Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2007年 04月 ( 43 )   > この月の画像一覧
▼さらぬ青春の光
d0017381_182015100.jpg
I hope I die before I get old.
Talkin' 'bout my generation.
This is my generation.
This is my generation.
Baby!


The Who "My Generation"
The Zimmers "My Generation"
http://www.youtube.com/watch?v=zqfFrCUrEbY
[PR]
by illcommonz | 2007-04-23 18:22
▼[開票速報] 高円寺一揆区
午前10時30分現在の杉並区議会議員選挙の開票状況をお知らせいたします。
次の開票状況は、午前11時10分ごろの予定です。

[開票速報]杉並区議会議員選挙 【定数48/立候補者69】 4月23日10時30分現在 

 田中朝子    0票
 すぐろ奈緒   0票
 河津りえ子   0票
 井口かづ子   0票
 横山えみ    0票
 ますおか日和 0票
 山田なおこ   0票
 松浦芳子    0票
 小倉順子    0票
 新城せつこ   0票
 松尾ゆり    0票
 奥山たえこ   0票
★松本哉     0票
 松ひさ子    0票
 くれまつ幸代  0票
 吉田あい    0票
 いがらしちよ  0票
 市橋あや子   0票
 青木さちえ   0票
----------------------------
開票率0.00% 合計0票

▼「杉並区議会議員選挙・杉並区長選挙開票速報」より
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/poll/kugi/2.asp

杉並区民の「良識」がいまテストされている。

------------------------------------------------------
d0017381_14463916.jpg[続報] 4月23日14時30分現在(開票率95.59%)

松本哉 1,054票

これで、まんまと「供託金」はとりもどせたので、
勝利宣言していいはず。

[続報] 最終得票数1,061で、余裕満々の落選。
結果より過程がすべての選挙なので、言うことなし。
3年後がまたたのしみだ。
[PR]
by illcommonz | 2007-04-23 10:54
▼ポスト・フェストムの休日
d0017381_15145687.jpg「人間生活の諸形態に関する
思索、とりわけ、その科学的な
分析は一般に、現実の出来事
の進行とは反対向きに進む。
すなわちそれは、ポスト・フェス
トム=祭りが終わってしまった
後に、その出来事のなりゆきか
ら生み出された、その結果を
待ってはじまる」イルコモンズ訳
『マルクスの資本論 第1巻』より

熱狂のさなかに書いてはいけない。
(フリードリヒ・シュレーゲル)


というわけで、今日は安息日。どうやら、一揆の祭りにのぼせアガリすぎたようで、
祭りの後の今日は、まるで魂がヌケたように虚脱してます。精神分析家がポスト・
フェストム・シンドロームとよぶやつです。ということで、高円寺の一揆については、
選挙の結果が出る明日以降に書きますが、ともかくそれは、勤勉なイルコモンズ
が一日休まないといけないくらいの熱狂の祭りだった、ということだけは科学的に
明らかで、全身筋肉痛と軽度の二日酔いで動かぬこの体がその動かぬ証拠です。
[PR]
by illcommonz | 2007-04-22 15:17
▼常識のエイリアン
d0017381_1359148.jpg「常識」と(いう語)は本来、
「文化」と同様に、つねに
「複数形」で語られるべき
ものである。ある種の人びと
とっての「常識」は、他の
人びとにとっては「非常識」
であって、その逆もまた真
である。すなわち一方にとっ
てみれば、他方の常識は
「とんでもない常識」であり
得る。人はこれを「常識の
相対主義」と呼ぶ。そして、
複数の異なる「常識」が、
互いに「とんでもないのは、
おたがいさまだ」と承認し
合い共存し合うのが市民
社会である。かたや暴君が
都民の名を騙って「良識」
を規格化し、常識が単数
化され、一方的に横領さ
れるとき、人はそれを、
独裁主義の社会とよぶ。




バカ騒ぎが許されるのは、テレビの中のヴァラエティ番組だけであり、テレビの外では、
テロ対策の名のもとに、「精神の戒厳令」が敷かれている。「笑うな、騒ぐな、立ち止まるな、
戸締り用心、テロ用心」。そんな時代の「市街劇」。そのとき街の常識は確実にノックされた。
少なくとも、高円寺駅南口18時45分発の「関東バス」の運転手がクラクションを鳴らすのも
忘れて立ち往生してしまう程度には。その瞬間、関東バスの運転手は、こう思ったはずだ。
「ここはいつだ?いまはどこだ?」。この日のベイビーQは、街に現れた「常識のエイリアン」
の役を見事に演じきっていたと思う。

