Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2008年 04月 ( 66 )   > この月の画像一覧
▼聖プレカリ娘。
d0017381_17253267.jpg
▼[YouTube] Serpica Naro 2005
http://www.youtube.com/watch?v=-2DlGhzYyLs

こないだIRAで「セルピカ・ナーロ」の話をきいた。強いて訳せば「聖プレカリア娘。」。
これはいい、今年のメイ・デーのデモのアイコンとして、ぜひ登場させたい。

d0017381_18101521.jpg▼PV Serpica Naro
http://www.serpicanaro.com/node/225

Serpica Naro non esiste. Serpica Naro è un Metabrand. Serpica Naro e' una versione generosa del Trademark, tutti coloro che vi si riconoscono possono parteciparvi. Serpica Naro è un luogo dove si incontrano immaginari e autoproduzione, creatività, stile e radicalità. Serpica Naro decreta la fine dei simboli ed afferma una metodologia, un immaginario, un pertugio attraverso il quale esprimere produzione sociale e conflittualità.

以下、元・文化服装学院出身のIRAナリタくんによる紹介文を全文掲載。
http://irregularrhythmasylum.blogspot.com/2008/04/serpica-naro.html

d0017381_17312949.jpg「EURO MAYDAYから生まれた
アイコン/シンボルに、
←の「SAN PRECARIO
(聖なる不正規雇用労働者)」
というものがあります。
非正規雇用労働者の守護聖人。
で、そこから派生したのが、
この「SERPICA NARO」です。
「SAN PRECARIO」を並べ替えると
「SERPICA NARO」になる、
という仕掛けです。


d0017381_17331018.jpgEURO MAYDAYなどに関わるアクティヴィストたちが、このアングロサクソンと日本人のハーフで文化服装学院出身という設定の架空のデザイナー「SERPICA NARO」を作り出しました。かれらは、2005年のミラノ・コレクションの会場に潜入し、勝手に「SERPICA NARO」のファッションショーを開催、メディアや業界のすました連中を前に、不安定雇用や移民労働者の問題についてアピールする、という痛快なアクションをおこします。その後、「SERPICA NARO」は、誰でも好きなように使えるアイコン/シンボルとして、DIYなアーティストやデザイナーの一つの連結点になっています。

ファッション業界ってのは本当にひどい世界です。「業界」でスタイリストのアシスタントやら販売員やらの職を得た者たちは、「修行」という名のもとにさんざんこき使われ、搾り取られ、簡単に捨てられます。そして、服飾専門学校は、毎年そのような使い捨ての人材をベルトコンベア的に提供します。業界の成功者と言われるような連中は、中国などのスウェットショップで、時給100円も払わずに労働者を酷使し、その生産物にとんでもない高値をつけて、日本のフリーターのショボい給料をごっそり掠めとっている、というわけです。

こういうとんでもなくふざけたシステムに、「反対!」と言ったり、言う機会を作ることは、もちろん必要なことですが、自分たちが「賛成!」と言えるようなものを、日常的に作り出していくことが、今とっても必要なんではないかと思います。

ということで、ファッションに関心のある者たちの創造性を生かしながら、上を目指すのではなく、ヨコに繋がる回路を生み出した「SERPICA NARO」が日本にも登場したら面白いと思い、今年のメーデーには、「SERPICA NARO」の小旗を持って参加したいと思います。「SERPICA NARO is Everywhere!] です。

d0017381_1813567.jpg[セルピカ映像集]

▼セルピカ・ナロ&サン・プレカリオのプロモ・ヴィデオ:
http://www.serpicanaro.com/node/225

▼ミラノコレクションでのセルピカ・アクション:
http://www.serpicanaro.com/node/226
http://www.serpicanaro.com/node/227

▼セルピカ vs. エンリコ・コヴェリ(イタリアの高級ブランド):
http://www.serpicanaro.com/node/228

▼セルピカ・フラッシュ・モブ(おすすめ):
http://www.serpicanaro.com/node/229

▼セルピカ工房:
http://www.serpicanaro.com/node/230

▼ヴィヴィアン・ウェストウッドに「うんこクッキー」をあげに行く:
http://www.serpicanaro.com/node/231

▼「Vox Feminae (おんなたちの声)」
(in クロアチア・ザグレブ) フェスティバルでのセルピカ:
http://www.serpicanaro.com/node/232

追記: 日本国内でもすでに、ソーイング・サークル「NU☆MAN」がありますし、「RLL」の作るTシャツはそこらの気取った服屋で売ってるTシャツよりラディカルでかっこいいし、「Lilmag Store」では海外のDIYファッション雑誌や国内外の手作りクラフト商品が手に入ります(ただいま「Lilmag 2008年 春のクラフトまつり」開催中。そして、IRREGULAR RHYTHM ASYLUMは、そのようなDIY生産者とそのネットワークをフルサポートしてますんでどうぞよろしく。」

-------------------------------------------------------------
d0017381_1743866.jpg
[追記1] 高円寺のメイ・デーデモ用にセルピカ・ナーロのアイコン・マスクつくります。
手を動かして自分でモノをつくるのが好きな人たち、求ム。

▼経団連のメイデーデモ
http://illcomm.exblog.jp/7758895/
SERPICA NARO IS EVERYWHERE!!!

