Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2008年 04月 ( 66 )   > この月の画像一覧
▼キャンプ・イン・八丁堀
d0017381_2543256.jpgMUSEUM OF TRAVEL「CAMP」
[日時] 2008年4月29日(火/祝)
     19:00~21:00
[場所] Otto Mainzheim Gallery
東京都中央区八丁堀3-11-9-B1
http://mot8.exblog.jp/7239803/
[定員] 30人(予約制)
[参加費] 1,000円(1ドリンク付)
[ホスト] 遠藤水城(キュレーター)
[ゲスト] イルコモンズ(アナーキスト人類学者)



今回はアナーキスト人類学とアートとフィールドワークについて話します。これまで人前であまり話さなかったアフリカでのフィールドワークの話もします(たぶん)。

▼遠藤水城(えんどうみずき)
キュレーター。アーカス・プロジェクト ディレクター。1975年札幌生まれ。九州大学博士後期課程単位習得満期退学。2001年、福岡市で「都市型アートプロジェクト rhythm」を設立。雑誌発行、実験音楽イベント、展覧会、映画上映会、アートプロジェクト等さまざまな企画を展開。2004年、博多区に誕生した「アートスペース・テトラ」設立の中心的な役割を担う。同年より日本財団APIフェローとしてフィリピンに6ヶ月、インドネシアに5ヶ月滞在し、現代美術の現状を調査。期間中マニラで地元アーティストと共に「Future Prospects Art Space」を設立。2005年、ベルガモ近現代美術館(GAMeC)が主催する若手キュレーターを対象とした国際賞「ロレンツォ・ボナルディ・アート・プライズ」に長谷川祐子の推薦を得て、アジア代表として参加。同賞を受賞。それに伴い2006年同美術館にて「Aesthetics / Dietetics」展(参加作家/小沢剛、高嶺格、ガリー・ロス・パストラナ、乃美希久子)を開催。同年「シンガポール・ビエンナーレ2006」ネットワーキング・キュレイターを務める。2007年、Asian Cultural Council日米芸術交流プログラムの助成により米国に滞在。同年、水戸にオルタナティヴ・スペース「遊戯室」を設立。東京芸術大学非常勤講師。Art Initiative Tokyo(AIT)による教育プログラム「MAD」キュラトリアル・コース講師。共訳書にジェイムズ・クリフォード「ルーツ-20世紀後期の旅と翻訳」(月曜社)がある。

▼小田マサノリ(a.k.a.イルコモンズ)
1966年福岡生まれ、元・現代美術家、民族誌家、文筆家、アナーキスト。一橋大学大学院社会学研究科博士課程満期退学、中央大学文学部兼任講師。イルコモンズ・トラベリング・アカデミー主宰。イルコモンズ・リブートキャンプ世話人。89年から96年にかけて東アフリカでフィールドワークを行う。00年「日本・現代・美術・沈没」展、01年「太陽のうらがわ/太郎のはらわた」展(共に表参道ナディフ)を開催。01年「横浜トリエンナーレ2001」に正式出品。911に対するアート界の無反応ぶりに抗議し、02年9月11日「略称・去年トリエンナーレで」展最終日に美術家を廃業。03年、イラク戦争に反対する「殺す・な」の発起人となる。以後は「イルコモンズ」の名義で、映画・美術・現代思想・建築批評のほか、映像制作など様々なジャンルとメディアで活動。08年、大阪市立近代美術館で「イルコモンズの回顧と展望(仮称)」展が開かれる。著作に「見よ ぼくら 四人称複数 イルコモンズの旗」(『現代思想』2003年2月号)「アフリカは僕らに追いつこうとはしていない、僕らの方がアフリカに追いつこうとしている」(『美術手帖』2006年7月号) 「リミックスのやめどころを知る」 (五十嵐太郎監修『リノベーション・スタディーズ』INAX出版 2003年)「死する~空想のメメント・モリ美術館」『日常を変える!クリエイティヴ・アクション』(フィルムアート社 2006年) 「イルコモンズのもうひとつの世界はいつでもとっくに可能だ」(『月刊オルタ』07年-08年)「自然~ケニア人は自然の風景を見るか?」 浜本満・まり子編『人類学のコモンセンス』(学術図書出版社 1994年)など多数。

