人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
<   2009年 09月 ( 71 )   > この月の画像一覧
▼「ナイキビル宮下PARK化計画」
d0017381_1492219.jpg
「宮下公園ナイキPARK化計画」の完成予想図をみながら、
「ナイキ本社宮下PARK化計画」という計画を思いついた。

つまり、品川にあるナイキ・ジャパン本社のビルの一部を改築し、そこに野宿者専用の無料宿泊スペースや、デモや集会のためのフリースペースをつくるという架空の建設計画、と、その完成予想図を募集してコンペを開催するという案。世の中には自分が設計したビルの「廃墟予想図」を描いてみせた建築家もいるので「ナイキPARK廃墟予想図」でも可。「完成予想図」は別に建築家だけが書けるものではないので、美術家やデザイナーのほか、誰でも参加できる、フリーエントリー制のコンペをやってみるといいかもしれない。

d0017381_14101171.jpg
イルコモンズも絵が描ければエントリーしたいところだが、へのへのもへじすら描きたがらず、自分が描いたものをみるのがなにより嫌いなので、以上の計画だけを提案します。おもしろいと思った人はどうぞ「JUST DO IT」でやってみてください。やればできる=JUST DO IT!

d0017381_1410746.jpg
これは昨日の渋谷での「宮下公園ナイキPARK化計画」に反対するデモの写真(撮影:はらだゆきこ)。ナイキ社と渋谷区のあいだで調印が行なわれた後にもかかわらず、昨日は240人くらい集まってたそうです。つまり、まだ何も終わってないし、はじまってもいない、まだまだこれからということです。イルコモンズは、このプラカードにロープを結んで、そのロープの先にナイキシューズを縛りつけ、それをひきずりながら歩きました。シューズそのものには罪はないので、こういうやり方はあまり好きではないのですが、とはいえ相手は、タフさとエクストリームさを売りにしている靴メーカーなので、あえてそうしてみました。1時間半くらい渋谷をあるいて、しかも、みんなが蹴飛ばすので、かなりボロボロになりました。もともと、片方なくした靴なので、あとはショーケースにでもいれて、ゼロ年代の東京のアクティヴィズムの一端(異端?)を紹介する資料として、どこかで展示するくらいしか使い道がありませんね。もちろん、そんな展示があれば、の話ですが。
by illcommonz | 2009-09-28 14:12
▼さて、ところで、著作家廃業宣言
d0017381_974835.jpg
 2009年9月27日、今日は、とりたてて、なんでもない、どこにでもある、ごくふつうの日曜日で、天気も好く、空も晴れてるので、著作家を廃業することにしました。いま手がけている美術批評の原稿を最後に、著作家としての活動を廃業します。

 といっても、2002年9月11日に美術家を廃業したときと同じで、廃業しても、書くことはやめません。書くことをやめるのは、考えることをやめることで、つまりそれは、生きることをやめることでもあるし、生きることは死ぬまでやめられないので、これからますますたくさん、ものを書くと思いますが(特にブログやジンで)、とりあえず、以後、クリエイティヴ・コモンズ・ライセンスを使用できないコピーライトのある本、出版物その他もろもろのうんぬんかんぬんという、あとのことはあとまわしにして、これから先のことに専念することにします。

 大丈夫、いずれだんだんそうなってゆくのだから、何の心配もありません。それはかつて私たちの祖先がやってきたこと。さて、ところで、今日は、これからデモにゆくので、くわしくは、いずれまたどこかで。

..............................................................................................
[追記] 1999年に人類学者(Anthropologist)を廃業、2002年に美術家(Artist)を廃業、2009年に著作家(Author)を廃業、これで「Aではじまる職業」の廃業3冠をついに達成し、晴れてトリプル・マイナスAの人間になれました。今日は、とりたてて、なんでもない、ごくふつうの日曜日だけど、イルコモンズにとっては、念願のサンデー・ブッシュマンになれた気のする、めでたい解放の日です。

d0017381_9385673.jpg
[参考] 「サンデー・ブッシュマンたちへ」(「イルコモンズのふた」2009年6月26日より)
http://illcomm.exblog.jp/9907810/

そして、これでさらに一歩、これに近づけたような気がする。

イル・コモンズ 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
by illcommonz | 2009-09-27 09:08
▼カウンター・マネーゲーム
d0017381_7172531.jpg「昨日、大商談会が
Cafe★Lavanderiaで
行われた。

