人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
<   2009年 09月 ( 71 )   > この月の画像一覧
▼[遺稿] リーマン・ショック以後の「拡張されたアート2.0」に向けて
d0017381_736647.jpg
 今朝、ボツにすることにした原稿は、この秋に開催されるヨーゼフ・ボイス回顧展のカタログ(ではなく、関連書籍でした)のために書いてたもので、内容は、「すべての人はアーティストである」というボイスの芸術論をじっくり再検討しながら、ボイスが「未来の芸術」として夢みていた「拡張されたアート」と「社会彫刻」が、ゼロ年代にはじまったいろんな社会・政治運動(「素人の乱」とか「246表現者会議」)の中で現在進行形で実現されつつある、ということをたっぷりレポートした同時代文化の民族誌。民族誌というのは、その現場で自分がみたこと・きいたこと・そして自分もいっしょにやったことをもとにして書く作文のこと。

 タイトルは、「すべての人はアーティスト=起業家である」????....ではなくて、「すべての人はアクティヴィストである~リーマン・ショック以後の「拡張されたアート2.0」に向けて」で、これは去年書いた「〈帝国〉のアートと反資本主義の表現者たち」「アクティヴィズムの回顧と展望―アクティヴィズム2.0に向けて」の続篇にあたるもので、「アクティヴィズム・アート」シリーズ三部作の完結篇になるはず、だったけど、あまりに長くなりすぎたので、ひとまず、ボツ。「クリエイティヴ・コモンズ・ライセンス 表示-非営利-継承 2.0 日本」をつけるはずだったけど、それもボツ。

 どう考えてもカタログには載りきらない量だから、いっそのこと自分でわらばん紙に印刷してカタログの付録として配るか。。。あ、いや、それよりも、ネットにオープン・コンテンツとして公開した方が「拡張されたアート2.0」らしくていいな。カタログにはテキストのタイトルとURLだけ載せる。そしたら1ページですむし、「クリエイティヴ・コモンズ・ライセンス」も活きてくる。照会先のサイトブログにリンクがはれるし、YouTube 映像にもアクセスしやすい。なにより、書き残していたことを書き足せる(←まだ書くつもりか)

・・・と、結構、本気でそう考えてるんですが、いかがでしょう?
これをみたら、イルコモンズまで、ご連絡ください。>カタログ担当編集者さん

また、このエントリーをご覧になった方はどなたでも結構ですのが、
この起死回生の案についてのご意見・ご感想をコメント欄にお寄せください。

------------------------------------------------------------
[追記] 参考までに「第一話」はこんな感じです。

■「現在の日本社会でのアートと政治の関係性についてのモデルケースや具体的な試み、
その可能性について小田さんの視点で論じていただければと存じます。」

●では、はじめに「現在とはいつなのか?」まずそれを考えることから話をはじめましょう。

▼第一話:「現在」

 今から一年前のことですが、ある雑誌の依頼で、「〈帝国〉のアートと反資本主義の表現者たち」という文章を書き、「アートと政治の関係」についてレポートしました。〈帝国〉というのは、A・ネグリとM・ハートが名づけたもので、旧社会主義圏の崩壊によって、「勝ち組」になった資本主義経済のルールと価値観が地球をくまなく支配する二十一世紀の「新しい帝国」のことです。「市場開放」や「構造改革」といった天下の大号令と共に出現し、みるみる巨大化していったこの〈帝国〉では、この世に存在するありとあらゆるものが商品になり、投機や投資の対象にされます。そこではアートも例外ではなく、安全で確実な投資対象を探していた富裕層や投資家たちにとってアート作品は格好の投機の対象となり、現物資産として次々に買い漁られてゆきました。著名作家の作品が史上最高額で落札されてゆく一方、将来の値上がりを見こんでアジアや日本の若手作家たちの作品も先物買いされてゆきました。その当時、「アート」という語でネットを検索すると、いつの間にか「富裕層のための資産運用」サイトにたどり着き、あまつさえそこではこんな記事さえ目にしたものです。(*01)

 「9・11米国同時多発テロ以降、アートは安全なアセット・クラスと認識され、世界の富裕層のセイフティー・ヘイブン(「安全な逃避港」すなわち、日本語で言うところの「最後の砦」)として機能している。「レバレッジを解消し、手仕舞いされた膨大な資金が安全を求めてCASHや債券、特に米政府短期証券に流れ込んでいる」のであれば、むしろ「この資金の一部は必ずやアート市場にも流れ込んでくるはず」と筆者は考える。」(「富裕層のための資産運用・YUCASEEマネー」より)(*02)

