Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2010年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧
▼生きた彫刻、警備する彫刻

▼「緊急抗議アクション告知/宮下現代彫刻の森」

AIR編「宮下現代彫刻の森」[作品図録]
 ・「泳げないものは溺れろ」(2010年)
 ・「象徴資本の独占」(2010年)
 ・「オルタナティヴの回路」(2010年)
 ・「マスメディアは真実を暴露しなかった」(2010年)
 ・「沈黙の労働」(2010年)
 ・「公共性の構造転覆」(2010年)

 「ギルバート&ジョージは「あらゆるものが彫刻である」という発想から「生きた彫刻(Living Sculpture)」を考案し、ロンドン市内にある美術学校などで実演。さらに「歌う彫刻(Singing Sculpture)」を「ハプニング」のパフォーマンスとして昇華させ、これが話題となる。(...) 彼らの作品は、決して"愛でられる"ものではありません。不気味で下劣で脅迫的で不快感を催すものかもしれません。しかし、アートを体現しているものなんですね」(ピースフル・アート・ランドびそう「ギルバート&ジョージ」より)

d0017381_04733.jpg 「僕たちは、美なるものと、豪奢なる幸福と、新たな悦びの愉楽と、子供たちの笑い声と、色彩の調べの甘い喜びと、形態の甘美からなる世界と、より新しく、より良き世界の感性と意味からなる世界と、胸の張り裂けんばかりの悲嘆という妙味なる災禍や、へどが出るほど嫌で嫌でたまらないこの世界の完璧からなるひとつの世界、そして、全世界が美の殿堂となることを、夢見ることにした」(ギルバート&ジョージ)
 かたや、公園の森で、彫刻と化した警備員たちはなにを夢見ているのだろう。
[PR]
by illcommonz | 2010-09-22 00:10
▼【通達】「フェンス封鎖に反撃」
d0017381_347673.jpg
▼「宮下公園を取り戻せ! 1000人大包囲行動」(仮称)
[日時] 2010年9月23日(祝)13:00
[場所] 東京・渋谷 宮下公園大階段

▼「宮下公園を取り戻せ! 緊急デモ」(仮称)
[日時] 2010年9月26日(日)13:00
[場所] 東京・渋谷勤労福祉会館または神宮前公園集合

「渋谷区は、不当な公園封鎖に続いて、本日16日、公園の「守る会」の物件について除却の命令を出してきました。渋谷区による公園封鎖に断固抗議し、渋谷区とナイキジャパンによるNIKEパーク化を阻止するために、23日、26日と連続的にアクションします。みなさんの熱い支持と結集をよろしくお願いします!!!」

※詳細が決まり次第、続報したいと思います。ブログにも注目してください。
http://minnanokouenn.blogspot.com/
..........................................................................

[追記] カウンター・グラフィックス

d0017381_41439.jpg
▼はーぴー日記「パブリック・エネミーはどっちだ?」

d0017381_349228.jpg
▼IRA Blog 「バイバイNIKEグラフィックス (by チームA3)」
[PR]
by illcommonz | 2010-09-17 03:51
▼ナイキ2010キャンペーン
d0017381_3524366.jpgクリックで拡大
 WE SHUT MIYASHITA PARK
 夜ハ ワタシタチノモノダ 
 街ハ ワタシタチノモノダ
 Nike+ Shibuya Ward Office

