Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2006年 07月 ( 70 )   > この月の画像一覧
▼CMタイム
d0017381_6103193.jpg「あ、いまのうちに、
オシッコ、いかなくっちゃ」

昭和四〇年代生まれのイルコモンズが、
まだテレビをガンガンに見ていたころ、
親からしつけられたこのCMへの対応は、
ある意味、ただしかったのかもしれない。
ということで、CMのかわりにPVいれます。
ちゃんと最後までみてね (はぁと

電気グルーヴ「ドリルキング社歌2001」

このPVの提供は「長崎屋」でした。CMのあとは、みんな大好きな、ザ・KLFです。
....................................................................................
(おまけ)「弾けないギターを弾くんだぜ」 ←いまの世情がちゃんと反映されてますね。
[PR]
by illcommonz | 2006-07-15 06:14
▼チャンネル2:EBN
d0017381_1361447.jpgイルコモンズ・チャンネル・ファーストシーズンの
目玉は、ずばり、EBNの臨時再放送です。
どれでも好きなものを、ZAPしてみると
おわかりの通り、 EBN (Emergency
Broadcast Network) の番組には、
「スペクタクル社会」のギー・ドゥボールに
始まり、ブルース・コナー、ゴドフリー・
レジオ(そして、もちろんJLG)と連なる
「ファウンド・フッテージ拾い」と「ニュース・リール使い」のミームが隔世遺伝的に
発現してて、そこにナムジュン・パイクの実験やモンティ・パイソンの痴性が混じり、
さらにそれがマイケル・ムーアへ遺伝と変異をくりかえしていることがよみとれます。

.............................................................................................
[イルコモンズチャンネル2:EBN] EBN臨時再放送 (★=イルコモンズ推奨) 

d0017381_221565.jpgまずは、やはり、これから。
  ↓
「オレたちがぶちのめしてやる」
 (We Will Rock You version 1)
「オレたちがぶちのめしてやる」
 (We Will Rock You version 2)
*マイケル・ムーアの「THE BIGONE」を
 ご覧になられた方に、特にお勧めします。
 アメリカ合衆国の、もうひとつの国歌です。
 (作曲したのは、イギリス人ですが...)

「ぶっつぶせ、ぶっこわせ!」
 (Get Down, Get Down)★
「オレは男だ!」(I Am A Man!)
「ローレンス・ベルクは死んだ」
 (Lawrence Welk is Dead)
*いわゆる「絶叫3部作」です。これをみると、
 ハリソン・フォードの出る映画が怖くて、
 落ち着いて見れなくなります。そして実は、
 マライア・キャリーが、B・デ・パルマの
 「キャリー」だったことがわかります。


「知られざるEBMの実態に迫るCM」(Documercial)
「応答ねがいます、生存者はいますか」 (Hello)
「警告・発狂性薬物にご注意を」(Psychoactive Drugs)」
「殺人的統合失調性」(Homicidal Schizophrenic)
「検証:フランク・シナトラ氏の功罪」(Sin/atra)

「第一回バックビート式軍事演習」
 (Syncopated Ordinance Demonstration #1)
「思い知らせてやる」(I Will Teach You)
「ひるむな、前進せよ」(Don't Back Down)
 *弟のマネして嵐を呼びたい男NO1・石原都知事と額賀防衛庁長官に捧ぐ

「電気メディアショーをあなたに」(eMediatainment)」★
「378番目です」(378)★
「たのしいバンジョー教室」(Banjo Lesson)
 *念のためにお知らせしますが、こんな放送こそしてますが、
 EBNの本業はイルビエンタル系ハウス/テクノ/ヒップホップの
 トラックメーカーです。Ninja TuneとかCold Cut あたりの
 ブレイクビーツ系の音楽活動家です。

