人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
<   2008年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧
▼来日中止に関する共同声明
d0017381_20431381.jpgアントニオ・ネグリ氏と
ジュディット・ルヴェル氏の
来日中止に関する共同声明

私たちは、哲学者アントニオ・ネグリ氏と彼のパートナーであるパリ第一大学准教授ジュディット・ルヴェル氏の来日を、ネグリ氏の招聘元である国際文化会館とともに準備し、それぞれの大学において両氏が参加する公開あるいは非公開での講演と討論を企画してきた者である。2008年3月20日から4月4日の日本滞在中、両氏は私たちをはじめ、さまざまな人々と思想的・学問的・文化的交流を行う予定であった。しかし両氏は、現在にいたるまで日本に入国していない。

私たちはその責任がひとえに日本政府にあると考える。外務省は入国予定の3日前、3月17日になって、それまで数ヶ月来国際文化会館とネグリ・ルヴェル両氏に伝えていた「入国査証は必要ない」との言を翻し、査証申請を行うよう要求してきた。そして、出発直前の極めて慌しいスケジュールの合間をぬって両氏から申請が行われるや、今度はネグリ氏に対し、自分が「政治犯」であった「書類上の根拠」を示せと要求したのである。入国管理法第5条4項「上陸の拒否」(「1年以上の懲役もしくは禁固またはこれらに相当する計に処せられたことのある者」は「本邦に上陸することができない」)の但し書き(「政治犯罪により刑に処せられた者は、この限りではない」)による「特別上陸許可」を認めるためである。

アントニオ・ネグリ氏が「政治犯」であることはすでに国際的に承認されている事実である。彼は欠席裁判により有罪を宣告された――これは刑事裁判にかんしては「国際人権規約」上無効である――うえ、「国家転覆罪」というまさに「政治犯罪」の廉により、実行行為をともなわない思想上の影響という「道義的責任」を問われて、有罪とされた。だからこそ、フランス政府は1983年から1997年の14年間にわたり、イタリア政府からの身柄引き渡し要求にもかかわらず、ネグリ氏を保護したのである。その際、ネグリ氏に対して「政治亡命者」の法的身分が与えられていなかったとしても、それはフランス政府独自の外交的判断にもとづくものであって、ネグリ氏が「政治犯罪により刑に処せられた」事実をいささかも揺るがすものではない。ネグリ氏は1997年7月、現在もなおイタリアに存在する近過去の「政治犯」問題に一石を投じるべく、フランスからイタリアに自発的に帰国し、服役するが、これは彼が「良心の囚人」となったことを示しているのであり、すべての刑期を終えて完全自由の身となった2003年10月以降は、現在まで22カ国を歴訪し、そのどこからも日本政府からのような要求を受けたことはない。

さらに私たちにとっては、もう一つ看過しえないことがある。ジュディット・ルヴェル氏は短期滞在の場合には査証を免除されるフランス人であり、かつ「上陸の拒否」を云々できるような前歴はないにもかかわらず、その彼女にまで、外務省が査証申請を要求したという事実である。

ネグリ・ルヴェル両氏の来日をめぐる以上のような経緯に鑑みれば、今回の日本政府の対応は、両氏に対する事実上の入国拒否を企図するものであったと判断せざるをえない。かくして私たちとネグリ、ルヴェル両氏は、世界の22カ国ですでに行われ、これからも増えていくにちがいない国境を越えた思想的・学問的・文化的交流の機会を奪われた。両氏の移動の自由が侵害され、関係者すべての思想信条・学問の自由が侵された。私たちは強く抗議するとともに以下の点を日本政府に求めるものである。

(1)入国3日前に前言を翻して査証申請を求め、アントニオ・ネグリ氏とジュディット・ルヴェル氏に甚大なる精神的苦痛を与えた点について、外務省は彼らに謝罪せよ。

(2)法務大臣は今回の事実上の入国拒否の非を認め、責任を持ってアントニオ・ネグリ氏の過去の罪状を入管法上の「政治犯罪」と認定し、すみやかに「特別上陸許可」を与えよ。