---------------------------------------------
[参考] 今朝の新聞(2010年9月16日)
A:現場での取材にもとづく報道
▼「ナイキ命名権取得の宮下公園 占拠の反対派、締め出しへ 渋谷区、一部閉鎖」
「スポーツ用品メーカーの「ナイキジャパン」(品川区)が渋谷区からネーミングライツ(命名権)を取得し、「宮下NIKEパーク」として生まれ変わる予定だった区立宮下公園に、計画に反対する団体がオブジェを置くなどして工事が始められない状態が続いている。このため区は15日、公園出入り口の一部を閉鎖。さらに、オブジェなどの撤去に乗りだす方針を打ち出した。区によると、区は平成21年8月、宮下公園の命名権を年1700万円で譲渡する契約をナイキと結んだ。契約期間は10年間。ナイキは公園を「宮下NIKEパーク」として、スケートボード場やクライミング施設、エレベーターなどを整備する予定だった。しかし、22年4月から、"ナイキ公園化"に反対する団体が、公園の占拠を開始。テントや傘などを使ったアートと称するオブジェを設置した。反対団体の一つの「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」の小川てつオさんは「公園をナイキの宣伝媒体に使うのはおかしい」と話している。園内にはゴミがあふれ、樹木の剪定(せんてい)もできないために区は15日、公園の9カ所の出入り口のうち7カ所を閉鎖。残る2カ所については警備員を配置する措置をとったという。区は「伸びた枝が今後、台風などで落下する事故の可能性も否定できない。区としては見過ごせない」とし、反対派がオブジェなどを撤去しない場合は、強制撤去など法的措置も辞さない構えだ。公園には、かつて数十人のホームレスが寝泊まりしていたが、“ナイキ公園化”が決まって以降、区が自立支援や就労支援を行い、現在は4人に減っている。区はホームレスについては「無理に退去してもらわず、警備員のいる出入り口のほうで出入りしてもらえたら」としている。」(産経新聞 2010年9月16日)

▼「渋谷区が宮下公園封鎖、改修着工視野、反対派締め出し」
「JR渋谷駅近くの東京都渋谷区立宮下公園の整備計画に反対運動があり、着工が遅れている問題で、区は15日、「反対団体の不法占拠で荒廃した公園の機能回復のため」として、公園を封鎖した。公園内の反対団体は締め出され、「話し合いもなく横暴」と区側に抗議した。区によると、封鎖の直接の目的は、台風シーズンを前に、樹木の剪定やごみの除去などに一週間程度、取り組むため。だが、「続けて今月内にも着工したい」(土木部)としている。区は同日早朝、民間業者を含め約120人で封鎖作業に当たり、当時園内にいた反対団体メンバーら数名を外に出した。閉鎖後、反対する約60人が抗議活動を行った。区は同公園の命名権を大手スポーツ用品メーカー「ナイキジャパン」に売却しており、当初は同社の負担による改修工事を昨年9月に着工し、今年5月に再開園する予定だった。」(東京新聞 2010年9月16日)

B:渋谷区からの発表と情報にもとづく報道
▼「渋谷・宮下公園、立ち入り禁止にー区、再整備計画」
「渋谷区は15日、渋谷駅近くの区立宮下公園を立ち入り禁止にした。同公園は、スポーツ用品メーカーのナイキジャパン(東京都品川区)が昨年8月に命名権を取得し、約4億円をかけてロッククライミングが体験できる施設などを整備する計画だったが、これに反対する団体が公園を占拠していた。区によると、当初は昨年秋に着工し、今年春のオープンを目指していたが、当時、園内にいた約30人のホームレスを自立支援施設などに移すのに時間がかかったうえ、4月からは「団体による不法占拠のため、着工を見合わせてきた」(区土木部)。今回の措置は「この間、園内樹木の切り込み作業ができず、JR山手線側へ枝落ちや倒木の恐れが出てきた」(同)ことに伴うもので、今後は団体の設置物の強制撤去も検討し、早ければ月内にも再整備にこぎ着けたい考えだ。」(朝日新聞 2010年9月16日)

▼「宮下公園出入り口封鎖ー渋谷区、再整備反対派の占拠受け」
「渋谷区は15日、渋谷駅近くの区立宮下公園の出入り口を封鎖し、立ち入り禁止にしたと発表した。同公園はスポーツ用品大手「ナイキジャパン」が昨年8月10年契約で命名件を取得し、「宮下NIKE(ナイキ)パーク」として再整備されることが決まっているが、これに反対する団体が公園内にテントを張るなどして一部を不法占拠する事態が続いていた。封鎖に踏み切った理由について、同区は、「不法占拠で公園の木の手入れも出来ず、ゴミが散乱するなど、治安、衛生上も好ましくない」と説明している。区によると、この日、公園内にはホームレスの男性が3人おり、職員が公園を出るよう説得。公園内には反対する団体が設置したテント4~5張りが残っており、同区では、今後、テントの強制 撤去も検討する。」(読売新聞2010年9月16日)

