人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
<   2009年 09月 ( 71 )   > この月の画像一覧
▼1951年版「レイダーズ・失われたアーク」予告篇+映画評

▼1951年版「レイダース・失われたアーク」予告篇
(Raiders of the Lost Ark (1951) Trailer)
[出演] チャールトン・ヘストン、グレゴリー・ペック、ピーター・ルーリー、
     ニコール・モーリー、アンソニー・クインほか豪華キャスト
[音楽] ジョン・ウィリアムス
[配給] パラマウント映画社
アメリカ、1951年、モノクロ

「この予告篇は、あらゆる点で、すばらしくよくできたフェイク、ではあるが、過去の映像の自由な使用の上に築きなおされた、このクリエイティヴかつクリティカルな予告篇は、以下のことが、虚偽ではなく真実なのだ、ということを我々に気づかせてくれる。

クリエイティヴなものはつねに過去の上に築かれる」(クリエイティヴ・コモンズ)

おそらく次の世紀には、今日の我々が持っているような古くさいコピーライトの考え方は、人類の「失われたアーク」となるだろう。」

評=★★★★★

イルコモンズ「失われたアークとコピーライトの未来」
(「ニューヨーク・タイムス」1951年9月17日号より無断転載)

-----------------------------------------------------
[追記]

▼1954年版「ゴースト・バスターズ」予告篇
Ghost Busters (1954) Trailer
http://www.youtube.com/watch?v=kAboGO9MDsQ

▼1949年版「フォレストガンプ」予告篇
Forrest Gump (1949) Trailer
http://www.youtube.com/watch?v=ab-pU7cXFAs
by illcommonz | 2009-09-17 07:45
▼カリフォルニアの青いバカとラップとッぷパソコン

▼「Guy Catches Laptop With His Butt」

これをみて、昔、みらうじゅんが「大島渚」名義でうたってた「カリフォルニアの青いバカ」という曲を思いだした。(元ネタはA・ハモンドの「カリフォルニアの青い空」)それを聞きながら、みると、もっとたのしめる。

(提供) MSi 社の、すっきり、かっこいい、ラップとッぷパソコン
d0017381_614795.jpg
by illcommonz | 2009-09-17 06:03
▼〈帝国〉のたそがれ~リーマンショック以後の世界:素人の乱篇
d0017381_5182012.jpg「リーマンショックの影響が
ついに素人の乱へ波及!」

「去年、見事に倒産を果たし、世界を震撼させた“リーマンブラザース社”。なんと、そのマグカップとバスタオルがどんな紆余曲折を経たのか、当店に流れ着いてきました!!しかし、これはレア!歴史に名を刻んだ連中のグッズをキミも手に入れよう!値段をつけかねるので、どうしてもほしい人は店主まで!」



(松本哉「リーマンショック、ついに高円寺に上陸!!」(2009年9月17日)

「リサイクルショップ・素人の乱5号店 & 浦野商店」からの衝撃のニュース。
さっそく店主にメールしました。革命的価格の10えん、でどうですか?
これでサパティスタの「革命コーヒー」を飲んでみたい。
by illcommonz | 2009-09-17 05:21
▼〈帝国〉のたそがれ~リーマンショック以後の世界:現代アート篇
(その1)
「日本以外のギャラリーの回答:2. マーケットの状況」
d0017381_618186.jpg
「日本のギャラリーの回答:2. マーケットの状況について」
d0017381_6183468.jpg
「100%減」ってのがすごい。リーマンショック以前のアート・ビジネスがなんだったのかが、これでよくわかる。アートシーンが好調だったのではなく、好調な投機マネーがアートに流れ込んできてただけのことだったのだろう。「売り抜け」できた作家やギャラリーはよかっただろうが、バチもんをつかまされた投機家やコレクターは気の毒だ。これから美術史のなかで、「リーマン時代のバブルアート」という"しるし"をつけてみられる作品がでてくるのは必至である。ドリーム・イズ・オーバーである。これにこりて、まっとうなアートがリバイバルすることを願いたい。

以上、「美術手帖」ではなく、「ARTit」によるアンケート結果でした。
................................................................................