(3)日本政府は署名各大学の事業当事者、学生、聴衆の研究・学習・知的交流の機会を奪ったことを認め、謝罪せよ。

2008年3月24日

京都大学人文科学研究所・人文研アカデミー
「アントニオ・ネグリ講演『大都市とマルチチュード』」(3月25日)
実行委員会:大浦康介、岡田暁生、小関隆、王寺賢太、久保昭博、
藤原辰史、市田良彦(神戸大学)、廣瀬純(龍谷大学)

大阪大学GCOE「〈ジェンダーとコンフリクト〉プロジェクト」+
大阪府立大学女性学研究センター
「女性学コロキウム」(3月26日)
牟田和恵(大阪大学)、伊田久美子(大阪府立大学)

東京大学
ネグリ講演会「新たなるコモンウェルスを求めて」(3月29日)
準備委員会:姜尚中、吉見俊哉、上野千鶴子

東京藝術大学
「ネグリさんとデングリ対話」(3月29日/30日)
実行者会議:木幡和枝、坂口寛敏、毛利嘉孝、桂英史

お茶の水女子大学
「ルヴェル・コロキュアム」(3月31日)
戒能民江、竹村和子
by illcommonz | 2008-03-24 21:17
▼バイオリンとトランペットをもった渡り鳥も
d0017381_1958018.jpg▼「マルティン・クラマーのロシアへの国外退去を断固糾弾する

「3月14日、日本の入国管理当局は、来るべき7月の洞爺湖G8サミットへの反対運動にやってきたドイツのアクティビストであるマルティン・クラマーの入国を拒否し、強制送還を行った。マルティンは、昨年ドイツで行なわれたハイリゲンダムサミットの経験を日本の運動体に伝え、G8への怒りを共有する日本の仲間との交流を深めるために来日しようとしたのである。その際、彼はロシアを経由して、日本に入国しようとした。考えて欲しい、あのチェチェン問題をはじめとしてその抑圧的な体質を国際的に非難されているロシアでさえも、彼の入国、通過を許可していたのである。日本の入国管理当局は、所持金が少ないこと、帰国の切符を持っていないことを理由に、「入国目的が虚偽の疑いがある」としてマルティンを数日間にわたって無理矢理拘束し、監視下に置き、挙げ句の果てに正当な異議申し立ての一切を、そして日本の仲間たちから寄せられた多数の声の一切を無視して、彼を「ロシア」へと強制送還したのである。一体いつから、入国管理当局は、このような理由なき理由で、出入国をする数百万の「外国人」の人権を、「恣意的」に蹂躙できるようになったのだろうか。このような国際基準からみても許されない不当な人権侵害を平然と行える「日本国」が、「人権」(そしてその名の下でのテロリズムとの闘い)を掲げるG8サミットの主催国になるなどというのは、茶番であり、皮肉にもほどがあるではないか!

われわれNO! G8 Actionは、今回の日本政府の不当な対応を糾弾し、以下のことを要求する。

 第一に、マルティンを入国拒否した理由を明確に開示し、正式に謝罪せよ。
 第二に、再入国を試みようとしているマルティンの入国を即時、無条件に認めろ。
 第三に、思想信条にもとづく一切の入国拒否を撤回せよ。反G8行動に参加するすべてのアクティビストの入国を無条件に認めろ。

われわれNo G8 Actionは、グローバル化のもとでの人権侵害、治安/弾圧強化、監視社会化に異議を申し立てるすべての友人たちに訴える。ただちに、在外日本大使館に、また彼の出身国であるドイツ大使館にむけて、日本政府がマルティン・クラマーを「ロシア」へ国外退去させたことへの抗議の意思を表明してほしい。

日本国内では、様々なグループやネットワークが、この事態に対し、既に何らかの行動を起こし、リーガルグループもこの事態に抗議するとともに、G8へ向け、世界からの活動家の入国に備える準備を着々と進めているのだが、国内外において日本政府への抗議活動を展開することが、7月のG8反対運動での国際連帯を成功に導くうえで不可欠である。