[追記] 写真をみると、「ブレード・ランナー」みたいだ。。。
[PR]
by illcommonz | 2007-04-21 13:39
▼イルコモンズ・マンスリー・アカデミー
d0017381_19521220.jpgこれから夏にかけて、毎月一回のペースで、
イルコモンズアカデミーを開催します。
開催日時と場所は、下記のとおりで、
イルコモンズが生まれた福岡から
再スタートし、一時期、講師をして
いたこともある東京の「美学校」を
経由して、まだ行ったことがない
北海道の「さっぽろ自由学校」まで、
転校生のように日本列島を縦断します。
詳細は追ってまたご連絡します。
もし都合がつけば、途中下車の
イレギュラー・アカデミーも可能
ですので、開催ご希望の方は、
イルコモンズまでご連絡を。


▼イルコモンズ・トラベリング・アカデミー福岡リターンズ
2007年5月7日(月)14:00-22:00
アートスペース「テトラ」 福岡県福岡市博多区須崎町2-15

▼イルコモンズ・アカデミー・オクテ・イン
2007年6月17日(日)14:00-22:00
特定非営利活動法人「美学校」 東京都千代田区神田神保町2-20第2富士ビル3F

▼イルコモンズ・トラベリング・アカデミー札幌
2007年7月21日(土)・22日(日)
さっぽろ自由学校「遊」 札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル207
[PR]
by illcommonz | 2007-04-17 20:05
▼「文化人類学解放講座YouTube版」
d0017381_19262699.gif
明日から2007年度の「文化人類学解放講座」を開講します。講義の内容は、昨年と
同じです(きっぱり)。ただしメディアが変わります。昨年度は、同時代世界の流れと動きに
あわせ、講義録を従来のホームページ仕様から、ブログ仕様にモデルチェンジしましたが、
今年はさらにYouTube仕様に改訂し、これを講義用のサイトとして併用することにします。
これにより「映像教材」へのアクセスが簡単で、より解放的になりましたので、この講義を
履修している人もしてない人も、それぞれ自由に予習・復習・自習・独習に役立てて下さい。
なおYouTubeにアーカイヴされてる「教材映像」は、みんなで分け合えば分け合うほど
豊かになってくる「知のコモンズ(=共有物)」なので、各種教育機関で教育活動に従事
されている方は、どうぞ下記のサイトをご自分の講義やゼミ等にご自由にご活用ください。
許可も連絡もなにもいりません、好きにしてください。

▼「文化人類学解放講座YouTube版」
http://anthropologix.blogspot.com/

d0017381_19243920.jpg
明日の講義でこのスリップを配布します。3枚綴りになっているので、
残りの2枚は、講義に来れなかった人や友だちに分けてあげてください。
[PR]
by illcommonz | 2007-04-17 19:33
▼世界の駅舎から
d0017381_44374.jpg
そうそう、駅といえば、
最近のイルコモンズ・
アカデミーではすでに
おなじみの話題になってる
「モバイル・クラビング」が、
リヴァプール駅、パディ
ントン駅につづいて、
今度はヴィクトリア駅で
4月4日にひらかれた
そうです。


▼Flashmob Mobile Clubbing Victoria 04/04
http://www.youtube.com/watch?v=Qjqzbu-WZHg
▼Mobile Clubbing @ Victoria Station
http://www.youtube.com/watch?v=_xntLLQ6LhQ

ポスト・RTS世代が、クリミナル・ジャスティス・アクト法の盲点を突いてはじめた、
このモバイル・クラビングをみていると、911以後の世界はセキュリティの病いと
その重力から解放されたがっているように思えます。なお、このモバイルクラビングに
ついては自分で調べるか、最寄りのカルスタ関係者にきいてみてください。
あるいは、次回のイルコモンズ・アカデミーへどうぞ。

「爆音の鳴る場は取り締まれども、無音の鳴る場は如何に?」
(イルコモンズの公案より)

---------------------------------------------------------------------
[参考記事]
▼サウンドレス・レイバーズ・パーティー・イン・UK(「イルコモンズのふた」より)
http://illcomm.exblog.jp/4255954/
▼クリミナル・ジャスティス・アクト
http://tash.gn.apc.org/cja_act.htm
▼「刑事正義、社会的秩序の行為」
(Googleによる自動翻訳ヴァージョン)