(その2)
d0017381_23123888.jpg
「GEISAI#13@三芳」
「場所はカイカイキキの新しい工場、埼玉県三芳町。コンセプトby『節約してでも開催するぞ!』です。とにかく金のかからないようにしていままで出続けて来た大大大赤字に歯止めをかけ等身大のGEISAIに戻る、、、と。GEISAI♯1は全部手造りでした。いろいろ文句言われたけれど、でも、全身全霊でやって、次、又次!と繋げて来ました。いままで、出来る限りのウェルメイドなオーガナイズや他イベントとは違ったクオリティを目指して来ましたがアートバブルもクラッシュしましたし、無理が出来なくなりました。なので、、、元に戻って手造りでやろうと。出展料金はあんまり変わりませんが、今までが過剰品質だったので、その辺はご理解の程、お願い出来れば有り難いな、、、と。大赤字が赤字になるだけっちゃあ、それだけなのですが、、、。。。今回は審査員、いません。そして、出展ブース数は約200ブースのみ。だから、ここからのデヴューはあくまでも本人達の発信力。どうですか?全く違ったGEISAI。「死ぬまで芸術やりますか?」=「Yes we can ! もちろん!!」どんな境遇でもやり続ける事。人間の表現の根源を問う、今回のGEISAI。あえて、ナンバーズとしてみました!みなさん、いかがでしょうか???」(ちあまん - 村上隆)

結果として、「芸術起業論」は「持続可能なアートフォーム」ではなかったということか。
とにかく状況は一転した。GEISAIの方には、いちおう、がんばれ、と、いってみるけど、
みなさんは、いかがでしょうか?(あなきすと - イルコモンズ)
by illcommonz | 2009-09-16 23:17
▼このまましばらくお待ちください

▼フレディ・ビー4「君の瞳に恋してる」

邦題は「君の瞳に恋してる」、原題は「Can't Take My Eyes Off You」、直訳すると「君から目がはなせない」、たしかに気味がわるくて目がはなせないデイヴィッド・リンチ映画の原風景的な映像。ダークな「ペイトンプレイス物語」的世界。アメリカン・スウィートなこわれもの。

-----------------------------------------------------------------
[参照]
▼twin peaks dancing
http://www.youtube.com/watch?v=36_vlZha7bg
▼MOVIE : BLUE VELVET
http://www.youtube.com/watch?v=fQA0OWJiios
▼Dean Stockwell and Dennis Hopper
http://www.youtube.com/watch?v=-CSoWg3nBeU
▼Twin Peaks: The Black Lodge
http://www.youtube.com/watch?v=e9HN4zSriDs
by illcommonz | 2009-09-15 12:52
▼このところ、なんだか、めっきり、
d0017381_7503827.jpgブログの量がふえたのは、
原稿がちっとも前に
進んでないからで、
話がすぐ横や斜めに
ドリフトしていって、
コースから外れた部分が
ブログに化けてます。
もともと分散思考型ですが、
ブログを書くようになって
ますますそうなってきました。


「うはは、なんだ、こりゃ?なんなんだこの散らかりっぷりは?ここはゴミ屋敷か?いいかげん、このへんでなんとかしないと、衛生局がくるぞ!」というところまできてはじめて、整理好きの人格があらわれ、「よしきた、まかせとけ、ほほいのほいほい」っと、原稿を片付けてくれるのですが、どうも最近、登場がおそくてこまってます、と書きながら、なぜか、いま、西条八十の詩のことを考えてました。「母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね?」というあれですが、そしたら今度は、マイケル・ナイマンの「妻と帽子と間違えた男」のことを思い出してましたとさ。……と、まぁ、だいたい、いつもこんな調子なわけです、うはは、たしかに、こりゃひどい。
by illcommonz | 2009-09-15 08:36
▼昔からよく、
d0017381_7222845.jpg「恐怖はつねに無知から生まれる」
(ラルフ・エマーソン)