d0017381_255418.jpg[追記] 「CAMPはトークイベントが中心のイベントです。さまざまな分野(アート、建築、音楽、マンガ、アニメ、写真、映画、デザイン、ファッション、食など)のトークイベントを開催する予定です。トークイベントの多くは予約制です。トークイベントで議論された内容は「コピーフリーペーパー」として発行(1部)し、会場に置いておきます。「コピーフリーペーパー」は会場近くのコンビニなどで自由にコピーできます。飲み物の持ち込みもOKです。タバコを吸っても大丈夫です。生ビールが300円で飲めます! ご意見、ご感想、面白いアイデアなどは大歓迎です(会場で直接でも、メールでも)。ご協力いただける方を広く募集しています! お会いできることを楽しみにしています。」
[PR]
by illcommonz | 2008-04-16 03:00
▼サウンドコレクティヴが来たりて爺八にNOと告げる夜
d0017381_247926.jpg▼SOUND-COLLECTIVE NO-G8 NIGHT
[日時] 2008年4月18日(金)19:00-
[場所] IRREGULAR RHYTHM ASYLUM
http://a.sanpal.co.jp/irregular/
1drink 500YEN +カンパ

[音楽係](順不同)
terraD/A (DeepThroatX)
イルコモンズ(元・DJ-MAL2000)
DJ kouki
Red Bandana
yuzo (ラッパー)


合意形成のためのDJやVJのようなものをやります。
ドラムサークルやワークショップもあるかもしれません。
当日はたぶん遅刻しますが、かならず行きます。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-16 02:50
▼人類学場外バトル戦記
d0017381_2283690.jpg去年の秋、イルコモンズが大学院時代に在籍していた一橋大学社会学研究科で、「ポストコロニアル論争は人類学にとって自殺行為だった」か?、というテーマをめぐって、現役の人類学者たちが議論を戦わせる「人類学バトル」がひらかれた。リング上での攻防戦の後、「場外バトル戦」が行われたので、イルコモンズも参戦した。「場外バトルの華」といえば、もちろん、反則ワザと挑発行為である。そう思って、挑発的で反則的な発言をしたのだが、それが活字になって「くにたち人類学研究」という学術ジャーナルに載ることになった。あはは、こりゃまずい、こんなものが世間に出たら、ますます人類学者になりそこねてしまう、うむむ、ぅぅ、、ま、いいか。ということで、イルコモンズ発言とそれを受けての発言の一部を抜粋して公開。

---------------------------------------------
「くにたち人類学研究」第3号(近日公刊)
特集=人類学バトル「ポストコロニアル論争は人類学にとって自殺行為だった」
(場外バトル篇) より抜粋