その顛末はコレ

「なんと、5号店随一の超目玉商品であるリーマンブラザーズ社のマグカップが、昨日売れました!!3年ぐらいはうちのショーケースにさらし者にしておこうかと思ったんですが、急遽、売ることを決断してしまいました…。お買い上げいただいたのは、イルコモンズさんという、文化人類学者にして妙なもの好きな人!!この商品を紹介したときから、イルコモンズ氏は自分のブログで早くも反応を示しているほどの熱意があった。そして昨日、たまたま会ったときも、何であれがほしいのかを熱く語っていた。う~ん、そこまでいうならもう譲るしかない…、ってことで売却を決定!さて、気になるお値段は…。

なんと! 1000000000000ジンバブエドル!1兆ジンバブエドル!!

うわ!! すごい!!! こりゃ大変だ! スイス銀行の指定口座に振込みだ!!!!!…と、思うかもしれないが、どうやらジンバブエでは1兆ジンバブエドルでパンが一個買えるぐらいだという。だが、面白いのでその価格で商談が成立!!!!!イルコモンズさん、有効に使ってくださいね!!

【おまけ情報】 ちなみに、さっき調べてみたら、ジンバブエドルは今年の4月で流通を停止したという…。

【追加情報】 ちなみに、イルコモンズ氏のブログを見たら、100億ジンバブエドルと書いてあった!!どうやら、ジンバブエドルは激しいインフレとデノミを繰り返して、むちゃくちゃになってるようなので、1分1秒レートが変わっているらしい…。とりあえず、100億ジンバブエドルっていうことで。」

▼松本哉「イルコモンズとの激しいマネーゲームの末、リーマンショックが収束! 」より
...................................................................................

あれ?、「1兆ドル」だったっけ、、、、ま、いいか、あのときは映画の完成を祝って二人ともお酒のんでたし、今回は御祝儀ということで、、、、とりあえず、「1兆ドルを100億ドルっていうことに」してもらうことにしよう。それにしても、さすが、祭り好きの貧乏人は気前がいい。宵越しのドルはもたない、酔うとケタちがいにまちがう。

ちなみに、リーマンショックで崩壊した金融市場は、分刻み秒刻みどころか、マイクロ秒単位で価格が変動していたらしい(もちろん今も同じように変動している)。ロートレアモンの「こうもり傘とミシンが手術台の上で、、、」どころの話ではなく、「お金とテクノロジーがネットワークの上で出会って生まれたメガ・シュールな現実」である。マルクス(←実はよんだことがない)の「ヨーロッパに妖怪がうろついておる、、、」ではなく、「地球に妖怪がとり憑いている、お金という名の亡霊が」という事実」である。「いったい、お金って???」と誰が想わざる。というか、そう想っても、またすぐに忘れて、人にものを考えさせないようにプログラミングされてるのが、「お金のとりこじかけのからくり」である。実際、お金には思想がない。ウソだと思うなら、米国ドル紙幣をみてみるといい。ドルにはこう書いてある。「IN GOD WE TRUST」。つまり、「いちいちものを考えたりせず、信じます、なにしろ神さまが太鼓判をおしてくださるのですから」ってことだ。さらにいえば、日本の紙幣には、、、、、なんにも書いてない。「ノー・シンク、ゴー・マネー」である。だから、だからこそ、それに対抗して、ものを考える。誰もがあたりまえと思っていて、わざわざ考えてみるまでもないことだと思っていることを、わざわざ考える「もの好き」な学問が、「抵抗の学」としての文化人類学である。ものを考えるのにお金はいらないし、「いったい、お金って???」と、ものを考え続けるることが、お金の魔力に抵抗する最大の防御である。ところで、FRB前議長のグリーンスパンは、「誰かが人間の本性を変えないと、同じことがまたすぐに起きるだろう」といったそうだが、グリーンスパンはやっぱりあほだ。本性というのはどうやっても変わらないものだからこそそれを本性と呼ぶのだし、なにより、人間の本性を変えるのではなく(←それは無理)、お金に対する思考を変えなければならない、というべきだろう。本性は変わらないが、思考は変わる。しかも、結構、あっさり変わる。問題はみんなが変えなければ意味がないということである。政治と同様、経済はひとりの思想だけでは変わらない。みんなが参加しないと変わらない。ということで、今回、手にいれたリーマン兄弟の杯カップは、「お金、この思想なき妖怪」についてみんなで考える、「イルコモンズ・アカデミー2」(「ポリスアカデミー2」みたいだな)の教材として有効に使わせてもらいます。それまでは、素人の乱の店頭でみんなの「さらしもの」にしておいてください。アカデミーを再開したら、とりにゆきます。ということで、ジンバブエの経済がもとにもどるまで、「お金はあとまわし」ということで、どうかよろしく。