[追記2] セルピカナーロのサイトにあるステンシル・データがいまDLできないようなので、
さっそく、IRAナリタくんと協働作業してアウトライン・データをつくりました。これでどんな
サイズのどんな色のもの(マスク、ポスター、ステッカー、バナー、ステンシル)でもつくれます。
IRAのサイトにアップしてますので、誰でも自由に使ってください(許可とか要りません)

d0017381_19323099.jpg
http://a.sanpal.co.jp/irregular/images/Serpica_naro_CMYK.ai
(イラストレータ用アウトラインデータ 544K)
[PR]
by illcommonz | 2008-04-26 17:41
▼一回やすみ
d0017381_6335747.jpgHALCALI
Strawberry Chips - Tanaka Chigai Mix

[PR]
by illcommonz | 2008-04-26 06:39
▼精神の解毒週間
d0017381_6195447.jpg
MENTAL DETOX WEEK Escape the Fantasy April 21-27
The idea is simple: take your TV, your DVD player, your video iPod, your XBOX 360, your laptop, your PSP, and say goodbye to them all for seven days. Simple, but not at all easy. Like millions of others before you, you’ll be shocked at just how difficult - yet also how life-changing - a week spent unplugged can really be.

今年から「TV TURNOFF WEEK」は、「MENTAL DETOX WEEK」と改名されたようです。
期間は21日から27日までの一週間です。

d0017381_6155797.jpg
http://www.adbusters.org/metas/psycho/mdw/
[PR]
by illcommonz | 2008-04-26 06:17
▼フライングサーカス
d0017381_5552484.jpg
▼モンティパイソンの「ばかげたオリンピック」(Silly Olympics)
http://www.youtube.com/watch?v=r0siqlbAIZ4
[種目] 方向音痴の100m走、かなづちの2000m競泳など
[PR]
by illcommonz | 2008-04-26 05:57
▼責任者はでてこない
d0017381_4561130.jpg「対談フォークゲリラ・ノーリターンズ!?フォークの
暗さよ我らに再び」という対談で「社会に意見する
ことを覚えたのは、人生幸朗と生恵幸子のボヤキ
漫才からだった」という話をしたら、同じ齢で社会学
者の酒井隆史もそうだったらしい。人生幸朗があの
大きな体をゆすり始めると、きたきた、くるぞくるぞ、と
ワクワクしたものだ。当時の流行歌へのつっこみは
リアルタイムでないと生彩を欠くが、「締め」の長調子
は見事。願わくば、あの「責任者でてこい!」の怒声を
もういっぺん聞いてみたい。

▼人生幸朗・生恵幸子「ぼやきアラカルト」
http://www.youtube.com/watch?v=wHQflkzqDx8

▼「人生幸朗・生恵幸子」(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
「人生幸朗・生恵幸子(じんせいこうろう・いくえさちこ)は、戦後に活躍した吉本興業所属の夫婦漫才コンビ。歌詞・世相などにイチャモンを付け、「責任者出て来い!」の決めゼリフを吐くボヤキ漫才で、本拠地の大阪のみならず、テレビ・ラジオを通じ全国的人気があった。
世相を槍玉に上げては、とんちんかんな難癖を付ける「ぼやき漫才」の第一人者。一般的なしゃべくり漫才とは趣を異する、この「ぼやき漫才」の遣い手には、幸朗の師匠の都家文雄・静代、東文章・こま代らがおり、前者は主に社会風俗、後者は映画を題材にぼやき一時代を成していたが、1982年に幸朗が他界して後には、継ぐ者が殆ど居らず廃れてしまった。
人生幸朗・生恵幸子は世相のみならず、流行歌の歌詞にケチをつけ歌謡漫才の要素を加味した事で、人口に膾炙した。このため幸朗・幸子に扱き下ろされれば、歌手として一人前という風潮さえあった。」