 こんな具合にアートも〈帝国〉のマネーゲームとそのマーケットに飲み込まれていたわけです。T・フリードマンは、グローバリゼーションのおかげで先進国と発展途上国が対等かつ公正に競争ができる場が生まれたと述べ、それを世界の「フラット化」と表現しましたが、J・スティグリッツが反論したように、現実には世界は決して対等でもなければ公正でもなく、それどころか、北半球と南半球での格差や、富裕層と貧困層の格差は、ますます広がる一方で、むしろ「世界という舞台で効率的に競争できる者とできない者との格差」の広がる「逆フラット化」現象が起きていたのです。(*03)

 (★イルコモンズより: いま、また、ものすごい勢いで、加筆修正(←こらこら、もう加筆するな、削除しろ)してますので、ここでいったんテキストをひっこめます、ご意見・ご感想ありがとうございました。このテキストをどう始末するかは、いま、担当編集者たちと鋭意検討中です)。
by illcommonz | 2009-09-23 07:44
▼とりかえしのつかないこと
d0017381_5343347.jpgをときどきするくせがある。
400字詰め原稿用紙20枚で
頼まれた原稿をいま書きあげ、
注釈と文献表もきっちりつけ、
「さて、何枚書けたのかな」と、
うきうきしながら数えてみたら、
140枚だった...
向こう見ずな情熱にもほどがある。
もうとりかえしがつかないので、
事情を話してボツにしてもらおう。


こういうとりかえしのつかないことをたまにするのもいいものだ。
とりあえず失ったものはなにもない、連休も終わった、明日からまた仕事だ。
ボツにする56,000字をどうするかは、いずれまた考えよう。
とりあえず、書けた、書けないかと思ってたものが、書けた。
最後まで書きあげることができた、それでもう十分。
この年齢になってもまだ常識はずれな情熱が
ちゃんと残っていたことが分かって、うれしい。
こういうとりかえしのつかないのが、生きたあかし。
こういうことがあるから、生きてるのは、おもしろい。

-----------------------------------------------------

「大学でよく講演をやっていた当時、わたしはこういった。「みなさん、芸術に手を染めなさい。どんなにまずくても、どんなにうまくても、それでみなさんの魂は成長します」と。みんなが芸術をやるのはそのためだ。有名になりたいからでも、金持ちになりたいからでもない。自分の魂を成長させるためだ。美術批評をいろいろ読んで不満を感じるのは、それがみんなから絵を描きたいという意欲を奪うことだ。ダンスの批評も、みんなから踊りたいという意欲を奪うことだ。それじゃ、いけない。だれもが絵を描くべきだ。やってみると、なかなか気分のいいものだしね。だが、批評家にいわせると、斬新でないとだめ。まるで芸術にも進歩が必要だ、といわんばかり。冗談じゃない、進歩をめざす必要はない。芸術は一種のいたずらだ、美術家はいたずら小僧だ。実際にはなにも起きてないが、彼らはみんなを感情的に反応させようとする。芸術をまなぶのは、自分のたましいを養なうためで、出世するとか、有面人になるとか、金持ちになるとかのためじゃない。あくまでも人生の過程だ。芸術は、食事や、セックスや、運動と同じで、成長に不可欠なものだ。それによって人間は自分が何者かを発見できる。以前のわたしはよく聴衆に議論をふっかけたものだが、いまはもうそんな機会もない。もしそんな機会があれば、こういうだろう。「今夜、ひとつ詩を書きなさい。それをできるだけいいものにしていく。四行、六行、それとも八行。できるだけいいものに。ただし、その詩のことはだれにも話さない。誰にも見せない。やがて、そして、これ以上にならないと満足したら、原稿をビリビリ引き裂いて、ほうぼうのゴミ箱へばらばらに捨てれば、自分の努力の完全な報酬を受け取ったことがわかります。」それが創造という行為であり、そこから大きな満足が得られるわけだ。」(カート・ヴォネガット「すべて成し遂げた後の憂鬱」)

ヴォネガットがいってることは本当にそのとおりだなと思う。
たしかに40字×1412行の分のたましいを手にいれた気分がする。
by illcommonz | 2009-09-23 05:38
▼メディフェス、国連大学ビルをハック
d0017381_4354297.jpgd0017381_4355263.jpg[写真]はらだゆきこ
「はーぴー日記」
より