以上、「もの好き」が「天職」の、イルコモンズより(はぁと

-----------------------------------------------------------------
[追記] ところで、もの好きな元・現代美術家でもあるイルコモンズの目には、素人の乱のショウケースにおかれた、一兆ドルで売約済みの札のついたリーマン・ブラザーズ・カップが、ポスト金融恐慌時代の現代アート作品にみえてしまうのは、目の錯覚だろうか。ダミアン・ハーストならたぶんおもしろがるだろう。あるいは、もしヨーゼフ・ボイスが生きてたら、どう思っただろう?ヨーゼフならきっと、このカップでサパティスタの「革命コーヒー」を飲みほした後に、こういったはず。「うん、革命の味がする、これが私の望んでいたものだ、これが革命後の世界の味だ、おかわり、もう一杯!」と。

[追記] その「もの好き」は、今日は、代々木公園に「宮下公園のNIKE公園化」に反対するデモにゆきます。台風で水没したこの看板を、あらたにプラカードに仕立て直したものを持ってゆきます。天気が好いので、デモの後は代々木公園でピクニックをして、それからこの映画の夕べで、この映画をみます。

▼「現代独立映画の夕べ」
[日時] 2009年9月27日(日)
[場所] 文京区民センター2A

映画「Good luck, Comrades!」(《洞爺外傳》之 祝君安好
[監督] Fredie Chan Ho Lun
[撮影] Chow Sze Chung, Benny Chan Yin Kai
[制作] Toya7dogs (Hong Kong) 
65分 カラー 2009年 日本語字幕つき

d0017381_10532177.jpg
「七人の香港市民記者 たち」(a.k.a. "Toya7dogs")は、2008年洞爺湖サミットに対する抗議行動を取材するため日本を訪れる。彼らは成田空港の入管で不当にも一晩拘束され、香港のマスメディアの注目を浴びることとなる。しかし驚くべきことに街路での抗議行動はほとんど報道されることはなかった。この作品は"seven dogs"によるインディペンデントな記録であり、サミット開催地の内側と外側で起きた「二つの失望」を描いている。サミットの公式な会議ではグローバルな課題について意義ある回答を何も出せなかった。一方で活動家たちも大きな限界に直面していた。日本の強力で抑圧的な警備体制は国内外の活動家たちが共にその困難さを経験することでもあった。これらは楽観的であったりシニカルであったりする反グローバリゼーション運動の流儀とは全く別のもの―約束されざるものの体験であり、この作品は別の流儀で活動家たちが生まれていく瞬間をあぶり出していく。」

サミット直前のデモで逮捕されたせいで、行きそこなった現場、参加しそこねたデモ、見そこねた風景を見にゆきます。
by illcommonz | 2009-09-27 07:26
▼[経済]「リーマン・ブラザース・カップ、100億で売却」
d0017381_9423727.jpg【ニューヨーク 26日 共同】 「かねてより水面下で売却交渉が進められ、その行方が注目されていたリーマン・ブラザーズ・カップは、昨夜、日本時間の9月26日未明、「イルコモンズ財団」(総裁:イルコモンズ)が「素人の乱ホールディングス」(代表:松本哉)に、「これが当財団として払える最高額。これ以上は一円も払えない」として最終的に提示した「言い値」で取り引きされることなった。