*上記の条項のなかでレイヴパーティの規制に関係する条項は次のとおり。

「力はに関連するわめく」 63。 (1)このセクションは100またはより多くの(どうか増幅した不法侵入者)人音楽の土地の収集に夜の間に遊ばれ、(中断の有無にかかわらず)音の大きさという理由であるのような、屋外で適用し、される時間および持続期間は、場所の住民に深刻な苦脳をもたらして本当らしい; そしてこの目的のために(a)そのような収集は音楽の中断の間に続き、収集が数日に伸びるかところで期間中増幅した音楽は夜にされる(中断の有無にかかわらず); そして(b) 「音楽」は音をまたは反復的な音の連続の放出によって主に特徴付けられて完全に含んでいる。(2)、ように尊重すればどの土地でも屋外で、監督者の少なくともランクの警官適度にそれを信じれば(a) 2つ以上の人はこのセクションが適用する収集の保有物のための準備をそこにしている、(b) 10のまたはより多くのそこに始まるために人そのような収集をまたは待っている(c) 10のまたはより多くの人進行しているそのような収集に出席している、彼は準備するか、または待つか、または収集に出席することを来るそれらの人および他のどの人も土地を去り、彼らに土地のそれらとある他の特性か車を取除くためにである方向を与えるかもしれない。

以上に読まれるとおり、理屈の通らない、おかしな公安条例である。
[PR]
by illcommonz | 2007-04-17 04:47
▼32年目のノック
d0017381_2404126.jpg
今日の杉並区・高円寺駅前は、朝からあいにくの雨模様でしたが、
明日は夕刻からハードコアパンクの嵐が吹くでしょう。中心付近の
予想最大音圧は600ボンゴで、中心から半径90メートル以内では
瞬間最大音速194BPMの轟音が鳴り響くでしょう。付近の住民の
方はくれぐれも耳栓のご用意を忘れずに。

(しかし、素人の乱5号店の店長は、なかなかの役者だなぁ。。。)

明けて、4月18日水曜日の夜には、一揆の訪れを告げる
「ベイビーQ」の煙巻き現象が駅周辺で観測されるでしょう。

d0017381_2332381.jpg
▼ベイビーQ「バビロンダンス戦争」
http://www.youtube.com/watch?v=Br9Dg9vu90c

もし突然、改札の向こうからこんなひとたちがスイカ、もとい、イコカを
持ってやってきたら、あなたならどうします?(こどもが見たら泣くぞ、
ちびっこが見たら鼻血出すぞ、青年が見たら夢に出るぞ)

もし、これが実現したら、いまから32年前、杉並区阿佐ヶ谷で行われた
寺山修司の市街劇「ノック」(1975年4月19日-20日)の一日チガイの再来
になるはず。この「ノック」のことを話すと長くなるから、イルコモンズが書いた
これを読んでくれ。

イルコモンズ「ザ・ウォールとナゴムのあいだで
グランギニョルの血は立ったまま眠っている」
『文藝別冊 寺山修司』 河出書房新社

イルコモンズ 「さよなら、落書きなき世界~
街をノックするものを怖れているのは誰か?」
『現代思想』2003年10月号 青土社

それにしても、当選する前から、これだけの文化的公共事業を誘致してしまう
のだから、当選したらタイヘンだ。高円寺に引越すかも。

d0017381_225932.gif
ということで、テロ対策を口実にしたセキュリティ・アップの疫病に冒され、
すっかり閉塞してしまった街の常識をノックし、トレランス・ゼロの呪いから
街を解放するのは誰だ?それは祭りだ、選挙で何かが変わると思ったら、
大マチガイだ。街は、いますぐ、解放されたがっている。

-------------------------------------------------------------------
d0017381_3261322.jpg[追記1]
イルコモンズが書いたものなんか、
わざわざ読む必要はありません。
このビデオを見れば、分かります。

演劇実験室「天井桟敷」
ヴィデオ・アンソロジー



高円寺のレンタルビデオショップAubis にいけば、必ずあります。
高円寺一揆の関係者は、明日、速攻で借りてみんなで見ておこう。

[追記2] 苦言をひとつ。杉並区の現代美術は、こんなときに何をしてるのか?
[PR]
by illcommonz | 2007-04-17 02:50
▼高円寺駅の呪い
d0017381_20194496.jpg【こうえんじえき】 高円寺駅 [名詞]
東京都杉並区にあるJR中央線の駅のひとつ。

1922年(大正11年)7月15日 国鉄の駅として開業。
1945年(昭和20年)5月25日 東京大空襲により駅舎焼失
1987年(昭和62年)4月1日 国鉄民営化によりJRの駅となる。
2007年(平成19年)4月15日 高円寺一揆の拠点となる。