われわれの「移動の自由」を、「連帯の自由」を勝ち取るための闘いへの結集をよびかける。」

(http://linux7.sanpal.co.jp/no-g8/?q=node/54より)
by illcommonz | 2008-03-24 20:02
▼法務大臣を拝命いたしました鳩山邦夫でございます。
d0017381_19405594.jpg法務大臣を拝命いたしました鳩山邦夫でございます。(中略) ひと月までにも申し上げましたように、犯罪の件数自体は減っているんですけれども、低年齢化したとか、組織犯罪が多いとか、凶悪化が進んだと、安全な日本の復活のために頑張っていきたいと。特に、テロの脅威等がありますから、入管行政、この間、成田で視察をしてまいりましたが、日本にみえる方の指紋を取るというような、入管行政の強化も一所懸命やっていかなきゃならないと思っております。」

▼[YouTube] 友人の友人はアルカイダ発言10月29日
http://www.youtube.com/watch?v=yJ_--PGILko
http://www.youtube.com/watch?v=ybX3jy7s7Hc

▼[YouTube]「知人がアルカイダ」発言 鳩山法相が釈明
http://www.youtube.com/watch?v=PQMu1Y2a-zE

▼[YouTube] 日本にはテロリストがいる発言
http://www.youtube.com/watch?v=_jAD7ooIPEk

こんなでたらめな大臣がトップにいる法務省のせいで、ネグリとの「共」の場が
ぶちこわしにされたのか、と思うと、ますます腹がたってきた。
by illcommonz | 2008-03-24 19:44
▼いったい誰が何を恐れて彼の来日を?
d0017381_19305539.jpg▼大友良英「誰のための法律なのか」

「どう考えても今の僕等の生きてる実感、現実にそぐわない法律がいくつかある。特にそれを感じるのは著作権に関する法律と、入国管理に関する法律だ。どちらにも共通しているのは、現実の変化のほうがあまりに早く、法律は現状に対し有効にはたらいているとは思えないということと、ひとつの国の中の基準だけで考えてはいけないとだ。だが、より本質的に共通してるのは、囲いを作って領土や利権を主張するための法律だという部分。著作権法はアーティストの作品を守る・・・なんて奇麗事は表向きで、実は、利権を企業が独占するための法律として実質的に機能してるのが現状ではないだろうか。どちらの法律も、僕らのように国境や人種、あるいは企業の利権とは別のところで、個人個人で活動している人間には障害になることのほうが多い。
 アントニオ・ネグリの来日が中止になった、あるいは延期になった。来日直前にビザの発給を受けられなくなり,3月下旬に国内各地で予定されていたイベントが,中止かあるいはネグリ不在のままでの開催に追いこまれることになったそうだ。当初はビザなしで来日できることになっていた。それが急にビザを求められ・・・という経緯は、http://www.negritokyo.orgに出ている。ビザを出さなかったのは日本政府なわけだけど、いったい誰が何を恐れて彼の来日を阻止したんだろう。オレには全然わからない。
 楽器をかかえた僕らはあいかわらず自由に国境を越えて旅をしてる。幸い国境で止められることはめったにない。多分ステージで政治的な話をしないからだろう。まあ、そもそもそんなことを言えるだけの頭もないから誰にも恐れらずにすんでいるということだ。実にめでたい。
 そんなわけで、無事国境を越え、さきほどパリに到着。あれだけオレを苦しめた、薬もたいして利かなかった今年の花粉症が、驚くくらいす~~っとひいていくのがわかる。どんな薬より、花粉から逃げるのが一番ってことなのか。逃げれる人間は幸いだ。でも逃げてばかりもいられない場合もある。ネグリの来日を邪魔することがいったいどんな国益になるというのだろうか。そういう偏狭さは、長い目で見て、なんの益ももたらさないと思うけどね。」

(「パリ到着 誰のための法律なのか」「大友良英のJAMJAM日記」2008年3月22日より)
.......................................................................................