「ある日、突然に...」(Suddenly)」
「だまって承認しろ」 (Comply)
「すてきな悪夢」 (Deammaster)★

 そろそろ番組も終わりです。最後にしつこく、
 もう一度、これをどうぞ。
 ↓
「攪乱あるのみ」(Just Jam)
 以上、この番組は、GNN(ゲリラ・ニュース・ネットワーク)ほか
 各社の提供でお送りしました。
............................................................................................
EBNは「湾岸戦争」をきっかけにして始まり、元祖メディア・レイピスト、あるいは、
メディア・ハッカーとして、時に熾烈で、時に気のふれたメディア戦を展開しました。
北朝鮮の「大量殺戮兵器(弾頭なし)」をめぐって世界にふたたび不穏な空気が
演出(ショーアップ)され、イスラエルが「自衛」の名のもとにサイコパス的な侵攻
をくりかえす、この時期、EBNの放送をふたたび再放送してお届けすることが、
イルコモンズ・チャンネルの社会的責務と考え、このたびのチャンネル開設に
至りました。モンティパイソン風にいえば、泣く子も黙るEBNの恐るべき武器は
3つです。ひとつは、テクノ・ハウスゆずりの偏執的反復と、フランシス・ベーコン
ゆずりの叫び、そしてハリウッドゆずりのパニックとサスペンスと、そしてブリ・
コラージュ(あれ、5つだ....)です。では、どうぞごゆっくり、EBNの再放送、
心ゆくまでじっくりと、最後までひとつ残らず、くりかえし、ご覧ください。
マルクス(兄弟ではないほう)が予言したように、現実の世界の歴史だって
再放送みたいなもので、いま、また、湾岸戦争とイラク戦争の頃のパニックと
サスペンスとホラーを世界にむけて再放送しようとしてる人たちがいるのですから。
たぶん、もうじき911のリメイク番組がオンエアされるはず。テーマ曲はもちろん
We Will Rock You (Over and Over Again Mix)。
[PR]
by illcommonz | 2006-07-15 02:56
▼チャンネル1:JLG
d0017381_8204296.jpgこないだの「愛の世紀」の講演でも紹介したように、
いま、パリのジョルジュ・ポンピドゥ・センターでは、
「ゴダール映画祭」が開催されていて、ゴダールは、
この映画祭に「偽造旅券(Vrai Faux Passeport)」
という55分の新作短編映画を出品しているほか、
「ユートピアへの旅(Voyage(s) en utopie)」
という企画展もあるようです。

もちろん、見にいきたい気持ちはやまやまですが、パリにゆくお金もなければ、
時間もないので(ちなみにイルコモンズは、NYもロンドンもハワイもモントルーも
ニューオリンズも香港もキングストンもバマコも、どこにも行ったことないです)、
かわりにイルコモンズ・チャンネルで「夏休みゴダール映画まつり」をやることにしました。
................................................................................................

[イルコモンズ・チャンネル1:JLG] 夏休みゴダール映画まつり (★=イルコモンズ推奨)

d0017381_8345314.jpg【政治】「我々は発言する」
*1968年 シネマテーク・フランセーズの創設者
A・ラングロワの不当解雇(ベルトルッチの映画
「ドリーマーズ」のもとになった事件)に抗議する
ゴダールとトリュフォーの共同声明。

【映画】「映画のなかの映画」
*イタリアで放映された「ゴダールTV(2000年)」の抜粋。
 「21世紀の起源」を編集中のゴダールを取材したもの。
 S・キューブリックの「フルメタル・ジャケット」の映像と
 「アワーミュージック」の"地獄篇"でもつかわれていた
 ベトナム戦争時のニュース・リール・フィルムを使って
 ドキュメントとフィクションのモンタージュについて語る。

【社会】「子供たちはロシアごっこをして遊ぶ」
*1993年 オムニバス映画「重大事件」(日本未公開)
 のなかの一篇で、「映画史」を補足するものとして制作
 された短編(抜粋)


【事件】「1985年カンヌ映画祭ゴダール襲撃事件」
*「ゴダールTV(00年)」の抜粋。ゴダールが以後、15年間、
 カンヌに行かなかったのは、この事件が原因だとする説もある。

