Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2011年 09月 ( 48 )   > この月の画像一覧
▼アトミックセラピー
d0017381_781223.jpg
 今日、父親が病院で「放射線治療」をうけるので、放射線が腫瘍にうまくヒットするように、
「アトミックサイト」でつくった「石棺一号機」に願をかけてみることにした。息子が東京都指定の「要注意芸術家(=ヘル・アーティスト)」になったのをおもしろがるような父親なので、たぶんこれも気に入ってくれるだろう。もしうまくいったら、これでまた、ひと笑いである。
[PR]
by illcommonz | 2011-09-07 07:08
▼東京都提供「原発やめろ広場」特設スケルトンボード、別名、トーキョー・ワンダーウォール
d0017381_5253426.jpg
(via http://yfrog.com/klm5lswj) 
 白い鉄板では監視ができない、と思いなおしたのか、それとも、権力の介入を見えにくいものにしたいと思ったのか、突然、東京都がアルタ前にスケルトン・ボードを設置しはじめました。いったいなにがしたいのか、謎の壁。これが本当の「トーキョー・ワンダーウォール」。目的はともかく、素材はポリカーボネイトかな?だとしたら、鉄よりも弾性があるので、低音から高音までまんべんなくドラムの音を反響させ、なおかつ、タイトな響きにする最高のソニック・ブラスターになりそうだ(わくわく)。それにしても、たった一日だけの広場のために、なんと気前のいい都税の無駄使いだろう。

このボードに対する感謝と苦情はこちらまで。

東京都第三建設事務所補修課
電話03-3887-5390

[PR]
by illcommonz | 2011-09-07 05:37
▼多摩美講義「M9とレヴェル7のもとでの、芸術の発生学(後期)」
d0017381_14583645.jpg
(教材)
 ・萩尾望都 「なのはな」
 ・しりあがり寿 「あの日からのマンガ」
 ・中沢新一 「日本の大転換」
 ・ミナモザ 「ホットパーティクル」
 ・ODZ 「原子力のない暮しの手帖」
 ・土本典昭+小沢昭一 「原発切抜帖」
 ・堀江邦夫+水木しげる 「福島原発の闇」
 ・アトミックサイト 「原発供養ノ夜」

 いきぐるしい夏休みが終わり、今日から新学期ですが、終わらない異常な日常は依然として続いています。今学期もひきつづき、この異常な状況のなかから発生してくる、この時代の「リアルなもの」を、オールジャンルにみてゆきます。表現にかかわる人たちに必要なのは、異常を異常として感知しつづける感性、もですが、100回以上見たものでも、まるで生まれてはじめて見たかのように、毎回それに驚き、感受できる感性です。
[PR]
by illcommonz | 2011-09-06 15:07
▼?mSv
d0017381_1303919.jpg
2011年9月5日、東京・JR新宿駅東口アルタ前広場フリースクリーンの様子
[PR]
by illcommonz | 2011-09-06 01:32
▼はじめての人も、そうでない人も、デモに行くときは忘れずに
d0017381_34537.jpg
▼いるといらとそのなかまたち 「デモのこころえ」
※無断転載・無断使用・無断再配布を推奨します

 「なにかに疲れたときは、初心にもどって、「はじめて」のときのことを思い出すと、忘れていた何かがよみがえってきて、不思議と元気になるものです。元気というのは、そういうものです。どうしてあのとき自分はデモに行ったんだっけ。。。どういう気持ちでデモに行ったんだっけ。。。それを思い出してみましょう。ひとは大事なことほど、よく忘れるものです。デモに行くときは、どうか忘れずに。」(いるといらとそのなかまたち)

d0017381_30261.jpg
▼いるといらとそのなかまたち 「はじめてのデモ」
※無断転載・無断使用・無断再配布を推奨します

-------------------------------------------
[参考]

▼POLICE ACADEMY TV 「デモにおける「計画逮捕」の指導ビデオ」
[PR]
by illcommonz | 2011-09-05 03:22
▼サビのフリ
▼ECD 「RecordingReport反原発REMIXのサビのフリ」

ECD、レスペクト。


▼イルコモンズ 「RecordingReport反原発REMIXのPV」
[PR]
by illcommonz | 2011-09-05 02:57
▼「原発やめろ広場」にフリースクリーンが出現
d0017381_2473070.jpg
▼「東京都提供「原発やめろ広場」特設フリースクリーン」
(「アルタ前・原発やめろ広場!!!!!」2011年9月1日より)