▼岡崎彰(社会人類学者/一橋大学教授)
「はい、ありがとうございました。はい、ではこちら。お名前からお願いします」

▼小田マサノリ(アナーキスト/イルコモンズ)
「小田マサノリです。「文化人類学者になりそこねた立場」から少しお話ししたいと思います。僕が文化人類学者になろうと思ったのは1980年代半ばのことです。それはちょうど「ニューアカデミズム」と呼ばれていた時代で、いわば「文化人類学の黄金時代」でした。その後、89年から96年にかけて東アフリカのケニアでフィールドワークをやったのですが、帰国した当時の日本は、というと、まさに「ポストコロニアル論争」のまっただなかで、「鬼よ、悪魔よ、人類学者よ」といった感じで、人類学者たちはひたすら反省をくりかえしているように見えました。僕はだんだんそれに嫌気がさしてきて、ある時から現代美術家に転向し、そして今は、グローバリゼーションに反対するアクティヴィスト・アーティストとして活動しています(...)。それはさておき、先ほど太田さんから「文化人類学とはもともとどういう学問であったか?」という問いかけがありました。当然、いろんな考え方があるでしょうが、僕にとって文化人類学というのは、なによりもまず「解放の学問」であって、決して「反省の学問」ではなかったのです。ここでいう「解放」とは、それまで自分を縛りつけてきた常識や価値観そして自文化からのそれのことで、文化人類学は、それまで自分が知らなかった「もうひとつの可能な世界」に目をひらかせてくれる、そういう「解放の学問」だったのです。ところがフィールドワークを終えて、日本に帰ると、文化人類学はそれとはまるきり正反対の、自分を内側へどんどん追い込んでゆくような内向的な学問になっていました。その時、思ったのは、「こんなはずじゃなかった。一度きりの自分の人生を反省に費やしたくない」ということで、それで現代美術家に転向したというわけです。(...) それはともかくも、あの長く続いた「ポストコロニアル論争」から僕が学んだことのひとつは、好むと好まざるとに関わらず、文化人類学という学問は、同時代の政治や権力と関わらざるを得ないということでした。「ポストコロニアル論争が人類学の自殺行為に等しかったかどうか」はもはや僕にとってはそれほど重要な問いではありませんが、とはいえ、あの息の詰まるようなポストコロニアル論争がなかったら、いまのようなアクティヴィズムの現場にはいなかったかもしれない、とは思っています。」

▼岡崎:
「はい、ありがとうございます。続いての方」

▼太田:
「もう一回いいですか?」(会場笑い)

▼岡崎:
「ええと、じゃあ、ごく手短にお願いします。」

▼太田(文化人類学者/九州大学教授):
「太田です。小田さんの話したのを聞いて、延髄反射的に言いたい。実は僕もレジュメに引用されたりしていて、こういう現場に引きずり出されてるんですが、 いわゆるカギ括弧付きの「ポストコロニアル論争」云々ということに触発されて、僕は小田さんと同じ結論に達したということを確認したいんです。つまり、ポストコロニアル理論の根源にあるのは、さっき言ったとおり、正常化してしまった・完全になった・了解可能になったはずの世界にノイズが現れたということです。(...)」

▼岡崎:
「はい、ありがとうございます。それでは、大杉さんお願いします。」

▼大杉高司(人類学者/一橋大学教授)
「もちろんすべてには答えられないわけですけれども……まず、小田さんのリアクションを聴いていて、同じ世代なんだろうなという感じがして頷きました。たしかに解放の学問であって、反省の学問ではなかった。自分自身の認識を揺さぶってくれるものだったのが私にとっての人類学です。(...)」

▼岡崎:
「はい、ありがとうございます。それでは慶田さんお願いします。」

▼慶田勝彦(文化人類学者/熊本大学教授)
「慶田です。同じ頃にケニアにいた小田さんがすっかり解放されたようで、まあ、良かったなと思うんですが、私の方は人類学の制度内に閉じこもってしまったものでますます縮こまっているような感じがしますけども……。まず、僕にとっての「自殺以前」の人類学っていうのは、一つは飽きさせないこと。わがままかも知れませんが。「終わりになったなー」と思ったら、終わらない。「分かったなー」と思ったら、分からなくなる。そういったものが、延々と続いていくような感じがして、それで自分が継続していける。つまり飽きさせないということを、個人的なレベルで言えば、非常に大事にしています。」

▼岡崎:
「ありがとうございます。では、これで場外バトルを閉幕したいと思います。みなさん、まだ言い足りないということもあるでしょうから、その続きはこの後の懇親会でやってくださったらと思います。場外バトルのさらに場外バトルということで。それではみなさん今日は長い時間どうもありがとうございました。」

d0017381_2313118.jpgということで今日は、すっかり解放されてノイズになったイルコモンズの「文化人類学解放講座」です。

「文化人類学解放講座」

今日の授業では、世界の「スウェットショップ」について学びます。下のドキュメント映画をみて、「現代の奴隷制」と呼ばれるスウェットショップの実態について知り、考えてみましょう。