いったい誰がネグリの来日を阻止したのか?そのこたえのひとつはここに。
by illcommonz | 2008-03-24 19:36
▼もちろん世界はだまってない
d0017381_1913943.jpgI'm writing to express solidarity with
Antonio Negri and distress at the
deplorable decision taken by
the Japanese Ministry of Justice.
Please keep me posted,

Gayatri Chakravorty Spivak
University Professor, columbia University


「ネグリへの連帯を表明するとともに、日本の法務省の嘆かわしい判断に失望した」と
スピヴァクはそんなふうに云ってます。
by illcommonz | 2008-03-24 19:18
▼世界が聞いたら呆れる日本のニュースを世界に堂々と発信
d0017381_2182079.jpgJapan refuses entry to Antonio (Toni) Negri

The Japanese Ministry of Justice has refused entry to the Italian political philosopher Antonio (Toni) Negri (74) for flimsy reasons. Negri planned at invitation of the International House of Japan from today a lecture tour to the working politics (among other things at the respectable universities of Kyoto and Tokyo). After the Japanese Foreign Ministry had no doubts against Negri's entry, at short notice, nevertheless, the Ministry of Justice responsible for border and immigration regulations of the country expressed doubt. Two days before his departure one demanded of Negri a recorded proof of his past detention as a "political prisoner". Japan refuses the entry to foreigners if they served prison sentences of over one year in the past. Excluded by this regulation are political prisoners.

(*海外のブログ、インディペンデントメディアサイト、BBSなどへの転載歓迎)
by illcommonz | 2008-03-24 02:22
▼造反有理、独立有理
d0017381_8561798.jpg旅行中なので、行く先々で
テレビニュースを目にする。
さすがに今回は、テレビも
チベットのことを報じている。
今日は東京の中国大使館前で
抗議デモがあるらしい。
行けないので代わりに一言。
中国語は知らないけど、たぶんこれで通じると思う。
by illcommonz | 2008-03-22 08:59
▼ネグリ・ドンデングリがえし案
d0017381_13431410.jpg
【skypeでパリと上野をつなぐ】(とっても簡単、法務関係の書類も必要なし)

d0017381_13474292.jpg
【TONI(s) ARE EVERYWHERE】(藝大の石膏室でライヴ・ヴィデオ・インスタレーション)

「帝国」の時代においては、「動かずに行う移動」の<速度>は飛行機よりも速い。
ネットワーク状/上につながるマルチチュードたちに国境はなく、法務省といえど、
(中国政府はそれをやろうとしたが)そのつながりを断ち切ることはできない。
豊富な資金をもたない"貧しき者"であることを逆手にとって無償の電話で
つながろう。そのほうがずっとマルチチュードらしい。ネグリもこう書いてる。

d0017381_151819.jpg「ある見方をすれば、貧しき者とは、
永遠のポストモダン的人物像である。
それは、横断的で、偏在的で、多様な
差異をもった、移動する主体である。
[…] 貧しき者は、この世の中にただ
存在するだけではない。貧しき者それ
自身がこの世界の可能性なのである。
貧しき者の存在のもとに、世界という
この場所、この唯一無比の場所が、
内在性平面として指し示され、確信され、
強化され、そして、開かれるのである。」

(左の画像は映画「ミラノの奇蹟」)

オープニングで上映する予定だった「ミラノの奇蹟」や、そのほかの映像は
YouTubeにアップすれば、どこにいてもみられる、会場にいなくてもみられる。
みんなでみられる。いつでもみられる。
by illcommonz | 2008-03-21 13:43
▼老練なる抵抗者の影を慕いて
d0017381_1316892.jpg「ねぇ、ばあちゃん、
こげんとき、どげんしたらよか?」

「そげんこた、きやすいこったい。
こげんとき、あの人やったら何て
云いんしゃぁかいな?て考えたら、
よかったい。そしたら答えは、すぐ
見つかる。なぁも心配せんでよか。
頭ば、よぉ、つかって、やられたら、
やりかえしんしゃい。べそかいても
しょうがなか。あははって笑いながら、
でんぐりがえし、しんしゃい。よかよか、あんたの好きなごと、思うごと、しんしゃい。」