というので、500ページ近くある
この本を、かなりとばしながらも
ざっくり読んでみた。

▼アルフレッド・クロスビー
「史上最悪のインフルエンザ
~忘れられたパンデミック」
(みすず書房)

そしたら、ますます不安になってきた。でも、そういう不安につけこんで、ろくなことをしかねないのが国家や企業なので、くれぐれも気をつけよう。ちなみに、この本でいちばんこわかったのはやはり、大都市でのインフルエンザの蔓延が「グラン・ギニョール的カオス(=グロテスクで猟奇的な地獄のような混沌)」をひきおこすところ。都会はおそろしい。あと、おかしかったのは「反マスク同盟」。
by illcommonz | 2009-09-15 07:37
▼エマニュエルとメイヤー
d0017381_73638.jpg
▼リーマン・ブラザース

ものごとをいろんな角度からながめてみるのが好きなので、
リーマン兄弟の肖像写真をみてみた。この写真をみるかぎり、
当の兄弟はそんなに強欲そうな人間にはみえないのだが、
いつから、どこで、どうなって、ああなったのだろう。
by illcommonz | 2009-09-15 07:11
▼イルコモンズ版「工作者2.0宣言(β版)」
--------このへんから----------

d0017381_2242791.jpg
ネットをながめながら、こう考えた。
(C)に働けば角が立つ。
エコに棹させば流される。
アートを通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。
住みにくさが高じると、
安い所へ引き越したくなる。
どこへ越してもネットがあり、
ネットでシェアできると悟った時、
ギフトエコノミーとコモンズの工作がはじまる。

イルコモンズ版「工作者2.0宣言(β版)」

---------このへんまで--------

【名称】 「工作者2.0宣言(β版)」 ver.9.09
【分類】 オープンソース・コンテンツ
【仕様】 青空文庫版「夏目漱石「草枕」」をソースにコンテンツを改変。
【帰属】 排他的・独占的コピーライトなし
「クリエイティヴコモンズ・ライセンス 表示-非営利 2.1 日本」対応
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
【備考】 文章の改変・翻訳・リミックス推奨

[警告] この記事の無断転載の禁止を禁じる。

------------------------------------------------------
[追記] 漱石のオリジナルはさらにこう続く。

「人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣りに、ちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は、人の世よりもなお住みにくかろう。越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容(くつろげ)て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降る。あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。」

これにはまったく異論がない。アートって本来そういうものだったはずだ。ひとにぎりの金持ちやコレクター、クライアントや投機家たちのあいだで売り買いされてよいものではない。いつも「ただの人たち」のあいだにじっとあって、人の世をのどかで、くつろいだものにし、人の心を解放し、ゆたかにしてゆくものだ。アートをビジネスにするな、とはいわないが、村上隆のように、新自由主義的なビジネスモデルやブランド化戦略をアートに持ち込むことで失われてしまうのは、この尊さだ。
by illcommonz | 2009-09-13 22:46
▼[TIPS] コモンズのバンデミック

▼[YouTube] 「H1N1 S-OI」
「科学者らが、新型インフルエンザ(A/H1N1型インフルエンザ)標本の突然変異を分析する作業を通じて、パンデミックが発生する日までの動きをほぼ完全に再現したというモデルを作成した。「これは、ウイルスの空間的な拡散に関して、これまで目に見えなかった情報を明らかにするのに役立つ」と、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の生物数学者、Marc Suchard教授は言う。このモデルは、「流行が拡大していく過程を知る手助けとなる。基本的な流行過程を突き止め、将来それを応用できるようになるだろう」とSuchard教授は語った。」(「WIRED VISION」2009年9月11日)

このようにインフルエンザ・ウイルスが、音もなく地球にひろがってゆく、そのおそらく何万倍もの速度と範囲で、コモンズが地球にバンデミックするだろう。解放された音楽とともに。誰かこの映像に音をつけてみませんか。暗い現実をひっくりかえすような、とびきりファンタジックな音楽を。
by illcommonz | 2009-09-13 22:38