▼「宮下公園:一部閉鎖 渋谷区、整備へ、緊急の対応」
「渋谷区は15日、区立宮下公園(同区神宮前6)の一部を閉鎖したと発表した。公園は同日から、使用できなくなった。同公園は区がスポーツメーカー「ナイキ」に命名権を年間1700万円で売却(10年契約)。新名称を「宮下NIKEパーク」とし、同社側が整備費用を出して今年4月から改修を行う予定だったが、市民団体の反対で着工を見合わせている。区によると、公園内には路上生活者数人が生活するほか、市民団体の張ったテントなどがあるという。閉鎖したのは公園の出入り口9カ所で、うち2カ所は門扉を取り付けた。公園内に残っているテントなどの撤去を呼びかけるとともに、路上生活者には区の自立支援施設への入居を促している。区は「公園の荒廃が目にあまり、緊急の対応として部分閉鎖を実施した」と話している。」(毎日新聞 2010年9月16日)

d0017381_410398.jpg
[PR]
by illcommonz | 2010-09-16 03:57
▼強制排除、公園封鎖、立入禁止、NIKE JUST DID IT
d0017381_17454735.jpgクリックで拡大
「9時01分。東京都渋谷区宮下公園。ナイキにネーミングライツを売却するとしながらも情報が公開されず、実質上、公用地である宮下公園が売却されるとして、3月より占拠・抗議を続けていた活動家が午前9時警官隊によって強制排除される。

宮下公園、公園出入口を全部封鎖。作業員、整備員、公安、総勢100名以上か。当分の間利用禁止の立て札。中に入れない状態、との情報。

d0017381_17462054.jpg
けが人や逮捕者はいないようです。

宮下公園封鎖に対し抗議行動が行われます。本日2010年09月15日(水)14:00/宮益坂下ビックカメラ前集合。打ち合わせした後、抗議。」
(Twitter#miyashita より)

d0017381_17464329.jpg
「全面封鎖に抗議」(2010年9月15日15時現在)

「宮下公園立ち入り禁止 渋谷区」
「東京都渋谷区は15日、JR渋谷駅近くの区立宮下公園を立ち入り禁止にした。同公園はスポーツ用品メーカーのナイキジャパン(東京・品川)が昨年8月に10年契約で命名権を取得したが、これに反対する団体が一部を不法占拠している。公園は区や同社が再整備して来年春にも再オープンする予定で、立ち入り禁止は「整備のため」(渋谷区)としている。区によると、公園内には反対する団体が設置したテント4、5張りがあり、今後、強制的な撤去も検討する。15日、テント内は無人で、目立った混乱はなかった。」(日経新聞 2010年9月15日)

............................................................

NIKE JUST DID IT、今日、ナイキがついにやった、強制排除と公園封鎖、そして立入禁止を。まさにこの広告どおり、看板にいつわりなしである。

d0017381_18121329.jpg
これはおわりではなく、はじまりである。そう、おどろくべき「ナイキの地域貢献・社会貢献」のはじまりである。

d0017381_18141649.jpg
▼「ナイキの地域貢献・社会貢献」
 「上の写真を見ていただきたい。これは、2008年2月にナイキジャパンから渋谷区に示された提案書に添付された宮下公園の想定図である。(制作はアトリエワンとナイキジャパン)明治通りから公園に向かう大階段のあたりの図である。いわば、宮下公園の表玄関というべきところに、巨大なナイキの広告が飾られている。(10m×10m以上が3面)。しかも、この現在の管理事務所を建て直したコミュニティスペースの2F部分の内部は、「NIKEイベントスペース」と称して、占有させてくれという、とんでもない提案をしている。都市公園条例でも、「広告の表示」は禁止されているのに、そんな基本的なことさえまるで無視している。

 さらに驚くべき提案内容がこれだ。

d0017381_18151379.jpg
 「弊社に対し、他者の実施するイベントに対する内容の事前確認と
 承認・否認の権利をいただけますと幸いです。」

 公園で行うイベントについての拒否権をナイキにください、、、公園でのイベントや集会の内容まで、采配させてくれ、と書いている。いかに、ナイキが、公園の公共性に鈍感で、公園をナイキ専用の広告スペースにすることに貪欲かを示している。」(みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会「ナイキの地域貢献、社会貢献って???」より)

