郎の夢/芸術と人類学の再創造」…中沢新一
 ・「文化人類学の父 石田英一郎」…吉田禎吾
 ・「河童と馬の神話学」…小松和彦

芸術人類学のシンポジウムの講演者のひとりは、むかし、ケニアで一緒に
フィールドワークをした先生なので、無沙汰の挨拶も兼ねて話をきいてきます。
一方、明日の文化人類学会の方は、下の分科会がおもしろそうです。

・「音的近代/民族誌的近代―音の記録史から声の文字化を再考する」
 (山田陽一・太田好信・小尾章子・慶田勝彦・鈴木慎一郎・池田光穂・松岡秀明)

こちらでも、ケニアで一緒にフィールドワークをし、一緒に本を出したことのある
人たちが研究発表するので、話をきいてきます。「美術手帖」の残りの原稿は、
行き帰りの電車のなかで書きます(たぶん)(書きました)。
----------------------------------------------------------------------
[追記] (準備中・・・・・おもしろかった)
[PR]
by illcommonz | 2006-06-03 08:47
▼ビデオ誘拐犯Y・Tからの怪メッセージ
d0017381_0491652.jpg
わははははは!!!!
諸君のたいせつなビデオは
ひとつ残らずぜんぶ
わしらがいただいた!!!!!

気の毒やけど
悪く思わんでくれたまえ、
わははははは!!!!

これは、わしらからの忠告や、よく読んどくように。

【忠告1】 わしらは、ハッキングなんぞされとらんわ、ギャグがわからんのか、ぼけ。
【忠告2】 わしらは、君らを呪ったりなんぞ、よぉせんわ、ほんま、あほくさ。
【忠告3】 このクソ忙しいときに、いちいち電話なんぞかけてくな、ドあほ!

                                 君たちのYouTubeより (はぁと
......................................................................................................

このYouTubeからの謎のメッセージについてはすでに一部報道によって
独自の解読が行われているようですが、なんにせよ、自宅のガレージから
はじめたという、このYouTube、なかなかグランジなところがあっていいですね。
一部報道が伝えるように、この手のサイトにあまり負荷をかけすぎるのは、
得策ではないので、RapidShare なんかも併用してみて下さい>YT利用者

イルコモンズは、このサイトのDL開始までのカウントダウンの"待ち時間"と
次のDLまでの"おあづけの時間"が、ぜんぜんRapid じゃなくて、好きです。

d0017381_1394392.jpg
---------------------------------------------------------------------------------
[追記] なお、関西弁に訳したのはイルコモンズで、「かいじん21面相」のことを
ふと思い出したので、ついそんなふうに訳してしまいました。
関西方面にお住まいの方、ごめんなさい。
[PR]
by illcommonz | 2006-06-03 01:16
▼共謀罪というJOKERとポーカーフェイスができない大臣
d0017381_232448.jpg共謀罪 民主党、採決に応じない方針

民主党は2日午前、「共謀罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案をめぐり、与党側が民主党の再修正案に賛成する考えを表明したことについて対応を協議し、再修正案の提出見送りと採決に応じない方針を固めた。麻生太郎外相が同日の会見で「民主党案では国際条約の批准はできない」と発言したことに反発している。これを受け、与党は国対委員長会談を開き、民主党が採決に応じない場合、改正案を継続審議とする方針で一致した。民主党は2日午前から対応を協議した。麻生氏の発言や自民党内で「次の国会で修正すえればいい(原文ママ)」などの考えが浮上していることに反発。鳩山由紀夫幹事長は同日にも提出する方針だった再修正案について記者団に対し「出せるような状況ではない。審議にまず応じるべきではない」としたうえで「(今国会の採決は)基本的に無理だ」と述べた。民主党は麻生氏らが発言を撤回しない限り、審議に応じない構えを見せている(毎日新聞 6月2日)
--------------------------------------------------------------------
「そもそも、こんなひどい法律をつくってよこしたのは、いったいどこの党だ!」と
後世の人びと(=有権者)から恨まれないように"パス"し合ったみたいですね、
自民も民主も。そうやってみてみると、「共謀罪」というのは誰もひきたがらないし、
また出すと恨まれるJOKERみたいなもので、いま国会でそのおしつけあいの
ゲーム(かけひき)をやってることが分ります。つまり、みんな分かってるん
でしょうね、いずれこの法案が、何にでも使えるワイルドカードになって濫用され、
冤罪事件を乱発する可能性が高いということが。それにしても、ここまでポーカー
フェイスができない大臣というのは野暮の極みだなと思いました。かたや、その
クールとはまるで無縁の大臣を、「クール・ビズ」のマネキン役に抜擢した同僚
議員は意外にワルかも。ニュースを見て「これは晒しか?」と思いました。
[PR]
by illcommonz | 2006-06-02 23:16
▼いろんなことがあって
d0017381_619205.jpg本当にねむることも休筆することも
できなくなったので、あともうひとつ。
こないだ手をよごして、いったい何を
工作していたかというと、これです。
「美術手帖」から依頼をうけた
「アフリカ・リミックス」展のための
グラビアページをつくるために、
KONONONo1コレをまねて、
つくりました。これはアフリカの
いろんなところで見られる楽器で、
はじめは、宣教師が捨てた日傘で
つくったとか、自転車のスポークで
つくったとか、様々な説がありますが、
起源は必ずしもひとつきりではなく、
複数あって、互いに分け合うべきもの
なので、たぶんその全部でしょう。