両者の合意により、支払いはドル立てで行われることになり、総額100,000,000,000ドル、つまり、いちじゅうひゃく....100億ジンバブエ・ドルで交渉が成立。100年に一度の未曾有(みぞゆう)のハイパーインフレで、2009年2月以降、公式的には貨幣としての流通が停止しているジンバブエ・ドルだが、流通が停止される以前の闇レートで換算すると、100億ジンバブエドルの推定相場価値は、日本円にして、21えん。これはイルコモンズ財団がはじめに提示していた「言い値」である、10えんのおよそ倍以上の額である。ある関係者の話によれば、イルコモンズは「100億ドル紙幣で支払うと、それでもまだおつりがでるけど、まぁ、それは財団からの寄付として、とっといてくれたまえ。」と気前のよいところをみせたというが、すぐに「あれ?そういえば、あの100億ドル紙幣、どこにあるんだっけ、いま、どこにあるかわからないなぁ。。。」といい、それに対して松本は、「ああ、お金はいつでもいいですよ。とりあえず100億ドルもらった、ってことにしときましょう」と、さらに気前のいいマネーゲームぶりをみせたという。さらに別の関係者の話によれば、この取り引きの際、「円」に換わる、貧乏人の「反乱通貨」としての「なんとかドル」の創設計画が話し合われたという。今後の経済情勢にもよるが、いきなり最初から1円=100,000,000(一億)ドルというハイパー・インフレ・レートからスタートしたらどうか、その方が「景気がいい感じ」がして、なんとかコミュニティの地域経済を刺激するのでは、などという案が話し合われたという。もし、これが実現した場合、たとえば、イルコモンズの「貧乏農場」で収穫されたきゅうり一本あたりの取り引き価格は「50,000,000,000(50億)なんとかドル」、また、「素人の乱」で販売されている「一揆ゴザ」の価格は100,000,000,000(100億)なんとかドル」となる。さらに、ちびこもんずが描いたアート作品「ていこくのたそがれ」は1,500,000,000,000(1千500億)なんとかドル」となる。たしかにこれは景気がいい。」(「タイムアップ共同通信」2009年9月26日)

d0017381_94251100.jpg
[参考]
ジンバブエ・ドル(Wikipedia より)

▼「世界最悪水準、ジンバブエの超高額紙幣を写真で紹介」
http://news.livedoor.com/article/detail/3875135/
by illcommonz | 2009-09-26 09:47
▼2009年度後期の講義はいつもとすこし違います


d0016471_1291670.jpg▼「2009年度後期 文化人類学解放講座」

2009年度後期の「文化人類学解放講座」(別名「文化人類学2.0」)はいつもとすこし違います。昨年は、日本で「G8サミット」が開催されましたので、それにあわせて「世界のアクティヴィズム文化」の(異)文化理解に重点を置いた講義を行いましたが、今年は2008年9月15日のリーマン・ショック以後の、「もうひとつの可能性な世界」を考えることに重点を置いた講義をおこないます。「グローバリゼーション」を「グローバリゼーションに反対している人たちの視点や考え」の方からみてゆく、という基本方針に変わりはありませんが、今年はそれに加え、現在も続いている金融恐慌の原因となった「お金」というモノについて根本的に考えなおし、人類の「もうひとつの可能な生き方」について考えてみたいと思っています。

講義では、「ザ・ビッグワン」「ミッキーマウス、ハイチへゆく」「ジャマイカ・楽園の真実」「ザ・コーポレーション」「ナコイカッティ」など、毎年とりあげているドキュメント映画に加え、「おいしいコーヒーの真実」「女工哀歌」「ウォールマートの安い商品の高い代価」「神なら何か買うか?」、そして「エンロン」「マネー資本主義」「マネーマン」「エンデの遺言」などの映画を紹介してゆきます。また映画「リヴィングルーム」「素人の乱」「インサイド/アウトサイド」「レボリューリョンOS」「アザー・ファイナル」「ジュピターズ・ダンス」「おばさんたちが案内する未来の世界」なども紹介する予定です。

後期最初の講義は明日2009年9月26日(土)です。詳しくは「文化人類学解放講座」のブログをみてください。


by illcommonz | 2009-09-25 10:31
▼「なんとかフェス・ザ・ムービー」世界先行上映
d0017381_1333417.jpg
映画「なんとかフェス・ザ・ムービー」
[撮影・編集] 中村友紀 [出演] なんとかフェスな人たち 2009年 カラー