【歴史】「映画史から選ばれた瞬間」
*2004年 ゴーモン社の要請で 「映画史」全8章268分を約80分
 (8×10分)に短縮して編集しなおした作品(抜粋)。
【科学】「二〇〇一年・愛の交換」(改題「未来展望」)(1)(2)
*1967年 オムニバス映画「愛すべき女(たち)」の中の一篇(全編)
【芸能】「ゴダールとカリーナ」
*「ゴダールTV(2000年)」より。ゴダールとアンナ・カリーナが番組で再会。
 はじめは昔話に花が咲き、たのしげに談笑してますが、つい調子にのった
 ゴダールが、「私にとってアンナは映画の創造の女神だった。オーソン・
 ウェルズにとってリタがそうであり、スタインバーグにとってディートリヒが
 がそうであったように...」と無邪気にアンナを讃えてはじめたあたりから、
 だんだん雲行きがあやしくなり(空気をよめ、ゴダール)、やがてゴダールの
 ことばに、アンナは、ついに感きわまって...それをみて小学生のように
 うろたえるゴダールの悪童(ガキ)ぶり。「泣かしよった、泣かしよった♪
 いけないんだ、いけないんだ、先生にいってやろ♪」と、たぶん、
 テレビの前のイタリアのこどもたちはそうやって騒いでいたはず。
 そしてゴダールは、この後、家でミエヴィルにしこたま怒られたはず。
 いかにも「テレビ番組」らしい内容です。ちなみにオープニングの曲は、
 ゲンズブールがアンナのために書いた「太陽の真下で」です。
【娯楽】「ジャンとアンナ」
*アニエス・ヴェルダ監督「5時から7時までのクレオ(1961年)」の劇中劇。
 コメディアンとしてのゴダールとカリーナの演技が見もの。
【音楽】「ジェファーソン・エアプレイ」
*1968年 未完成の映画「1 A.M.(ワン・アメリカン・ムービー)」(日本未公開)の
 ジェファーソン・エアプレイのビル屋上での演奏シーン
【商業】「クローズド社のジーンズCM集」
*1988年 クライアントからクレームがついてオンエアされなかった幻のCM
【実験】「ブリティシュ・サウンド」
*1969年 ジガヴェルトフ集団名義で発表されたジャン-アンリ・ロジェとの
 共同監督作品。ロンドンの大学と工場ストに取材した、音と映像の実験。

【予告篇集】
「軽蔑」(1963年 オリジナルヴァージョン)★
「はなればなれに」(1964年 オリジナルヴァージョン 字幕つき)
「アルファビル」(1965年 オリジナルヴァージョン)
「勝手にしやがれ」(1959年 オリジナルヴァージョン 字幕つき)
「アワーミュージック」(2004年 オリジナルヴァージョン)

【おまけ】「アルファビル+クラフトワーク」
*「アルファヴィル」の映像にクラフトワークの曲「ロボット」をつけたマッシュアップ作品

-------------------------------------------------------------------------
[解説] 今回は、ポンピドゥ・センターの「ゴダール映画祭」で上映されないテレビ番組や
CM、予告篇などを中心に、日本で未公開の作品やリバイバル上映の可能性の少ない
作品をセレクトしました。ほかにも、You Tubeには、劇場公開作品の抜粋映像が沢山
ありますが、本篇はやはり状態のよいプリントフィルムを映画館のスクリーンでみるのが
いいので、はずしています。他にも、めったに見る機会のない「ウディ・アレン会見記」が
YouTubeにアップされてますが、これは映像の状態がよくないので、はずしました。
また、「二十一世紀の起源」は最近、ECM cinema からDVDがリリースされたので、
これもはずしました。それと「映画史から選ばれた瞬間」は、You Tubeではなく、
ポンピドゥ・センターのサイトにアップしてあるもので、「ブリティッシュ・サウンド」は、
インターネット・アーカイヴのパブリック・ドメインにあるものです。
[PR]
by illcommonz | 2006-07-14 09:14
▼本日快晴なり
d0017381_53822.jpg
テストが終わったので、
「教室を教室でなくする」、
この実験講座に
いってきます。


「身体表現ワークショップ2006」
場所:東京経済大学6号館地下「スタジオ」
時間:14:40-17:50
ゲスト:平田康彦 (ダンサー/パーカッショニスト)+平田ミオ+サンバチーム

この講義については、ここに書いたとおりで、今日は天気が好さそうだから、むふふ。
...................................................................................................

d0017381_5575344.jpg一口にサンバといってもいろいろあるのですが、
イルコモンズ的には、Infernal Noise Brigade
"抵抗のサンパ"が好きで、ぐぅぅぅぅぅぅっとためて、ズドン!
と打ちおろされるドラムの"やむにやまれぬ感じ"がいいです。

(1) I.N.B. "L'etincelle" (2) I.N.B. "Ja Helo"