[有識者による論評]
「中央線沿線でも高円寺あたりというのは、新宿で発生したハングリーエキスが、
中野を通過して、また吉祥寺から逆流してきた腐敗物も吸収して、きわめて
悪性のものに成長しています」 泉麻人『東京23区物語』

「だいたい中央線人というのは、金持ちを悪者としてしまう傾向がある。
悪いことをしているから金がもうかるのだという単純な発想が。
人びとの潜在意識のなかにインプットされてしまっている。だから、
反骨精神なるものも、金にからんで発生してくることがままあるのである」 
三善理沙子『中央線の呪い』より

「いまもなお、日本のインド、高円寺」 みうらじゅん『ロック川柳』より
[PR]
by illcommonz | 2007-04-16 20:20
▼高円寺一揆・外伝
【概要】
エコ・アクティヴィスト支援のベネフィットCD「Burn It」と、DJ Rupture とのカップリングCD
「Secret Google Cheat Codes/The Mud,The Blood& the Beer」のプロモーション・
ツアーで日本に滞在していた Filastine* が、「素人の乱」の「一揆の呼びかけ」に応え、
東京都杉並区にあるJR中央線・高円寺駅前で路上ライヴを行った。

d0017381_22131576.jpg

*Filastine こと Grey Filastine は、1999年のシアトルでの「WTO閣僚会議中止行動」
(通称「シアトルの乱」)の際に、闘う路上楽団「ジ・インファーナル・ノイズ・ブリゲード」(通称
INB、2006年解散)を率いて、「シアトルの乱」のなかでも最も激烈な攻防が展開された
「ブラック・ブロック」でのアナーキストたちによる抗議行動に参加*。ドラムとホーンによる
バテリアで、アクティビストたちの抗議行動を後方及び側面から支援した。以後、00年の
プラハ(チェコ)、03年のカンクン(メキシコ)等でのグローバル・ジャスティス・ムーブメント
の非暴力的直接行動に参加。「INBが来なければデモがはじまらない」といわれるほど
世界中のアクティヴィストたちからの信望を集める。その時の様子は、ドキュメント映画
「ストリートの年」(カスカディア・メディア監修 00年)「ショウダウン・イン・シアトル:
WTOを震撼させた5日間」(インディメディア監修 00年)「キロメートル・ゼロ」(ビッグ
ノイズフィルム監修 03年)などに収められている。

*「どのようにしてINBははじまったのか?」というIRA(成田圭祐)のインタヴューに、
Filastine はこう応えている。「WTOがシアトルに来ることになり、自分のスキルを
実際に試す絶好の機会を得たと思った。たしかにグリーン・アナーキストたちが核と
なっていたが、我われは THE INFERNAL NOISE BRIGADEには、より広い範囲
からの人びとの参加を望んでいたため、主義をあいまいに保つようにした。ムーブメ
ントはその時、理論的な派閥ではなく、さまざまな危機や権力と立ち向かうための
サウンドトラックを必要としていた。」(IRA編「Expansion of Life 15」より)

-------------------------------------------------------------

【見聞録】
「素人の乱」による一揆の街宣行動は定刻どおり17:00から開始され、20:00まで
続いた。トラックに積んだサウンドシステムにのぼったFilastine の腕には杉並区の
選挙管理委員会から支給された「選挙運動員」の腕章がついていた(余談:ライブが
はじまる前、「これは何か?」と問うFilastine に「選挙アクティヴィストのパッチだ」
と応えると「そいつはイイ、これはもらっていいのか?」という返事が返ってきて、
みんなで笑った)。当初、Filastine のプレイは、ワンセット30分の予定だったが、
二度のアンコールにこたえて、3セット90分を超えるプレイを行い、Filastine の
モバイルPCのハードディスクにメモリしてあった音源がすべて使いつくされたとき、
プレイが終わった。プレイ後のFilastine のコメントは「ははは、疲れた、しかし、
ナイスだった」、そして「民衆のエネルギーに驚かされた」。だった、という。

d0017381_1854090.jpg
かたや、その男は南口でのライヴの最中にやってきた。「仕事で来れない」と言ってた
はずの男がふらりと現場にやってきた。人の言うことを聞かないその男は、自分の言う
事も聞かないらしい。その男とは、実在のヒト、ECDである。何をしにやって来たかなど
聞くまでもない。ラッパーが現場に手ぶらでやってくるはずがない。ECDは持ってきた
くしゃくしゃのレコード袋の中から自分のマイクをとりだし、自分でサウンドシステムに
プラグインした。「ブブゥゥゥウウンン、ワン・ツー、ワン・ツー、OK!」の、テストぬきで、
コールがはじまり、レスポンスがかえる。誰にも真似のできない独特のつんのめる
リズムで巨体が路上を跳ね、路上がゆれた。Filastine はすぐにヴォーカルなしの
トラックにきりかえ、こんな感じの民衆蜂起系ブレイクビーツの上に、こんなリディムが
次々と炸裂した。