「抑圧のあるところには抵抗があります。そして、抵抗のあるところには、
新しい文化が生まれるのです。」(アントニオ・ネグリ)
by illcommonz | 2008-03-21 13:33
▼飛行機は今朝パリを飛び立ち、私たちはパリに残りました。
d0017381_1943587.jpg十日後に迫っていた藝大のネグりを囲むイベントのオープニングで、ヴィットリオ・デ・シーカの映画「ミラノの奇蹟」のあのすばらしいシーンを、ネグりといっしょにみんなで観るということが決まり、その編集映像もほとんどできあがっていただけに、今回、法務省がやったことに心から憤慨した。今回の一連の企画には何百人もの人間たちが関わり、協働し、ジャンルを超えた「共」の場とつながりをつくりだそうとしていたが、法務省はそれを法の暴力であっさりとおしつぶしてしまった。ネグりはこう書いている。「テロリズムは、生命の糸が結びなおされる可能性のある場所で、この糸を断ち切ってしまう」。法務省がやったことは、まさにそれで、今回のこの「法務テロ」に断固、抗議したい。

「日本の友人たちへの手紙」
皆さん、まったく予期せぬ一連の事態が出来し、私たちは訪日をあきらめざるを得なくなりました。この訪日にどれほどの喜びを覚えていたことか! 活発な討論、知的な出会い、さまざまな交流と協働に、すでに思いをめぐらせていました。およそ半年前、私たちは国際文化会館の多大な助力を得て、次のように知りました。EU加盟国市民は日本への入国に際し、賃金が発生しないかぎり査証を申請する必要はない、と。用心のため、私たちは在仏日本大使館にも問い合わせましたが、なんら問題はありませんでしたし、完璧でした。ところが2日前の3月17日(月)、私たちは予期に反して査証申請を求められたのです。査証に関する規則変更があったわけではないにもかかわらずです。私たちはパリの日本大使館に急行し、書類に必要事項をすべて記入し、一式書類(招聘状、イベントプログラム、飛行機チケット)も提示しました。すると翌18日、私たちは1970年代以降のトニの政治的過去と法的地位に関する記録をそれに加えて提出するよう求められたのです。これは遠い昔に遡る膨大な量のイタリア語書類であり、もちろん私たちの手元にもありません。そして、この5年間にトニが訪れた22カ国のどこも、そんな書類を求めたことはありませんでした。飛行機は、今朝パリを飛び立ち、私たちはパリに残りました。大きな失望をもって私たちは訪日を断念します。数カ月にわたり訪日を準備してくださったすべての皆さん(木幡教授、市田教授、園田氏――彼は日々の貴重な助力者でした――、翻訳者の方々、諸大学の関係者の方々、そして学生の皆さん)に対し、私たちは申し上げたい。あなたたちの友情に、遠くからですが、ずっと感謝してきました。私たちはこの友情がこれからも大きくなり続けることを強く願っています。皆さんの仕事がどれほど大変だったかよく分かります。そして皆さんがどれほど私たちに賛辞を送ってくださっているかも。パーティは延期されただけで、まもなく皆さんの元へ伺う機会があるだろう、と信じたい気持ちです。

友情の念と残念な思いを込めて……
ジュディット・ルヴェル
アントニオ・ネグリ

▼「来日に向けて」
「はじめて日本を訪れる機会を得、とても喜んでいます。意志と忍耐と好奇心をもってこの出会いを実現くださったすべての人々に、感謝の意を表したいと思います。ある思考がもつ豊かさは、現実、とまどい、ずれに直面することで冒すリスクによってしか測れません。そしてその思考の誠実さは、自分のもつ確かさをどれだけ捨てることができるかによって決まります。だとすれば、さらに思索を深めるのに出会いと旅にまさるものはないでしょう。日本での対話も、そうした機会となってくれるに違いありません。様々な差異から出発してゆっくりと〈共〉を築き上げることこそ、私が求めるものなのですから。」
トニ・ネグリ

..........................................................................................
手紙の署名が、"トニ"から"アントニオ"に変わっているところに日本政府への失望が表されているように思えた。
by illcommonz | 2008-03-20 19:48