▼「ザ・ビッグワン」(1997年)
▼「ミッキーマウス、ハイチへ行く」(1996年)
▼「ザ・コーポレーション」(2003年)
▼「ジャマイカ楽園の真実」(2005年)

講義の最後に小沢健二の「うさぎ」の第一話を朗読します。プリントを3枚用意しますので自由に持っていってください。出席はとりません。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-16 02:37
▼アイデンティティの紛失
d0017381_4431120.jpgイルコモンズにはジンクスがある。高円寺でなにか愉快なことがあると、つい解放的になってしまい、持ち物をあちこちに置き忘れてくるのだ。これまで置き忘れてきたものは、トランペット、水筒、タンバリン、財布、カゼ薬などなどである。他にもまだ何かあったような気もするが、もう憶えてない。そして歴史はくりかえし、運命の環はめぐる。今回もまた高円寺にモノを置き忘れてきた。しかも今回は決して置き忘れてきてはならない、イルコモンズのアイデンティティに関わるものであった。それはアナーキストなら、たいていみんな持ってる、アナーキストの手帖 「SLINGSHOT ORGANIZER」(2008年度版)である。それにはイルコモンズのスケジュールや思いつき、ライムや標語や格言や豆知識がびっしり書き込まれていて、これを失くすとお手上げである。「明日はどっちだ?昨日は誰だ?今日は何回目だ?」と何もかもすべて分からなくなる。まさにアイデンティティの紛失である。いやいや、笑いごとではないので、紛失した手帖の特徴をここに記すことにする。

[概要] The 2008 Sling Shot Organizer
The pocket version "classic" is a 160 page pocket planner (4.25 inches X 5.5 inches) with radical dates for every day of the year, space to write your phone numbers, a contact list of radical groups around the globe, menstrual calendar, info on police repression, extra note pages, plus much more. Choose from 37 cover colors printed with either black or silver ink (depending on how dark the paper stock is - you get to pick the cover color, not the ink color).

[内容] 映画「おいしいコーヒーの真実」プレス試写会招待券、札幌でもらった「熊出没危険」の警告シール、紙やすり、東京の地下鉄路線図、ピーポーくんのぬいぐるみの説明書、他人の名刺、ubuntu 対応機種一覧表...

と、ここまで書いたとき、メールが届いて、イルコモンズの「アナーキスト手帖」が、東高円寺のとある場所で無事保護されたの報せを受けた。あーーよかった。よりにもよってアナーキストのあかしを置き忘れてくるくらいだから、昨晩はよほど愉しかったのだろう。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-15 04:59
▼お前が、あの晩、
d0017381_3235465.jpg
「あの櫻の森の樹の下で見聞きしたことは...」

d0017381_3501181.jpg

「決して誰にも語ってはならぬ。」(「茶乃窓ノ記」より)

---------------------------------------------------
櫻の花がすべて散り去った後のまぼろしの茶会。「花より草」の風狂なる花見。
茶は葉より出でて実よりも妖し。まるで木下順二の戯曲か、「日本むかし話」の
ような茶会でした。亭主の厚いもてなしに感謝。番頭たちの細かい気配りに感謝。
一期一会の客人たちにも感謝、あ、そうそう、ペナルティゲームでイルコモンズが
話したことは誰にも内緒ですからね。なにはともあれ、草木の香を存分に満喫した
春の宵でした。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-15 03:49
▼茶乃窓茶会
d0017381_619098.jpg今日の午刻、高円寺の、満開ではない
櫻の森の下で、「CHANOMAD」主催の
野点の茶会がしめやかに、かつ、おごそかに
開帳されるので、それにお呼ばれします。
CHANOMADは、「ワンダーウォール・
キャンペーン」で協働したハーポ部長と
「246表現者会議」のメンバーの安楽さん、
そしてホリム・ベイの3人からなる映像
ユニットで、昨日アップリンクで上映した
「WONDERWALL CAMPAIGN」は、
CHANOMADの「茶の間から遠く離れて」
(2007年)と、クリス・ランシーの「WONDERWALL CAMPAIGN」(2007年)
(いずれも今年度「馬橋映画祭」正式出品作品)をマッシュアップした、共に異なる
「共異体」のコモン・ムービーズなので、映像を提供してくれたCHANOMADに、
出来栄えを見てもらうつもりです。なお信頼できる情報筋からの話によれば、
同じく今年の「馬橋映画祭」に「「ホー娘。の!すすめ!ボロボロード☆空き地編」を
出品したホー娘。も同席するそうなので、ホー娘。ファンは、行くしかない。