「メディフェス:
野外会場の催し中止 
国連大前、
他イベントと重なり」

「メディア研究者らが実践報告や情報交換をするため、20~22日に都内で開く「TOKYOメディフェス2009」の実行委が19日、記者会見し、渋谷区の国連大学前で予定していたオープン会場を設営できなくなったと発表した。大学側と調整してきたが、農水省関連のイベントもあり、18日に大学側から会場使用を断られたという。連絡が不十分で準備が無駄になったとして、損害賠償の提訴も検討するとしている。「メディフェス」は04年から始まり、これまでに横浜や京都などで6回開催。今年は初の東京開催で、日本ジャーナリスト会議やアジア記者クラブなど約15団体の関係者で作る実行委が主催し、国連大学に隣接する東京ウィメンズプラザで、講演や映画上映、記事の書き方を学ぶ分科会などを開く。オープン会場では関係団体の展示などを予定していた。会見での説明などによると、実行委は6月下旬から国連大学と折衝。7月上旬に使用の申請書類を送付した。だが、「調整が難航している」との理由で回答が2カ月余り得られず、今月12日、農産物販売イベントと予定が重複していることに気付き、大学側に説明を求めたところ、28日に「(今年の使用は)難しいと伝えている。誤解を残念に思う」などとメールで回答があったという。農作物販売イベントは、今年度補正予算を受けて農水省の補助事業として開かれる。メディフェスの東京ウィメンズプラザでのイベントは予定通り行うが、オープン会場の設営ができなくなったことで、機材レンタル代など約130万円の損害を受けたとしている。実行委の白石草(はじめ)さんは「もっと早く知らされていれば会場変更を検討できた。公共性の高い国連大学がなぜあんなに返事を待たせたのか疑問だ」と不満を語った。国連大学の広報担当者は毎日新聞の取材に対し、「事情を理解するまで取材は応じられない」としている。」(毎日新聞 2009年9月20日)

ぷははは、こうしてみると、ベルナール・ビュッフェの絵みたいだね。それにしても、さすが、●●●●チーム、こういう場面になると、俄然、いい仕事するねぇ。これから国連大ビルの前を通るたびに、ぷっ、と吹きそうな気がする。
by illcommonz | 2009-09-23 04:51
▼怒りの大魔神、国連大学を逆襲
d0017381_854845.jpg
「メディフェス、オープン会場は、本来国連大学前の広場だったんですが、結局不誠実な国連大学側の対応により土壇場で、初日、農水省の余剰予算でやった的な産直イベントで使えず、今日と明日はなんの予定もないのに結局使えませんでした。私は運営スタッフでもなんでもないけど、その分のスペースの確保や振り替えがどんなに大変だったろうと思うし、こちらとしても青山通りを歩く人たちに見てもらえるの、楽しみにしてたんだけどなーと残念な気持ちでいっぱい。国連大学のショーウインドウには「生物多様性がなんちゃら」って書いてあったけど、農水省はよくてインディペンデントメディアは生物に入らないのかなぁ?と思ってたら、うわー!!!国連大学にでっかい「怒」の文字がっ!」
(はらだゆきこ「はーぴー日記」より)

あはははははははははははははははは、いいねぇ!やられたらやりかえせ。

上の写真に写ってる国連大学ビルの格子のファサードと「怒」の文字をみて反射的に、
子供の頃にみて、おそろしかった、映画「大魔神怒る」と「大魔神逆襲」を思い出しました。

d0017381_4533916.jpg
「おぉぉ、それ、みたことか、大魔神さまがお怒りになっておられるぞ!」
by illcommonz | 2009-09-22 04:57
▼わたしは反( )です、ハハハン・ハン
d0017381_21214583.jpg
上の写真はいま開催中の「メディ・フェス・トーキョー」の「ネオダダッコ」(c/o IRA)のブース。テーマは「反」だけど、「反」にもいろんな「反」がある。いろんな「反」がハハハン・ハンとあつまると、百花繚乱のこういう風景になる。しかも不思議と風通しがいい。色と文字のなせるわざだろうか。下はその「ネオダダッコ」の企画による緊急調査「あなたは反( )ですか?」

d0017381_21131969.jpg
d0017381_21133437.jpg
すがすがしくも、やさしくもなれないけど、この「反いじわる」なら自分に向いてると思った。平和や友好をただ願うより、こんなふうに「反」の表現や行動を遠慮なく外に出していった方が、たとえ世界はすぐに変わらなくても、世の中の風通しだけはずっと好くなるはず。なんだかやたらと上からの「禁」ばかりがふえて、下からの「反」を言い出しにくい、「反」をきらう空気すらある社会では、特にそうだ。人をのびのびさせるこういう下からの「反」をみてるのはそれだけでもたのしい。クレヨンしんちゃんが、ハハハン・ハンと、とそうしてみせてくれたみたいにね。

d0017381_21532453.jpg
「おら、そんなのまっぴらゴメンだぞ~い」 (のはらしんのすけ)
by illcommonz | 2009-09-21 21:25
▼「スターノーウォーズ エピソード4/希なる希望」

▼「スターノーウォーズ エピソード4/希なる希望」(2009年 米国)
 (原題="What If Star Wars Was Made By Environmentalists?")

 遠い昔、はるか彼方の銀河で...