 いよいよ「ナイキ主義」の時代がはじまる。「ナイキ主義」とはなにか?それはこうである。

d0017381_18205469.jpg
 払えないものは来るな 泳げないものはおぼれろ
 持たないものは買え 走れないものはどいてろ 
 NIKE

 具体的にはこういうことだ。


▼ファビアン・ブランシン「座るなら払え/民営化された公園ベンチ」
 (PAY&SIT:The Private Bench)

 渋谷区の職員によると、公園を封鎖するフェンス設置の理由は「樹木の伐採とゴミの整理」のためらしい。別にフェンスがなくたって、伐採や掃除はできそうなものだが、ことによると、見られたくない作業があるのかもしれない。たとえば、昭和の歴史をひもとくと、こういう史実がみつかる。

 「1972年11月14日イギリスから樫の木、フランスからライラックなど、世界18カ国の大使館から寄贈された樹木が、渋谷・宮下公園に植えられる。」(「今日は何の日/忘れられない今日がある」より)

 植えられてからかれこれ40年近く経つので、今ではさぞや大きな樹に成長しているはずだ。このグリーン・エコロジーの時代に、渋谷区は、かつて国際親善のために贈られたそんな樹木を、ナイキのビジネスのためにばっさりと切りすてるわけだ。「寄らば大樹」のなんとかではなく、寄らば大企業ということか、渋谷区。

d0017381_20434454.jpg

----------------------------------------------------
[関連サイト]
▼A.I.R Miyashita Park / 宮下公園 アーティスト・イン・レジデンス
http://airmiyashitapark.info/wordpress/
▼「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」
http://minnanokouenn.blogspot.com/
[PR]
by illcommonz | 2010-09-15 12:15
▼ロウ・カーボン・クラッカー
d0017381_5443789.jpg
ラマダーン明けの新月がみえなかったので、今夜は家で手づくりの「ロウ・カーボン・クラッカー」を焼いてみた。主成分は「おからの粉」と少量の「大豆の粉」、そしてオリーブオイル、それにごく微量のベーキング・パウダーと適量の黒ゴマのみ。つまり、糖質の高い「小麦粉」をほとんど使わない、リアル低炭水化物クラッカーである。ひとは小麦のパンのみにて生きるにあらず、大豆のおかしにて生きのびる者もあり、である。素材はミニマルで質素だけど、塩、胡椒、生姜、にんにくを生地にねりこんだので、味はしっかりついてる。ただ、おからも大豆もすこぶるまとまりがわるいので、生地づくりにはとにかく苦労した。練って練って練ってまた練って、それでもボロボロとくずれてしまう生地を、なんとかこねあわせながら型をぬくまでの工程は、料理というより、ねんど工作みたいだった。さすがに今度つくるときはグルテンをすこしだけいれようと思った。ちなみにホットケーキとお好み焼き以外の粉モノを焼いたのは、このクラッカーがはじめてである。レシピもなければ、オーブンの使い方もろくに知らず、右も左も(前も後ろも)分からない状態でやったにしては、まずまずの出来だと思う。去年のあの極寒の冬をストーブなしで、今年の炎暑の夏をエアコンなしで、なんとか生きのびたので、「自宅をスクワッティング」するオルタナティヴな「住」の実験は、ひとまずこのへんにして、この秋はオルタナティブな「食」の実験をやってみようと思う。そう、もうひとつの暮し/衣食住はいつでも/とっくに可能である。

d0017381_545114.jpg
[PR]
by illcommonz | 2010-09-11 06:06
▼暦の上ではイドゥ・アル=フィトル
d0017381_19351111.jpg
暦といっても、太陽暦ではなく、ヒジュラ暦(太陰暦)でなのだが、暦の上では今日は「イドゥ・アル=フィトル」、つまりラマダーン(断食)明けの元日。陽が暮れて夜空に新月が現れたら、1431年のハッピー・ニュー・イヤー、のはずなのだが、今日の東京の空には月がみえない。月がみえないと、新年のお祝いは翌日までおあずけである(そういうきまりになってる)。今年はラマダーンにあわせて、炭水化物(特に糖質)を断つ(制限する)食事をつづけてきた。今日はその解禁日のはずだったのだが、月がみえない。。。月が出たら、ごちそうをつくって食べよう。ケニアとパキスタンでラマダン明けを迎えたときはピラウを食べたものだが、何にしよう、ハイダラバード・ビリアニ、それとも、タンドリーチキンかな。