▼茶乃窓茶会
日時:2008年4月13日(日)15:00~
場所:蚕糸の森公園(丸の内線東高円寺駅)
[PR]
by illcommonz | 2008-04-13 06:30
▼わたしの耳は電子の耳、テクノの響きを懐かしむ
d0017381_431950.jpgせっかくの休みなので、なにか休みらしいことをしたいと思い、会議の帰りにレコード屋に寄って新譜をかたっぱしから試聴した。こないだリリースされた電気グルーヴの新譜がめざましくよかったので、次の時代のアンセムになる曲を聴きたいと思い、アンダーワールド、ケミカル・ブラザーズ、エイジアン・ダブ・ファウンデーション、アウテカ、エイフェックス・ツイン、アンダーグラウンド・レジスタンス、ビースティーボーイズなど、かつてテクノの一時代を築いたグループの新譜を重点的に聴いてみたが、どれもいまひとつで、あまりワクワクしなかった。「これから何かがはじまる」という、あの高揚感がない、音から世界がひらけてゆくあの解放感がない。テクノが終わってしまったのか、こちらの感覚がにぶったのか、どっちなのかよくわからないが、クラブに足を運ばなくなってからもうずいぶん経つ。いまフロアでどんな音が鳴っているのか知りたくなった。

d0017381_41749.jpg[追記1] エイフェックス・ツインの「アンビエント・ワークス85-92」がリイシューされていたので懐かしく思い、一枚買い求めて帰った。3曲目の pulsewidth を聴くと、あの頃のフロアのことが目に浮かぶ。子どものころは「自分も歳をとったら演歌を聴くようになるのだろうか」と思っていたが、あにはからんや、イルコモンズは、過ぎ去りし日々のテクノの響きを懐かしむ人間になりました。

d0017381_482658.jpg[追記2] しかし、アンダーワールド/トマトのアートワークはすばらしいなぁ。初回限定版には rez のライブ映像が収録されているらしいので、それは見てみたい。YouTube でいいから、見てみたい。
[追記3] あ、もしかして、これか?
d0017381_4375914.jpg
▼underworld - rez (live)
http://www.youtube.com/watch?v=XlkICJOOOaw
あはは、ふはは、これこれ。
さすがに歳をとると、こういうレゾナンスの効いた野太い電子音が恋しくなる。