"Ja Helo"は、2003年にメキシコのカンクンで開かれたWTO会議を阻止するための
抗議行動の現場で路上録音されたもので、このとき、韓国のアクティヴィストがWTOに
抗議してデモの最中に切腹自殺したこともあって、このトランジスタ・メガホンを通して
うたわれる哀悼歌の、サウダージ感はすごいです。

d0017381_6285953.jpgもし「何か」あった時、手ぶらだとつまらないので、
I.N.B.のリーダーのFilastineが日本に来たとき
「Strike Everywhere」と書いてくれた自作の
携帯用パーカッション(実はタンバリン)があるので、
今日はそれをカバンにしのばせて行くつもりです。
結局、なんだかんだで、太鼓が好きなようですね。

-----------------------------------------------------------------
[追記1] 大学の「講義要目」にはこう書いてありますね。

「身体表現ワークショップ(2期)」 粉川哲夫 4単位
【授業表題】 経験の共有と共鳴(2)
【授業内容】 それぞれの世界である仕事を極めた人物を招き,
その「経験」をまのあたりにし,その「振動」に触れ,それぞれの
「共鳴」(レゾナンス)を経験する。そのような方向で企画を進めたい
【評価方法】 毎回短文の感想を提出してもらい,「参加度」を評価する。
12回出席することが前提。ただし,出席すればよいわけではない。
出席したうえに自発的に参加することが必要。

-------------------------------------------------------------------
[追記2] なにはともあれ、たのしかったです。なにせ、ずっと前から、
サンバの演奏に使うバテリア隊の太鼓を一度叩いてみたいと思ってたので、
今日のワークショップは、まさに勿怪(もっけ)の幸い、パンデーロ、スルド、
カイシャ、ヘピニキ、タンボリン、とにかくあるもの全部、かたっぱしから、
たたいたり、ひっぱたいたり、こすったり、まわしたりして面白かったです。
スルドを叩くと「殺すなデモ」で叩きいてたバスドラの響きが甦ってきて、
カイシャを叩くとT.C.D.C.で叩いてたスネアの感触が思い出されました。
太鼓を叩くだけで、いっぺんでこんなに機嫌が好くなるというのは、
よっぽど太鼓が好きなのだなと我ながら呆れました。それにしても、
やっぱりサンバはいいなぁ。サルサやメレンゲも好きだけど、
こどもから年寄りまでみんなで楽しめるのはやっぱりサンバだな。
もしまた生まれてくるとしたら、リオ市に生まれたいものだと思いました。

d0017381_19394053.jpgちなみにリオはサンバもいいですが、
リオのファンクもかなりいいです。
「COLORS」からリリースされてる
このアルバムをきくと、あははは、と
お腹の底から笑いがこみあげてきます。
死んだときはぜひ棺桶に太鼓をひとつ
いれてほしいものです。バケてでる時に
ドンドコンドンと叩きながら出てきますので。
[PR]
by illcommonz | 2006-07-14 06:15
▼野生のテスト~学校文化から自由になる力をテストするテスト
d0017381_4274376.jpg【問題】
前期の講義で見た映画や資料をもとに、
自分で回答できる問題を自分でつくり、
その問題に自分で答えを出し、それを
自分で評価してください(参照物すべて
可、グループでの話し合い可、PC・携帯・
電子辞書などの使用オール可)。


d0017381_4284687.jpg【写真】 教室の床に解放/展示された答案
("テストの相対化"と"答案のシェア"の実験)

僕らには、なぜか答案を裏がえしにして
伏せて出すクセがある。なにげないこと
のようだけど、これは答案を自分だけの
ものにしてしまうもので、ここには答案を
シェアし合うという感覚が欠けている。
せっかく自分の頭をひねって自分の手で
こしらえた、自分らしい答案なのだから、
堂々と表をむけて、みんなによく見える
ようにした方がいいし、よくできた答案や
アイデアは積極的に分け合うべきだと
思うので、こうなりました。

-------------------------------------------------------------------------
【2006年夏のテストのためのサウンドトラック】
テスト中に教室で流した曲のトラックリストです

d0017381_4351763.jpgRez............................................Underworld
Cavatina...................................Fujiwara Hiroshi
Caecilia.....................................Fenesz
The Disintegration Loops..........William Basinski
Grandfather Clockheart............World's end girlfriend
Dragonfish................................Seigen Ono
Telesymphony...........................Dialtones