いずれにせよ、共通しているのは、鉄くずをリサイクルして発明されたものだということで、
僕らもそれに倣って、「電気用品安全法」に完全に抵触する旧式のアンプからとりだした
スプリング式のリヴァーヴと、同じく、旧式の強力なファズを内臓しました。ピックアップは、
古いハワイアンギターからとったもので、手書きの配電図は、横浜トリエンナーレの時に、
隣で展示をしていた都築(響一)さんの「秘宝館」からいただいて、大事にとっておいたもの
をリサイクルしました。感電するような音がしますが、もちろんPSEマークをつけたりする
つもりはまったくありません。「美術手帖」には、モノクロで小さくしか載せられなかったので、
かわりにここに写真をアップしておきます。もし時間があればいずれ音もアップしますが、
まずは石野卓球や山塚EYEも興奮した、本家本元のコンゴトロニクスのこの怒涛の演奏
聞いてみて下さい。この演奏を聞いたら、どうして自分でこれをつくりたくなったのか、たぶん
わかるはずです。KONONO No.1を、仮にアンダーワールドだとすれば、こちらの方は、
エイフェクス・ツインとフェラ・クティがジョイントしてるみたいです。イルコモンズのお薦めは、
バソキン feat. ミ・アムールで、特にリンガラ音楽の醍醐味であるブレイク・パート(ダンス・
パート)にはいってからのトランス感はスゴイです。グルグル、グラグラします。

d0017381_7594620.jpg
CDは元・ハネムーン・キラーズのヴィンセント・ケニスが主催するクラムド・ディスクから
リリースされていて、考えてみれば80年代の初頭のニューウェーヴは、ポップグループを
はじめとして、トーキングヘッズもP・ガブリエルもPILもクリムゾンもみんな、アフリカの
ビートにはまってたので、それが思いがけないかたちで、またリバイバルしてきたみたい
な感じがします。あと、タキシード・ムーンがまだ活動してたのにもビックリしました。
--------------------------------------------------------------------------
[追記] いっぽう裁断したカタログの写真ですが、「美術手帖」の編集部から返事が
きました。それによると「本来はカタログを撮影したものを掲載するのはNGですが、
あまりにも素敵なのと、美術手帖なので、このまま進めてかまいません、とのことです。
少なくとも広報の方は喜んでくれているようです」とのことです。差しかえの手間が
はぶけて助かりましたが、カタログはカタログでも、裁断したカタログだということは、
問題にならなかったのか、そこがちょっと謎です。文章の方はまだなので、日勤が
終わってから、書くことにします。あ、それと、僕らは入場券を持ってないので、もし、
これをみたら入場券を送って下さい。イルコモンズは二人いるので、少なくとも2枚
お願いします。他にもまだいろんなコモンズがいるので、もっとたくさんもらえると、
みんなで分け合えるので、みんなよろこびます>森美術館関係者さまゑ
[PR]
by illcommonz | 2006-06-02 06:55
▼6月1日のいろんなもののまとめで分かったこと
d0017381_305645.jpgそれは・・・
毎年、3万人が自ら命を絶ち、
毎年、9万人が家や家庭から消え、
そして、春の陽射しとこどもたちが
へってきているということ。なんだかそれは、
破滅への無言の前奏曲のようにきこえてしまう。
ここは、アジアの東、「沈黙の春」の国。

(とりまとめのとりまとめ)

・全国の自殺者は昨年、3万2552人と8年連続で3万人を超えたことが1日、
 警察庁のまとめで分かった。

・今年春(3~5月)の日照時間は北日本から西日本にかけてかなり少なく、
 特に北陸地方は1946年の統計開始以来、最少となったことが1日、
 気象庁のまとめで分かった。

・昨年1年間に全国の警察が捜索願を受理した家出人は、前年比5.6%
 (5339人)減の9万650人だったことが1日、
 警察庁のまとめで分かった。

・厚生労働省は1日、05年の人口動態統計を発表した。1人の女性が一生に
 産む子どもの数に相当する「合計特殊出生率」は、過去最低だった04年の
 1.29(四捨五入しなければ1.2888)より0.04ポイント下がり、1.25まで
 落ち込んだ。

-----------------------------------------------------------------
d0017381_314279.jpg[追記] むやみに凹んでも仕方ないので、
こういうドキュメント映画をみることにする。
Flight from Death:
The Quest for Immortality.
(予告篇) 3min.
この爺さんの表情は、ただごとではない。
なにかに気づいた顔だなぁ。これを見たらちょっと
元気がでた。いつか、こういう目にあってみたい。
[PR]
by illcommonz | 2006-06-02 03:20