「ガザ地区でギネス記録狙う世界最大の「ラマダン・ランプ」
「イスラム教の「ラマダン(断食月)」を迎えているパレスチナ自治区ガザ(Gaza)地区の住民が、ラマダン中にイスラムの街を飾るランプの大きさで、ギネス世界記録(Guinness World Record)に挑戦した。「世界最大のラマダン・ランプ」は木と布で出来ており、大きさは幅3.5メートル、高さ10メートル。400ドル(約3万5000円)でこのランプを製作したムスタファ・マスード(Mustafa Massoud)さん(24)はAFPの取材に対し、「ガザ地区の封鎖解除を訴えるメッセージを世界に発信したくて、ギネス記録に挑戦しようと思った」と述べた。また自治区内で、ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)と、ヨルダン川西岸(West Bank)の自治政府が対立していることについて、両者に違いを乗り越えてほしいというメッセージも込めたと語った。」(「AFP通信」2010年8月19日)

d0017381_19393693.jpg
[PR]
by illcommonz | 2010-09-10 19:41
▼日照りと雨乞い
d0017381_3503845.jpg
「かつて、私の父の父の父が、困難な務めを果たす時、
森の中のある場所に行って、火をおこし、
静かに祈りを一心に捧げると、その願いは叶いました

d0017381_3525347.jpg
後に私の父の父が、同じ務めに直面した時、こう云いました。
「火はおこせませんが、祈りは唱えられます」と。
すると、願いは叶いました

d0017381_3531547.jpg
後に父も森に入り、こう言いました。
「火のおこし方も祈りの奥義も知りませんが、
願いが叶う、この場所を知っています。それで十分でしょう」と。
すると、願いは叶いました

そして同じ務めに直面した私は、家の中でこう考えました。

d0017381_3541864.jpg
「もう火もおこせないし、
祈りも唱えられないし、
森のその場所さえ知らない。
だが、まだ物語は語れる」と。

(J-L・ゴダール「ゴダールの決別」)

「平均気温:113年で最も暑い夏 8月平年2度以上上回る」
「気象庁は1日、今夏(6~8月)の全国の平均気温が平年より1.64度高く、1898(明治31)年の統計開始以来最高だったと発表した。特に8月は平年を2.25度も上回った。暑さは9月も続く見通しで、1日も気象庁が観測する921地点中242地点で9月の観測史上最高気温を記録。157地点で35度以上の猛暑日、789地点で30度以上の真夏日となった。気象庁は「異常気象」として3日に専門家などによる分析検討会を開く。全国の平均気温は、都市化の影響が少ない国内17地点の平年との差を平均して算出。過去の夏の平均気温の1位は、94年の平年比プラス1.36度だった。地域別でも、北日本と東日本が過去最高で、西日本も4位。8月の平均気温は、沖縄・奄美を除く全地域で平年を2度以上上回り、過去最高だった。」(毎日新聞 2010年9月1日)

そう、かつて、ひとは、長い日照りが続くと、それぞれの土地に伝わるやり方や流儀で、雨乞いの祈りを捧げたものだった。アフリカでも、南米でも、インドでも、中国でも。

d0017381_44486.jpg
ことに、100年に一度といもわれるような、こんな暑い夏ともなれば、共同体をあげての雨乞いがおこなわれたものだった。

「京都で今年最高39.9度=9月の記録、10年ぶり更新-気象庁」
「日本列島は5日も高気圧に覆われ、関西地方を中心に記録的な猛暑になった。京都府京田辺市では39.9度と、全国で今年最高気温となったほか、9月の国内最高気温を10年ぶりに更新した。全国921観測地点中128地点で35度以上の猛暑日、653地点で30度以上の真夏日となった。猛暑は今週も全国的に続くとみられ、気象庁は熱中症などに対する警戒を呼び掛けた。ほかに気温が高かったのは京都府福知山市38.3度、兵庫県西脇市37.9度、京都市37.7度など。39度以上の観測は今夏3回目。京田辺市など3地点で観測史上最高気温を更新したほか、51地点で9月の最高気温を更新した。」(時事通信 2010年9月5日)