Sleeping Under The Rainbow.......World's end girlfriend
Yesterday Light Circus.................World's end girlfriend
Spiegel Im Spiegel.......................Alvo Part
Oscilythm.....................................Computer Soup
Grandfather Clockheart................World's end girlfriend
Gothic...........................................Ketil Bjornstadt
Itsumo nando demo.....................Kaku Wakako
Look out for Yourself....................Wunder

-------------------------------------------------------------------------

d0017381_5101638.jpg【解説】「明治六年に全国ではじまった学校制度は、
①先生が問題を出す、②その正しい答えとは先生の
出す答えだ、という前提にたっており、生徒自身が
それぞれ、6歳までに知っていることの中から自分で
問題をつくり、答えを出すということは除外されている。
もし大学まで進むとして、十八年、自分で問題をつくる
ことなく過ぎると、問題とは与えられるもの、その答えは
先生が知っているもの、という習慣が日本の知識人の
性格となる」 (鶴見俊輔 「夏休みが終わって」 より) つづきをよむ

この「性格」は、なにも知識人や文化人に限った話ではなく、明治以降に生まれ、
近代的教育という名のもとに、学校によって飼いならされてきた、僕らみんなの
「性格」であって、こうした「制度」や「習慣」こそが「文化」なのです。

d0017381_5191859.jpgこのテストは、この文化の「自明性(=それが当然で、
あたりまえであるということ)」をうたがい、僕らの発想や
ものの見方・考え方を拘束している、この文化の束縛や
プレッシャーから、いかに解放され、どこまで自由になる
ことができるかを自分でテストするテスト(=実験)です。
(←絵にすると、こんな感じでしょうか)


「自分の問いは自分でつくり、自分で答えを見つける」というこのテストでは、
「自分のことは自分でする」という自主独立(インディペンデント)の精神は
もちろんのこと、テストの常識や形式を相対化する創意工夫(=クリエイ
ティヴィティ)や、テストが持つ権威性や抑圧性に逆らうレジスタンスの力も
テストされます。「自由課題のレポート」と似ていますが、学期末試験の
時間に、教室という学校文化の「中心」と、その「現場」でこれをやることに
意味があり、その発見や驚きの体験から何かを学ぶことができると思います。
なお、このテストは、文化人類学と現代美術の共通点である、他のやり方や
生き方を知り、それを提示することによって、旧態依然の文化や価値観を
創造的に破壊し、そこから何か別のものを考えだしたり、つくりだそうとする
手法を応用したもので、近代に飼いならされない「野生の知性」をきたえ、
知識や発想を共に分かち合う「野生のコモンセンス」をとりもどす実験です。
[PR]
by illcommonz | 2006-07-14 05:15
▼敵基地攻撃と自衛の権利
d0017381_772748.jpg昨晩、職場のパーティーに、レバノンから二人の学者が
ゲストできていて、その挨拶のときに知ったのですが、
昨日、イスラエル軍がレバノンに対して「敵基地攻撃」を
しかけたようで、即座にブッシュが「イスラエルには、
自衛権がある」と云って擁護したそうです。

「レバノン空爆拡大、40人死亡」
*BBCのサイトに映像があります。


これをみて「敵基地攻撃」と「自衛権」というのが、
どういうものなのか、よーーーーーくわかりました。
[PR]
by illcommonz | 2006-07-14 01:51
▼本日休筆
d0017381_9494147.jpg
[PR]
by illcommonz | 2006-07-13 10:49
▼今日のみこと
d0017381_9444272.jpgかなり編集してあるけど、劇映画ではなく、
ぜんぶ実録ですよ

「敵基地攻撃隊予備軍(偽名:自衛隊)」PRビデオ
The Japan Self-Defense Force 2005 v2.

こんなことに誰がした?
[PR]
by illcommonz | 2006-07-13 09:50
▼今日のふたこと
d0017381_4463255.jpg
「敵基地ヲ攻撃セヨ~
ヨク読ンデイタダキタイ」
B&W 10秒 mp4

憲法、よく、よめ!>額賀防衛庁長官
[PR]
by illcommonz | 2006-07-13 04:52
▼今日のひとこと
d0017381_21555100.jpg










以上
[PR]
by illcommonz | 2006-07-13 02:07