  ポッケにロープ、ロック、石ころ、これだけありゃ、何でもできる、
  一発天国、ピクニック、連れてってやるから、ビクビクすんな
  ポッケにロープ、ロック、石ころ、いつもしのばせてうろつく、
  こいつが大人のテクってもんだ。こいつで紀元前、石器時代、
  つれてってやるから、ビクビクすんな
   「ロック・イン・マイ・ポケット」(feat.Filastine)

  なんど確かめても残高ゼロ、
  それでも生きてるリビング・デッド
  隣の部屋のゾンビ・イズ・ミー
   「ランド・オブ・ザ・デッド」(feat.Filastine)

  言うこと聞くよな奴らじゃないぞ
  言うこと聞くよな奴らじゃないぞ
  職質やめて、殺すな、殺すな
   「言うこと聞くよな奴らじゃないぞ」(feat.Filastine)

サウンドデモのアンセムが一揆のアンセムになり、高円寺が燃えた。「殺すな」の
コールの意味が別の意味を帯びて、よりリアルなコールとなってよみがえった。
実はこの前日の夜、新宿のIRAで、ECDをゲストに迎えたFilastineのトラベリ
ング・レコーディング・セッションが行われていたので、息はぴったりである。

サウンドシステムが北口に移動してFilastine の3セット目が終わり、音がやんだとき、
MC・ヒカル(高円寺ニート組合)が、ECDにラブコールを送った。「アカペラでやって!!」
もちろん「DJは君の期待を裏切らない」。エクスキューズなしに、速攻プラグインして、
アカペラで「言うこと聞くよな奴らじゃないぞ」がはじまった。そこに居合わせたかつての
T.C.D.C.のドラムがやけくそなリズムをデリバリーする。

  言うこと聞くよな奴らじゃないぞ、
  働かねえぞ、働かねえぞ、
  職質やめて、職質やめて、
  言うこと聞くよな奴らじゃないぞ
   「言うこと聞くよな奴らじゃないぞ(アカペラ)」(feat.素人の乱+T.C.D.C.)

それは遠くからみると、こんな感じだったらしい。説明なしでみたら、ほとんど一揆
そのものだが、至近距離でみたそれは、これとはまた景色が違っていて、それは
もっと解放的で、祝祭的だった。それはいずれ素人の乱による公式ドキュメント・
ムービーでみてみたい。その後、DJ・トラメガ(高円寺ニート組合)によるプレイと
赤羽からのラッパー、候補者・松本(高円寺ニート組合)によるスピーチアクトが
つづき、「家賃廃止デモ」の後の高円寺駅前での「原住民セッション」を彷彿させる
ような土着的なもりあがりをみせ、この合法的な選挙/占拠は、選管法が定める
8時ちょうどに散会した。その後、RLLによる高円寺一揆のベネフィットTシャツが
配布されるなど、ほかにもいろいろおもしろいことがあったが、今は措く。ともかくも
初日としてはまったく申し分のないばか騒ぎだった。大切なのは、こういうばか騒ぎに
よって、見えないものや存在しないことにされてしまってる人びとのいろんな情動や
思いを目にみえるものにすることだ。「こういう社会にしたい」というビジョンを、より
リアルなかたちにし、その空気を共有することだ。これはまだほんの地ならしに
しかすぎない。一揆は、まだ、はじまったばかりだ。(つづく)

【参考映像】
▼ECD "言うこと聞くよな奴らじゃないぞ" @高円寺駅前 2007.4.15
http://www.youtube.com/watch?v=8RtNZXBk8cs
▼高円寺駅前大騒ぎ Day 1 (2007)
http://www.youtube.com/watch?v=vlF6NcbpYDk
▼infernal noise brigade!!!
http://www.youtube.com/watch?v=bLeIiGoNhCc
▼infernal noise brigade, ny, rnc protests 2004
http://www.youtube.com/watch?v=bABeRr4Kjv8
▼T.C.D.C.
http://www.youtube.com/watch?v=XpXoCtmq_RM
[PR]
by illcommonz | 2007-04-16 19:11