d0017381_46933.jpg
雨が誰の上にも等しく降り注ぐように、陽もまた誰の上にも等しく照りつける。天候の異常は、個々人の生活や共同体の存続のみならず、「世界全体の運命」に関わる重大事とされ、ひとは、この世に生きる人びとすべてのために、その身を投げうって懸命に祈った。この世に生きる者のつとめとして、バランスを狂わせた世界にはたらきかけ、失われた秩序を回復させようとようとする、この能動的な行為を支えていたのは、ひとびとのコスモロジカルな感性と想像力であった。大いなる連関によって世界の運行と人間の営みはつながっているという意識がそれであり、「大きな物語」が終わったとされる現代のエコロジーには、不幸なことに、こうしたコスモロジーが欠けているように思える。それはともかくも、100年に一度といわれるような日照りが続き、すでに何百人も人が死んでいるのだから、どこかで雨乞いをやってもよさそうなのものだ、と思っていたら、ようやく今日になって、雨乞いのニュースがあった。

d0017381_5563433.jpg
「酷暑の讃岐路に雨を/まんのうで「綾子踊」公開」
「香川県まんのう町に伝わる国指定重要無形民俗文化財の雨乞(あまご)い踊り「綾子踊(あやこおどり)」が5日、同町佐文の加茂神社で奉納された。強い日差しの下、着物姿で女装した男子児童ら、地元住民約70人が風流な舞や地唄を披露。額に汗をにじませながら、暑さが続く讃岐路に涼をもたらす恵みの一雨を祈った。境内に整列した地元住民は、大きなうちわを振りながら太鼓やかねを打ち鳴らし、「水の踊り」から「かえり踊り」まで12段の地唄に合わせて優雅な舞を披露。詰めかけた大勢の見物客を楽しませた。 綾子踊は、かつて「綾」という女性が干ばつに苦しむ村人のために僧侶から教わって踊ると、雨が降ったことが由来とされ、僧侶は弘法大師空海との言い伝えもある。」(四国新聞社 2010年9月6日)

以前、アフリカのどこかの社会の民族誌で読んだのだが、雨乞いの儀式というのは、日照りのピークではなく、日照りがピークを過ぎて、そろそろ雨が降りそうな按配になった時を選んで行うらしい。したがって、その予測がただしければ、雨乞いの儀式と祈りは報われることになり、人びとはそれを雨乞いの成果として大いによろこびあう。つまり雨乞いの儀式というのは、人びとの願望をひとつにまとめあげ、望ましい状態を先験的に「表現」するものだという。「表現してどうなる」という見方もあるだろうが、先行きがわからない状態のなかにあっては、将来についての明確なヴィジョンがあるのとないのとではやはり大きながちがいがあるもので、共有されたヴィジョンが希望を生み、期待を与える。いまちょうど台風が九州を通過しているところなで、もうすぐ香川にも雨が降って、この雨乞いをやった人たちはさぞかしよろこぶことだろう。求めよ、さらば、得られんである。
d0017381_5442920.jpg
かつて、アフリカでシャーマンの弟子になり、いろいろ学んではきたものの、いまだに火も起こせず、祈りも唱えられず、森の場所さえ知らない、人類学者のなりそこねだが、それでもまだこういう話ならできし、「コスモロジー」と「表現」を持つことの大切さについては、当時よりも今の方がずっとよく理解できるようになった気がしている。ということで、東京にもざばーっと景気よく雨がふるように、今日はいつもより多めに庭に水をまいてみることにしよう。