「歌のボヤキが最高潮に達した時、「(幸朗)責任者出てこい!」「(幸子)出てきたらどないすンのン」「(幸朗)謝ったらしまいや!」。ここで幸子が一喝。「(幸子)アホ!いつまでぼやいてんねや、この泥亀!」(あるいは「人が黙って聞いとったら、いつまでいちびってんの。ほんまに~!」または「いつまでしゃべっとんねん。このヨダレくり!」)「(幸朗)かあちゃん堪忍!」「(幸子)何がかあちゃんや!」「(幸朗)ごめんちゃい!」と言って両手を頭の上に持っていって股を開く。

*そして幸朗が締の一節を述べる。
「(幸朗)我侭勝手なことばかり申し上げまして(幸子ここで「わかってンのンかいな」の一言を挟む。)、お叱りの言葉もございましょうが、これは私の本心ではなく、相方生恵幸子の書いた筋書きでございます」「(幸子)嘘つけー、自分勝手にしゃっべてるんやないかぁ」「(幸朗)笑いこそ健康の栄養素!凝りと疲労の回復剤!」「(幸子)何ンや薬屋のオッサンみたいな事言うてんねエ」「(幸朗)笑え。笑え。笑う門には福来る。皆様のご健康とご発展とを心よりお祈り申し上げ、ボヤキ講座予定終了でございます」。

*締めの一節は持ち時間により伸縮自在で、「わがまま好き勝手をしゃべって参りました。こんなおもろない漫才聞きとうないわ~い!というお叱りの言葉もなくご静聴賜りまして誠にありがとうございました」や、「これひたすら、私(わたくし)一人の人徳の致すところ~」のパターンもあった。」
[PR]
by illcommonz | 2008-04-26 04:58
▼ニュースはありません
d0017381_013480.jpg近頃はなんだか、
陰惨な事件のニュースや
気が滅入るようなニュースが
やたらと多いので、毎日、
とはいわないまでに、
たまには、こんなだったら
いいのに、と思う。
▼BBC & ITV COVERAGE OF NEWS DROUGHT
http://www.youtube.com/watch?v=Q4pY3QtiGyo

ニュースがないことはいいことだ。CMがないと気持ちがおだやかになる。
気分がすっと晴れやかである。本当のニュースは、自分のまわりで起きたこと。
自分の目でみたこと。自分の耳で聞いたこと。自分が今日、自分でやったこと、
そして発見したことが本当の今日のニュース。本当はそんな世界を生きてみたい。

ということで、今年もまた「TV TURNOFF WEEK」の季節がやってきました。
TVによっておかしくなった「精神の環境」をもとにもどす一週間です。
今年はまだ、アドバスターズからアナウンスがありませんが、
例年、この時期にやるので、もうじきお知らせがあるでしょう。

▼アドバスターズの「2007年度テレビ消灯週間」
http://illcomm.exblog.jp/5234588/

▼テレビの前で壊れてゆく子どもたち
http://www.youtube.com/watch?v=szjtqFB5EnQ

▼TV TURNOFF WEEK 2007 Illcommonz Edit.
http://www.youtube.com/watch?v=oXpsk8Fspzw

-------------------------------------------------------------
d0017381_0135527.jpg[解説]『TV Turn off week』とは?
(http://adbusters.cool.ne.jp/tv1.htmより)

『TV turn off week(日本語名:テレビをつけない週間)』とは 毎年4月22日から28日の1週間テレビを一切みないようにする キャンペーンです。なぜアドバスターズが人々にテレビを見ない ように奨めるのか?私が解釈するに二つの理由が考えられます。

1、テレビには人に物を買わせるトリックが多く存在する。
2、現実と違う世界に人を引きずり込んでしまう。     

まず最初の理由ですが、皆さんもご存知の通りテレビ局の運営は企業からのCM 料がメインです。 そして一日テレビを見たとき 同時に見るCMの数も相当な数になっ ています。アドバスーズの計算によると 現代人は子供から大人になるまで平均35 万以上のテレビCMを見ることになると考えられています。この状 況が我々の生活に どれぐらいの影響を及ぼしているのでしょうか?

現在1つの商品、例えばパソコンやかぜ薬などでも各社から販売され多くの種類が存在します。そして、 それらの効能、性能を一つ一つ把握して自分の欲しいものを見つけ出す作業となると大変困難になります。そうなってくると、日々見ているCMや店 にある商品の見た感じなどが購入の決め手となるケースも少なくあり ません。つまり、日々大量に流れるCM等で植え付けられるイメージ等によって、返って自分が本当に 欲しい 物や、本当に必要なものが見つけにくい状態になってしまっている面があるのです。

もちろんTVのCMのみがこういった状況を引き起こしている原因ではありませんが、 大きな役割を担っている 事もまた事実でしょう。アドバスターズの主張としてはTVの CMの存在そのものを批判しているのではなくて物の購入を決める際の基準が現在の状況だと、CM等のメディアに偏る部分がどうしても大きくなるので、少しの間 テレビを離れて自分が何が必要なのかを考える時間を取るのも悪くないのではと考えているわけです。

またTVには人を孤立させてしまう副作用もあるとアドバスターズでは考えています。かつての日本ではリビングにTVがあり、家族全員でTVをみて、家族同士の繋がりを助けた一面もありましたが、近代化が進んで、テレビが低コスト化した今、家族の一人一人が部屋にテレビを持つ事も少なくないと思います。そして人々が自分一人で過ごす時間が多くなってしまいました。その結果どういった現象が起こったのでしょうか?