▼「なんとかフェス・ザ・ムービー」世界先行上映会
[日時] 2009年9月25日(金)19:00-
[場所] 東京・新宿 Cafe★Lavanderia
*入場無料
「月例の「TOKYOなんとか・パーティー (9月)」にて上映!トークや「なんとかDJs」によるDJもあり。フェスで壊れたスピーカーの修理代カンパも募る予定。よろしくです!」
by illcommonz | 2009-09-24 01:13
▼ねー、もー、
d0017381_0533596.jpg
よし、帰ろう。原稿をどうするかは、またあした起きてから、考えよう。
(と思ったら、もう電車がなかった、、、、、、ごめん、ちびこもんず。。。)
by illcommonz | 2009-09-24 00:56
▼友愛のあやうさ
d0017381_0231537.jpg「おお、わが友たちよ、
友がひとりもいない」
(アリストテレス)

「鳩山一郎はカレルギーと出会い、その友愛思想に感銘を受け、カレルギーの著作 『Totalitarian State against Man』 を 『自由と人生』(1952年)と題して自ら翻訳出版するほどだった。鳩山は翌年友愛青年同志会を結成し、この組織はのち日本友愛青年協会となり現在にいたる。また鳩山由紀夫の「友愛」思想も祖父一郎を介してカレルギ―の思想から影響を受けているともいってよい。」(「リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー」 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

たしかに「友愛」はうつくしい言葉ではあるけれど、だからこそ反対しにくく、また反対させないようにしたり、反対をふうじこめるという面も兼ね備えている。実際、「友愛反対!」などと云えば、それこそ頭がおかしいと思われ、悪者にされかねない。もちろん「友愛」は「敵対」よりいいが、政治家が「友愛」のような言葉をやたらと口にしはじめた時は注意した方がいい(それは「エコ」もまた然り)。利害が一致する同質的なもの同士が同質的なものたちだけで結ぶ「閉じた友愛」が必然的に仲間はずれやしめだしを生むという「友愛のあやうさ」については、デリダが「友愛のポリティクス」などで書いてるとおりだ。鳩山由紀夫が祖父一郎を通して、カレルギー伯爵からどんな「友愛」を学んだのか知らないが、はたして、その「友愛」に「他者」はふくまれているのだろうか。多くの友愛の政治に欠けているのはそれだ。「おお、わが友たちよ、ここは家柄のよい友たちばかりで、他者がひとりもいない」「おお、わが友たちよ、さぁ、この船にのりたまえ、これを飲みたまえ、これを食べたまえ、わが友愛のあかしに、わが友をまず優先しよう、他者はあとまわしだ」という友愛の政治はおそろしい。特に家柄のいい政治家が口にする友愛には-それが麻生の下品よりはましだとしても-くれぐれも気をつけよう。

とはいえ、鳩山幸はけっこう「他者」だったりするから、彼女がこんなふうに自由にのびのびと活動してるうちは大丈夫だろう。伝統的な価値観を重んじる人たちからはバッシングもあるだろうけど、「それはしちゃだめ、それは○○レディにふさわしくない、○○ファミリーらしくない」みたいな感じで考えや行動を制限したりして追い詰めるよりはずっといいと思う。

「幸夫人、日本人学校で「友愛」説く 首相の外交をサポート」
d0017381_7402020.jpg
こどもが、どうしていいのかわからず、かたまってるね。
by illcommonz | 2009-09-24 00:31
▼ちびったー
d0017381_2231317.jpg
こんにちは、イルコモンズ (illcommonz)さん。

ちびこもんず (minicommonz) まで、
あなたをフォローし始めました。

ちびこもんずさんのプロフィールはこちらまで:
http://twitter.com/minicommonz

ちびこもんずをフォローするために、
「フォロー」のボタンをクリックしてください。

ついったー

--
お知らせメールの受信を止めたい場合は、ここまでアクセスしてください
http://twitter.com/account/notifications
by illcommonz | 2009-09-23 22:04
▼Twitter に告ぐ
d0017381_12125152.jpg
にんげんに、うまれてきて、ほんとうに、よかった。かぞえきれないくらい、たくさんの、いいものを、みたり、きいたり、できて、ほんとうに、しあわせだ。つぎに、うまれてくるときも、また、にんげんに、うまれてきて、こんどは、みんなが、こんなふうに、つぶやける、いい、よのなかを、みてみたい。

以上、字足らず、字余りなしの、140字のつぶやき。よくもわるくも、むだがない、
そのきりつめられた感じが、きゅうくつだ、やっぱり、もっと、のびのびしたい。
by illcommonz | 2009-09-23 12:15