【お知らせ】 「新宿アルタ前広場に東京都提供のフリー・スクリーンが出現しました。プロジェクターがあれば、誰でも自由に、反/脱原発のメッセージや動画を映写できます。高さ約3.5m、材質は白の鉄板です。光沢があるので、光がよく反射します。」

d0017381_2481029.jpg
【ご注意】 「このスクリーンに、ステッカーやパネルをはったりすると、軽犯罪法違反で書類送検されたりするので、ご注意。」

d0017381_2484960.jpg
[参考]
▼「芸術家集団3人を書類送検=岡本太郎氏壁画に「原発」-警視庁」「東京・渋谷駅構内に展示されている故岡本太郎氏の壁画「明日の神話」に福島第1原発事故を連想させる絵が貼り付けられた問題で、警視庁渋谷署は4日、軽犯罪法違反容疑で、若手芸術家グループ「Chim↑Pom(チンポム)」の33~28歳の男性メンバー3人を書類送検した。3人は「原発事故が起きないよう、警鐘を鳴らすためにやった」などと説明しているという。送検容疑は4月30日夜、壁画の右下に、四つの原子炉建屋を描いた縦約80センチ、横約2メートルの板を勝手に貼り付けた疑いが持たれている。原発の絵は5月1日に見つかり、グループは同18日、自らの行為だと表明し、板を張り付ける様子を撮影した動画などをギャラリーで展示した。」(東京新聞 2011年7月4日)

このスクリーンへに対する感謝と苦情はこちらまで。

東京都第三建設事務所補修課
電話03-3887-5390


-------------------------------------

d0017381_2494119.jpg
[追記] 「権力は広場をおそれる」というが、まさに、そのあかしのような「シロモノ」だと思う。それはともかく、これは核兵器推進派の都知事がしかけた「ブービー・トラップ」かもしれないので、うっかりワナにひっかからないように気をつけましょう。あと、東京都はまったく気づいてないかもしれないが、実は、こういう鉄の壁は、ドラムやパーカッションの音をいい感じに反響させるので、この壁のおかげで、デモの後のドラムサークルが前回以上にもりあがることは必至である。

d0017381_250722.jpg

[参考] 【ブービートラップ】 「ブービートラップ(Booby trap)は戦争における戦術の一種。自陣に侵攻する勢力に対し、撤退する部隊やゲリラ組織が残したり、警戒線に張っておく罠(trap)のこと。一見無害に見えるものに仕掛けられ、油断した兵士(まぬけ:booby)が触れると爆発し殺傷する。また爆発物ではなく、スパイク状のもので殺傷する猟師の用いる罠に類似したものもこれに含まれる。」
[PR]
by illcommonz | 2011-09-05 02:53
▼「9.11 新宿・原発やめろデモ!!!!!」 は3:11にスタートする


「9.11 新宿・原発やめろデモ!!!!!」
[日時] 2011年9月11日(日) 2:00集合 3:11デモ出発
[場所] 東京・新宿駅東口アルタ前スタート&ゴール

デモ終了後、東京・新宿アルタ前に「原発やめろ広場」が再び出現!

■KILL THE TEPCO Bloc!!!!!
FORWARD/ELEKIDZ/CHEERIO/ねたのよい/つちっくれ/パンクロッカー労働組合/PILVET/PINPRIK PUNISHMENT

■DANCE Bloc!!!!!
DJ:DJ KENT/須永辰緒 LIVE:ECD SOUNDSYSTEM:コバヤシステム

■ドカドカうるさすぎるマーチングバンド!!!!!
だれでも参加可・経験不問・リーダーなし・指揮者なし・持ち曲なし・ルールなし・練習無用・うちあわせなし。打楽器・管楽器・弦楽器・笛・盆踊りの和太鼓・ブブゼラ・カズー・なべ・フライパン・ゴミ箱・ダンボール・ラジカセ・風鈴・その他をご持参ください。

■「原発やめろ広場」
LIVE: いとうせいこう×DUB MASTER X/伊東篤宏/寺尾紗穂
TALK:柄谷行人/飯田哲也/雨宮処凛/松本哉/山下陽光

各ブロックの詳細はこちらをご覧ください。


d0017381_2045971.jpg
▼「Human Recovery Projectからのメッセージ」

 「我々Human Recovery Projectは、TOKYO DIY PUNKシーン発の支援部隊である。震災直後から現在まで、 幾度となく被災地に入り、支援活動を展開してきた。地震&津波の災害にみまわれた地域と、原発による災害地域との間には、明らかな違いがある。「悲しみ」と「怒り」という違いが…。

