人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
<   2012年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧
▼hUg Me i'm diRty
d0017381_148136.jpg
[写真] マイク・ケリー・セレクションの「使い古しのぬいぐるみ」のクマとちびこもんずのアンキャニー(=不気味)な雰囲気を漂わせるツーショット。

「米現代芸術家マイク・ケリーさん、自殺か」
 「米国を代表する現代芸術家マイク・ケリーさん(57)が1月31日、ロサンゼルス近郊の自宅で死亡しているのが見つかった。地元警察では自殺とみている。米メディアが1日報じた。遺書などは見つかっていないが、最近は落ち込んだ様子だったという。
 ケリーさんはパンクバンドを経て美術家に転身。使い古しのぬいぐるみを使い、不気味な雰囲気を漂わせる作品で注目された。「スーパーマン」に登場する架空都市を題材とした彫刻など、現代人心理を揺さぶる制作を続けていた。」(2012年2月2日 読売新聞)
by illcommonz | 2012-02-03 01:48
▼「ドイツ人はどう感じた」
d0017381_1745373.jpg
「ドイツ人はどう感じた!? 3.11後の脱原発運動、上映へ」
 「福島第一原発事故に伴うデモなどの脱原発運動を、国が脱原発を決めたドイツの若手女性監督二人が密着撮影したドキュメンタリー映画「レディオ・アクティヴィストたち 福島以後の日本のプロテスト」(2011年、72分)が二月三日と四日、前橋市中心街で県内初上映される。商業的な成功にこだわらない映画や映像作品などを集めた「前橋映像祭2012」(市民らによる実行委員会主催)の一環。ドイツ政府は昨年六月、日本の原発事故を受けて高まった脱原発の世論を受け、2022年までに国内十七基の全原発を閉鎖する方針を決定した。脱原発運動をとらえた映画を撮ったのはユリア・レーザさんとクラリサ・サイデルさん。二人は日本の状況に興味を抱いて来日し、五、六月に東京都内などでデモの様子を中心に撮影した。七月に都内の上映会であいさつしたレーザさんによると、撮影には多くの日本人が協力的だったが、日本のデモはドイツに比べて警察官の数が多すぎると感じたという。レーザさんは「(ドイツのように)日本も最終的に全原発が止まるのか。だんだん関心が薄れ、誰も声を上げなくなるのか」と注視している。上映予定は三日は午後一時二十分から、同市千代田町の弁天通にある「ヤーギンズ(旧カフェ・ヤーマンズ)」(無料)で。四日は午後一時半から弁天通の大蓮寺(料金五百円)で。問い合わせは実行委員会事務局=電0270(233)2180=へ。映像祭では十四作品前後の上映を予定し、有識者らを招いたシンポジウムもある。」(東京新聞 2012年1月31日)

d0017381_2223046.jpg
「前橋映像祭2012公開シンポジウム」
[日時] 2012年2月3日17:00-18:15 18:30~20:00
[場所]群馬・前橋市弁天通り大蓮寺

【第一部】映像によるアートへの市民参画の可能性
 「デジタル技術の発達に伴い、映像を誰もが作れるようになり、自由に 映像作品を発表できる時代が来た。映像作品は、表現を作品化する芸術の中でも、市民に親しまれやすいものである。映像の可能性に着眼し、映像やアートに対してどのように市民が参加できるのかを考える。」

[パネリスト] 小田マサノリ(イルコモンズ)/藤井光(アーティスト)吉澤直輝(メディアキャンプ in 群馬 実行委員長)/佐藤良明(元東京大学教授/表象文化論)/清水知子(筑波大学専任講師/比較文学・文化理論)
[司会] 毛利嘉孝(東京芸術大学准教授/社会学者)

【第二部】表現・アートは地域にどのように貢献できるか
 「群馬県中之条町ビエンナーレや、瀬戸内アートなど、地域住民と作家が融合し、お互いが関係を結びながら地域の資源や歴史を活用し、地域観光の活性化や住民の地域愛着に結び付けるプロジェクトが増えてきている。アートが地域活性化に貢献する流れが模索される中、本企画をきっかけにして前橋の活性化にどこまで貢献できるかについて可能性を探る。」

[パネリスト] 白川昌生(アーティスト)/毛利嘉孝(社会学者)/蓮池俊光(大蓮寺)/渡辺大輔(DNA+代表)/福住簾(美術評論家)
[司会] 小泉元宏(鳥取大学専任講師/社会学・文化政策・芸術理論)

[上映作品]
・藤井光「silent linkage」(2010年)
・村田峰紀「グレーゾーン」(2010年)「ノーコメント」(2007年)「バグ」(2007年)
・白川昌生「フイールドキャラバン計画」(2007年)
・小野田賢三「Can we slip out of YouTube?」(2010年)
・杉本篤+八木隆行「八木隆行」(2011年)
・木暮伸也「無題」(2012年))
・ユリア・レーザ&クラリサ・サイデル「RADIOACTIVISTS」(2011年)
・宮川敬一「MORIYAMA: 集団蜘蛛森山安英インタビュー」(2007年)
・三角みづ紀「彼によろしく」(2011年)
・竹村正人「ダダッ子貫ちゃん」(2011年)
・江畠香希「女として生きる」(2011年)「理由のない逮捕」(2011年)
・徳岡知樹「裸賊の記録」(2011年)
・高嶋直人「fuji3」
・原田晋「The Academy of Alter-Globalization」
by illcommonz | 2012-02-02 17:45