 これはダース・ヴェーダー率いる

 帝国企業軍の非人道的かつ残酷な

 宇宙環境破壊に対し、

 勇敢に立ち上がった

 宇宙環境保護同盟軍の、

 非暴力を原則とした

 市民的不服従による

 抵抗運動の物語である。


[解説]
これは映画「スターウォーズ エピソード4」の原案をジョージ・ルーカスではなく、環境保護活動家が書いていたら、はたして、どういうものになっていただろうか、という空想に基いて制作されたムービーである。

[あらすじ]
宇宙環境保護同盟軍の、政治的に義しく、美しい宇宙環境への愛と善意にみちた、その抵抗活動の末に、彼/女ら同盟軍を待ち受けていた結末は、まさに驚くべき、だが、お決まりの結末であった...

と、そんな感じのクリティカル・ムービー。監督はフランクリン・ロペス、ホスト役は環境保護ライターのデリック・ジェンセン。冒頭部分でのジェンセンの、微妙な身のそらし具合やあまり気の入らないナレーションに、「思いつき自体は、そんなにわるくないんだけど、でも、これ、ちょっとハズしてるんじゃないのかな...」という無言のコメントを感じる。ともあれ、こういうムービーがつくられたり、また、それをめぐって意見を交わすことのできる運動の環境があるところはいいなと思う。自然環境も大事だが、こうした運動をとりまく環境ももっと保護されてよいと思う。それと、いつもよくわからないな、と思うのは、絶滅の危機に瀕してる野性動物や森や緑にはあんなに関心が集まるのに、いまそこで絶命の危機に立たされている人たちや公園に関心が集まりにくいということ。なんかへんだなぁ。それともテレビ・ドラマ仕立ての感動ストーリーがないとだめなのだろうか。ブームとしてのエコも、ブームとしてのエコから身をそらしたエコも、ふと気づくと、それを同じくらい遠い目で見てることに気づくときの、あの距離感の感覚はなんだろうと、いつもそう思う。
by illcommonz | 2009-09-21 19:12
▼愚かなる国政の碑
d0017381_1351062.jpgこれが「無駄の象徴」だとしたら、
「よし、きた、アートの出番だ!」
ということで、もういっそのこと、
耐震補強工事だけきっちりやって、
「利権政治の国家的モニュメント」
あるいは「金にまみれたアースワーク」
として永久保存したらどうだろう。
そしてプレートにはこう記すとよい。

「過ちは二度とくりかえしません」
 自由民主党および関係者一同
by illcommonz | 2009-09-21 13:05
▼試験に出ないイルコモンズ問題集:芸術篇
d0017381_1237229.jpg【問1】芸術とは何か、
次の中から選びなさい。
①アンフェタミン
②セルロース
③プロザック
④ステロイド
⑤ストレプトマイシン
⑥ノーシン
⑦プラシーボ
⑧バイアグラ
⑨サリン


【問2】上で選んだものをもとに、反-芸術とは何かを140字以内で論じなさい。
..........................................................................
..........................................................................
..........................................................................
by illcommonz | 2009-09-21 12:38
▼・・・・


生きることはつくること。
そういえば、最近、ものをつくってないなぁ。
胸の奥のあたりにポッとちいさな火がともる、
あの感覚が恋しい工作男子。
今日も切った張ったで日が暮れる。
わが天職はいまいずこにあらんや。
(なんだそりゃ?>狂えば狂うほど調子がよくなるイルコモンズ)
by illcommonz | 2009-09-21 07:30
▼億万長者への道から急カーブをきったところにある、その名は
d0017381_0392883.jpg[画像] タカラの「人生ゲーム(第一版)」より

[おわび] かねてより、各方面の方々から、mixi アプリ「みんなの農場」や「サンシャイン牧場」に、お誘いをいただいておりますが、参加することができず、もうしわけありません。実はこの春より自宅の庭に開拓しました、リアル「イルコモンズ貧乏農場」におきまして、「億万長者への道」から急カーブをきったところにある、「もうひとつの世界」で生きる仕合せを考える実験を行っておりますので、とてもアプリまで手がまわらない状況です。せっかくお誘いいただいたのに、まことに恐縮ですが、どうぞご理解とご容赦願います。(イルコモンズ)

------------------------------------------------------------

d0017381_143776.jpg[追記] いま、ちょうど第一期の収穫が完了したところで、米モンサント社が開発した「ターミネーター・シード」に対抗する「オリジネーター・シード」を開発しているところです。うまく自家採種して、育種できたら、「アヴァン・ガーデニング活動」に無償提供したいと考えていますので、アクティヴィストの方で、種をご希望の方はお知らせください。種名は、提供の際にお伝えしますが、あまり市場にまわってない、日本に昔からある在来種で、環境によって異なりますが、だいたい1メートル20~50センチくらいまで成長します。獲れた実は、しょうゆをつけて、よく焼いて食べるとおいしく、一本でおなかいっぱいになります。アフリカにいた時はこれに近い品種のものを主食として毎日食べてました。
by illcommonz | 2009-09-21 00:45