d0017381_628231.jpg
[PR]
by illcommonz | 2010-09-07 06:28
▼[APEC] エイペックにむけて
d0017381_091163.jpg「わざと無視しよう!」
(いるといらとそのなかまたちの誓い)
...............................................................
【おことわり】 このエントリーは現在進行形の「戦術上の都合」※により、2010年11月13日午前零時まで「非公開」とします(※ある任意の状況に対し、あえて無関心をよそおい、何もアクションを示さないことや、故意に無視したり、コメントしたりしないことによって、当の状況に対する抗議や批判を行う対抗戦術のことを「不作為のカウンターアクション」と呼ぶ。別名「積極的に何もしないことで行う反撃」)[参考]「この茶番劇に参加しないことが、私たちの力を最大限に示すことのできるアクションではないのか?」(スターホーク)
[PR]
by illcommonz | 2010-09-02 22:41
▼いるといらとそのなかまたち「横浜下町パラダイスまつり」へゆく
d0017381_195062.jpg
▼「横浜下町パラダイスまつり&よこはま若葉町多文化映画祭」
[日時] 2010年8月28日(土)-9月5日(日)
[場所] 横浜下町パラダイス会館
 1. シネマ・ジャック&ベティ (横浜市中区若葉町3-51)
 2. 横浜市中区若葉町界隈の商店
[主催] ART LAB OVA (アートラボ・オーバ)
    よこはま若葉町多文化映画祭実行委員会
[サイト] http://downtownart.hama1.jp/

「この夏、横浜最後の名画座「シネマ・ジャック&ベティ」の周辺で、日本、タイ、韓国朝鮮、中国台湾など、いろんなお店をまきこんだアートなお祭り「横浜下町パラダイスまつり」と「よこはま若葉町多文化映画祭」を開催。港横浜の裏通りの魅力を密かに探求します。」

ということで、ヨコハマの「裏通り」では、連日、こんなイベントや映画の上映がおこなわれてるらしい。

▼「横浜下町パラダイスまつり」篇
 ・音楽家・スズキ・クリの「バンド結成するための話し合いだけをする」
 ・霊能者・ヒロムの「あなたの背後霊を見ます」
 ・アシスタント・清水チナツの「若葉町竹馬さんぽ」
 ・アーティスト・来島友幸の「じゃりン子チエ風お好み焼き屋台」などなど



▼「よこはま若葉町多文化映画祭」篇
 ・アピチャッポン・ウィーラセタクン監督「トロピカル・マラディ」
  2004年/タイ/125分
 ・中井信介監督「ナナイの涙~米兵が残した命の物語」
  2009年/日本/100分
 ・ジャン・ステファーヌ・ソベール監督「ジョニー・マッド・ドッグ」
  2007年/フランス・ベルギー・リベリア/93分 
 ・イム・スルレ監督「飛べ、ペンギン」
  2009年/韓国/110分 
  などなど

去年の「ヨコハマ国際映像祭」で知り合ったOVAさんの招待で、そんな若葉町に、明日、いるといらとそのなかまたちで遊びにゆきます。

d0017381_1114499.jpg
▼いるといらとそのなかまたち「横浜下町パラダイスまつり」へゆく
[日時] 2010年9月1日(水)14:00-20:25
[場所] 横浜下町パラダイス会館/シネマ・ジャック&ベティ
[内容] 14:00- 「いるといらとそのなかまたちの若葉町フィールドワーク」
     18:30- 「いるといらとそのなかまたちのDIYクッキング」
     20:00- 「いるといらとそのなかまたちの若葉町トーク」

ちなみに、いまのヨコハマの「表通り」は、こんな状況らしい。


▼「APEC開催を前に横浜の予定会場で要人警護訓練」

d0017381_116419.jpg
▼神奈川県警察「APEC対策に向けた県警察の取組み」
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mese8007.htm

d0017381_1165776.jpg
▼「横浜市空き缶等及び吸い殻等の散乱の防止等に関する条例」
(「ポイ捨て・喫煙 禁止条例(ハマルール)」
http://www.city.yokohama.jp/me/pcpb/kankyo/mac4.html

ふーん、それじゃ、、、ということで、明日はこんなものを持ってヨコハマにゆきます。

d0017381_1213534.jpg
d0017381_1221678.jpg
[上] 改造×××× [下] 改造水パイプ

ぼくらのなまえは、いるといら、このよでいちばんすきなのは、
おりょうりすること、いたずらすること、いる、いら、いるといら。
[PR]
by illcommonz | 2010-09-01 01:30