 福島第一原発20km圏内。南相馬。いいたて村。放射線量の高い地域は、形容し難い独特の恐怖に支配されている。灰色の空。叫びだしたくなるほどの無音世界。地震による破壊も手付かずのまま。干してる途中の洗濯物、開け放たれた玄関、片方だけサンダルが転がっている。みんな大急ぎで逃げたのだろう…トラメガで呼びかけても人の気配はまるでない。町ごと皆殺し…の様相だ。道のど真ん中で第一原発を見つめたまま微動だにしない目のつぶれた猫、発狂した犬、水やエサを与えても見向きもしない。

 圧倒的静寂の中、やがて聞こえてくる放射線測定器の警告音。鳴り止まない電子音。数値を見るまでもなく、尋常じゃない量のアドレナリンだかドーパミンだかが、自らの身体に非常事態を告げる。放射能は見えない・臭わない・触れない…といわれているが、「感じる」ことはできる。本能だかなんだかわからねぇが、我々にはえたいの知れない恐怖を感じる能力があるようだ。

 ここに我々と同志達が7月に測定した放射線量を「事実」として公開する。

 [いいたて村公民館]
  地表植え込み・・・・24.8マイクロSv/h
  空間線量・・・・・・・・7.3マイクロSv/h平均

 [いいたてスポーツ公園]
  地表花壇・・・・・・・・38.2マイクロSv/h
  大気中・・・・・・・・・・8.6マイクロSv/h

 [いいたて中学校]
  体育館裏側溝 ・・・・103.6マイクロSv/h (ないしはそれ以上)

 [双葉郡]
  富岡町内・・・・・・・・・最高46マイクロSv/h
  大熊町内・・・・・・・・・52マイクロSv/h



 この数値をみてもまだ「核の平和利用」だとか言うウスラボケは、共同体意識が欠落していると言わざるをえない。今でも避難所で暮らしている人達にそんなバカげたことを口にできるのか?どんだけ残酷になれば気が済むんだ?
 原発事故があろうとなかろうと、世界の至るところで放射能汚染が巻き散らかされている。米軍の劣化ウラン弾しかり、原発や放射性廃棄物処理場周辺の環境破壊しかり…。浜岡周辺には昔から奇形の魚なんてガンガン存在している。そして電力会社や誘致に莫大な金をもらっている行政が、金にモノを言わせ周辺住民の口封じを行ってきた。
 また原発産業は軍事産業であり、その技術はただちに兵器として転用可能であるという側面をもっている。そしていつだって犠牲になるのは構造的弱者である。この世に核が存在する限り、世界の大多数をしめる貧困層は生命の危機ににさらされているのだ。
 富裕層は逃げることができる。しかし遅かれ早かれ確実に人体に影響を及ぼすほどの放射線量を記録している福島には、相変わらず金銭的理由から県外避難することのできない子供達や独居老人、労働資源とみなされない女性達が数多く取り残されている。南相馬の避難所では中学生が「じいちゃんを置いて逃げられない」と言っていた。
 相変わらずこの国の政治中枢がやることといえば、これまでの既得権益を守り、新たな特権を作り出し、より大きな権力の単位を追求することだけだ。重度の障害者、子供や老人を真っ先に避難させるべきなのに、そういった政策は皆無じゃねぇか?政治も企業も利己的理由でしか動かない、冷酷で残忍なザマを晒して恥じることもない。
 利権ODの天下りや権力中毒依存症野郎共の食いぶちのために、そんな構造的弱者たちがムゲに殺されてゆくのを黙って見届けるしかないという社会。そんな社会にどれほどの価値があるというのか?
 いくら代替エネルギーが実用化にいたったところで、こんな腐さりきった場所では、また新しい利権構造が産み出され、相変わらず構造的弱者が搾取されることになるだろう。
 今「原発やめろ」と叫ぶことは我々の責務である。しかし原発を止めたところで、放射性廃棄物や世界に無数にある核兵器の脅威から逃れられるわけではない。
 我々PUNKSは社会システムの矛盾を凶弾し、権力という名の暴力装置と対峙し、この世界から差別、搾取、戦争、そしてすべての核を廃絶するため闘争を続けてきた。これからもそうだ。
 なし崩し的空洞化の中で、体制の補完物として生きるか…それとも自由な意思存在として声をあげるのか…選択の時は来た。

 我々は呼びかける!
 9.11新宿に集結せよ!
[PR]
by illcommonz | 2011-09-02 20:12