 まれに自分にあまり自信のない方もいらっしゃいます。この手のタイプの人が一人で長時間テレビを見ていた場合、テレビのドラマやアニメに登場するキャラクターを見て「彼らのようにならないとダメだ」そして、その通りに生きられない自分を卑下してしまいます。

もちろん、あれは基本的に現実ではないので、実際の社会で理想とされる生き方とは異なる場合があります。しかし、部屋で一人で空想の世界に入っているとその事に気がつかないし、家族の人も指摘しない。学校などでもその手の人は、自分と趣味の合う人としか友達になろうとしない性質があるのでなかなか他の価値観に気付きません。結果として、自分の殻に閉じこもってさらに自分を孤独においやってしまいます。

 もちろん、上記のような症状に陥る人はほとんどいないと思いますが、残念ながら日本やアメリカでは、現実と空想の区分けを自分の中でできなかった人が大きな事件を起してしまった例が過去に幾度か有りました。よって、少数派のやる事と軽く見るのも危険であると思います。そこでアドバスターズでは、その手の人々にテレビ以外の違った楽しみ、価値観を見つけて欲しいという願いを込めてTV turnoff weekを開催しています。

キャンペーン期間中、本来テレビをみている時間帯に外に出かけて見たり、あまり話した事の無い人と話して見たり、普段と違う事をして別の価値観をみつけて、自分の幅を少しでも広げる事ができたのなら、それはasset(財産)であると思います。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-26 00:14
▼親密圏とアフィニティーズ
d0017381_2384637.jpg
▼ハンナ・アレント
「暗い時代のひとびと」

「そうした時代には、
人びとは互いに近づき合い、
親密性の暖かさのなかに
公共的領域のみが
投げかけることのできる
光と輝きに代わるものを
探し求めようとするのであり、
それがいかに強力な必要であるかは
見てきたとおりです。」

d0017381_2241161.jpg▼齋藤純一「親密圏のポリティクス」
「親密圏は、さしあたり、具体的な他者の生への配慮/関心をメディアとするある程度持続的な関係性として定義することができよう。まず、具体的な他者とは、一般的な他者とは異なって人称生を帯びた他者であり、そうした他者との関係性は『他ならぬ』という代替可能性を幾分かは含んでいる。次いで、生への配慮/関心が人びとの関係を繋ぐということは、具体的な他者のほとんどは、身体性・物質生をもった存在者であり、私たちはそうした他者との関係を生きることによって、その生の欲望や困難に否応なく曝されるようになる。『性的な生』はもちろん親密圏の最も重要な側面の一つをなすが、そのすべてをなすわけではない。生・育・老・病・死といった局面においてとりわけそうであるように、私たちは、たんに自立的な存在者としてのみ生きているわけではない。生の自立は他者の生への依存をすでに前提としたものでしかありえないのである。」

d0017381_23103796.jpg▼「アフィニティ・グループ」
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
「アフィニティ・グループ(英語表記:affinity group)とは、直接行動で共に行動する少数の活動家(通常3人から20人ほど)の小さな集団。アフィニティ・グループは上下関係や序列のない方法で組織され、通常は合意形成を用いて、しばしば信頼関係のある友人同士やその他の気の合う人々で構成されている。これらの方法は敏感で柔軟、脱中心化した組織の仕方を提供する。アフィニティ・グループは共有されたイデオロギー(例:アナキズム)、ある問題への共有された関心(例:反原発)、あるいは共通の活動、役割、スキル(例:streets medic)に基づいて作られる。アフィニティ・グループのメンバーシップは誰にでも開かれている場合と限られている場合の両方があるが、後者の方が一般的である。」

d0017381_23241666.jpg▼アフィニティ・ヴィレッジ
[PR]
by illcommonz | 2008-04-25 22:41
▼南無
d0017381_22325272.jpg
[PR]
by illcommonz | 2008-04-25 22:40
▼カルマンの傘
d0017381_0304357.jpg 放水vs傘の非暴力的攻防の図。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-25 22:35
▼オリンピック消火リレー
d0017381_2232896.jpg
[PR]
by illcommonz | 2008-04-25 22:32