こちらは「文化人類学解放講座」の教室でよくかけるオリジナル・ヴァージョン。

▼Underworld - Rez [PV]
http://www.youtube.com/watch?v=A0oMwKnU3OM

この解放感が素敵だ。空にのぼってゆくような気がする。こういう音を聴くと、血のめぐりがよくなって、頭もよくはたらく。大学の教室には、こういうアンセムが必要だ。そう、イルコモンズはアンセムが好きなのだ。イントロが流れ出すと、みんながいっせいによろこぶアンセムが好きなのだ。そういうアンセムを恥も外聞もなく次から次にデリバリーしてくれるDJが好きだ。もしかするとクラブに行かなくなったのは、そういうDJが少なくなったからかもしれない。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-13 04:11
▼合同勉強会
d0017381_2463652.jpg今日は都内でひらかれた大学研究者・大学院生・その他の有志による、ある会合に出席した。会議の後の合同勉強会で、かねがね知りたいと思っていたXXの歴史が大体わかった。また、XXに関しては、その関連する諸分野においてさえも、その位置づけについての研究や理論が、あまりないらしいということもわかった。たしかに、XXXやXXXについては、その具体的な問題点や弊害を浮き彫りにしてみせるドキュメント映画があるのに、XXにはそれがない。XXの問題点はいろいろ指摘できるが、XXXやXXXのそれに比べると、いくぶん衝迫力に欠ける印象がある。にもかかわらず、ここ数年、世界的規模でXXが急速に焦点化されてきたのは、なぜなのだろうと思っていたが、その理由がようやくすこし分かった。理由はXXそれ自体の存在に存するのみならず、XXを共通のXとするさまざまなXX同士が、そこで互いに「リンケージ」を強め合い、より大きな「ネットワーク」を構築しようとしているからのようだ。つまりそれはXXに対する単なる反作用ではなく、XXを媒介とした構築的で増殖的な活動である。なるほど、やはり世界は変わりたがっているし、その変わり方もすでに変わってきているのだと思った。ともあれ、21世紀のいま、山のてっぺんから指図するようなやり方はもう通用しなくなっている。XXはすでに「過去の歴史」であり、XXに「さよなら」を告げるときが来ているのだということを、山頂の愚者たちにはっきりと表現してみせてやる必要があると思った。「Time to say goodbye/さよなら、XX」。よし、これでテーマ曲が決まった。もういっぽん、映像をつくろう。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-13 03:09
▼安息日
d0017381_2192362.jpgこの土・日はお休みしますので、
(土・日に休むのは何ヶ月ぶりだろう?)
今夜アップリンクで上映したビデオは、
来週、YouTube にアップします。
タイトルなど詳細は、そのときに。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-12 02:22
▼インサイド・アウトサイド・トーク・イン
d0017381_13571768.jpg
▼トークイベント「反抗者たちの七つの証言」
[日時] 2008年4月11日(金) 開場19:00/開演19:30
[場所] 渋谷アップリンク・ファクトリー
[出演] ECD(ラッパー)、三田格(評論家)、小田マサノリ(イルコモンズ)

「違法とわかりながら路上に作品を展示し続けるアーティスト/ストリート
アートシーンを紹介するドキュメンタリー『インサイド/アウトサイド』 
この作品を読み解く鍵として、ストリート・アート="REBEL/反抗"を
テーマにした七夜連続のイベント+上映。イリーガル・アートはアート
なのか?表現に規制は必要か?アートで反戦活動は可能か?そもそも
アートである必要があるのか?などをテーマに様々な分野からゲストを
迎えて開催します。」

▼「インサイド/アウトサイド」2005年/デンマーク/57分
[監督] アンドレアス・ジョンセン/ニス・ボイ・モラー・ラスムッセン
[撮影] アンドレアス・ジョンセン/編集:アダム・ニールセン
[出演] ゼウス/スウーン/KR/イアスノット/オス・ジェメオス/
ピグメウス/アダムス&イッツォ/ロン・イングリッシュ
[音楽] THA BLUE HERB/UPSETS FEAT ZERO/RON ENGLISH/JEL/SHING02 他

「僕は真っ赤なスプレーで広告モデルたちを殺す。そして広告の力を剥奪するんだ。ヒョウ柄ストッキングを被り、"広告を殺す"ために看板広告に真っ赤なペイントを打つパリのゼウス。"都会の山岳部隊"と名乗り、ビルの頂上にタグを残し続け るサンパウロのピグメウス。廃材を使用し、あらゆる場所に無断で住居を建設することで消費社会へ対する強烈なメッセージを発信するデンマークのアダムス& イッツォ…など世界各地で活動するエッジなストリート・アーティストを追う。彼らが危険を侵しながらもストリートで活動する意味、そこに見出す価値とは何なのか?この映画はストリートに作品を展示し続ける反逆者たちのドキュメントであり、消費社会が生み出した広告システムに、翻弄されるものたちの光と闇を浮き彫りにするドキュメントでもある。」

[予告編]
http://jp.youtube.com/watch?v=sBAzieDnfRg
http://jp.youtube.com/watch?v=vun217yVb5Y
[PR]
by illcommonz | 2008-04-11 14:00