Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2012年 07月 ( 72 )   > この月の画像一覧
▼白い風船、国会議事堂、原発のヴェンデッタ


▼「白い風船と国会議事堂、ドラム隊」 7月13日 首相官邸前抗議

 怒りのドラムはいつもの通りだけど、動画のタイトルがアルベール・ラモリスの映画「赤い風船、白い馬」を彷彿させるファンタジックなタイトルだなと思った。それはともかく、この日・この場所で、国会議事堂前を横目にみながら、思い浮かべていたのは、「天使の恍惚」(若松孝二監督 1972年)のラストシーンではなく、「V・フォー・ヴェンデッタ」(ジェームズ・マクティーグ監督 2005年)のラストシーンの方だった。
[PR]
by illcommonz | 2012-07-18 23:48
▼G13がまとめておこたえします。
d0017381_23145352.jpg 首相官邸前抗議のことで、流れ弾が飛んできた。「老人bot」でお返事しようかと思ったが、弾の数が多いので、あとくされのないよう、「デューク東郷」に代返を依頼した。ゴルゴならこう云う…

デューク東郷 (ゴルゴ13) bot
「俺には、昔ばなしをする趣味はない…」


「時代を逆行させる事は、誰にも出来ない…思い出は懐かしむだけにしておく事だ…」

「俺は…あんたの回想に付き合うために、ここへ来たつもりはない…」

「その"正義"とやらはお前たちだけの正義じゃないのか?」

「覚えておく必要のない過去は、早く忘れる事だ…」

「思いつきだけで行動するのは愚か者のすることだそれを得意げに話すのは、もっと愚か者のすることだ…」

「その結果が…どういうシーンを作りだすかはわかっていたろうな…」

「悪いがあんたの期待には応えられない…」

「おれはあんたたちのすることに興味はない…そして、おれのことにも興味をもたれたくはない…」

「この場を逆転できる手段があったのなら、よけいな口を利いていないで行動することだ」

(以下、くりかえす)
[PR]
by illcommonz | 2012-07-18 23:23
▼「@つながり」
d0017381_22461092.jpg
というスイッチがTwitterにあるのを知らなかった。「一度みてごらん」とすすめられたので、開いてみてみたが。。。。よくわからないので、しずかにそっと閉じた。Twitter、いまだによくわかってませんので、無礼・無骨・無愛想のほと、いましばらく、ご寛恕ねがいます。(ぺこり
[PR]
by illcommonz | 2012-07-18 22:51
▼「7.20緊急!大飯原発3・4号機を停止せよ!首相官邸前抗議」
d0017381_20524112.jpg
※首相官邸前抗議エリアマップ(クリックすると拡大表示されます)

「7.20緊急!大飯原発3・4号機を停止せよ!首相官邸前抗議」
[日時] 2012年7月20日(金)18:00~20:00予定
[場所] 東京・首相官邸前(霞ヶ関駅より徒歩7分、虎ノ門駅より徒歩10分)
※千代田線・丸ノ内線の国会議事堂前駅は大混雑が予想されます。
[呼びかけ] 首都圏反原発連合有志

 「5月5日の泊原発の停止から続いた「原発ゼロ」は7月1日の大飯原発3号機の再稼働により56日間で終わりました。しかしそれは「原発は危なすぎるばかりで実は全く必要なかった」ことを露呈させるには十分でした。野田政権は世論の8割である原発反対の声を踏みにじり、大飯原発3、4号機の再稼動を決定しましたが、福島第一原発事故の教訓も取り入れない出鱈目で拙速なプロセスで進められ、関西電力自身が打ち出した安全対策すらいまだに不備のままです。こうした状況の中、18日にも大飯原発4号機が起動される予定であることが伝えられています。
 私たち首都圏反原発連合は今年の3月29日より毎週、原発再稼動反対の首相官邸前抗議の呼びかけを行ってまいりました。当初300人程度だった参加者は、1000人→2700人→4000人→12000人→45000人→200000人と増加し、その後も雨天や厳重な警備の強化にも関わらず2週続けて15万人規模の市民が集まりました。ヘリ空撮による首相官邸周辺を埋め尽くす市民の波は多くの人々の記憶に刻まれました。
そして、首相官邸に響く抗議の声に対して「大きな音」と無関心を装った野田首相も、7月13日の行動を受け「多くの声をしっかり受け止めて行きたい」と発言せざるをえない状況に追い込まれてきています。
 私たちは引き続き野田政権に対して、7月20日(金)18時より、首相官邸前、周辺及び国会周辺にて原発再稼動反対の抗議行動を行います。前回をはるかに凌ぐ、空前の規模の抗議行動で、多くの声を突きつけ、大飯原発3号機の再稼働を中止させましょう!4号機の再稼働は絶対に阻止しましょう! 今まで以上の情報拡散とご支援ご参加を何卒宜しくお願い致します。
 また、首都圏反原発連合では先々週、先週と超党派の国会議員の協力のもと首相官邸への大飯原発の再稼動中止の申し入れ(要請・勧告)を実現するよう交渉してきました。官邸側は拒否を続けていますが、今週も引き続き交渉を進めていきます。」

【注意事項】
※反原発・脱原発というテーマと関係のない特定の政治団体や政治的テーマに関する旗やのぼり、プラカード等はなるべくご遠慮ください。
※現場が混雑しているため、ビラ配布や署名集め等は抗議終了後の20:00以降にお願いします。
※この首相官邸前抗議は、あくまで非暴力直接行動として呼びかけられたものです。その趣旨を十分にご理解頂きご参加いただきますよう、宜しくお願い致します。
※その他、基本的に主催者の指示に従っていただきますようあらかじめご了承お願いたします。
※スピーチに関しましては以下のご協力をお願いいたします。
 1.一人あたり 「1分以内」 でお願いします。
 2.反原発・脱原発テーマに関係のないテーマでのスピーチはご遠慮ください。
 3.特定の団体のアピールにつながるスピーチはご遠慮ください。個人としてアピールをお願いします。
 4.主催者側の意向に沿わない内容であると判断した場合、中断をお願いすることもあります。あらかじめご了承ください。

-------------------------------------------
[関連]
d0017381_2282946.jpg
「大飯原発4号機が再起動 25日にもフル稼働へ」
「関西電力は18日午後9時、大飯原発4号機(118万キロワット、福井県おおい町)の原子炉を起動した。東京電力福島第一原発の事故後に定期検査入りした国内の原発が起動するのは、今月1日の大飯3号機(同)に続いて2基目。タービンの調整などが順調に進めば、21日に発送電を開始し、25日にはフル稼働となる見込み。政府は4号機がフル稼働に達した段階で、今夏の節電目標をさらに見直す。関電に電気を送るために節電の数値目標を設けていた中部、北陸、中国の3電力会社の管内では数値目標をなくし、四国電力では2010年比で7%から5%に目標を引き下げる方針だ。関電管内も3号機のフル稼働を受け、今月10日から目標を当初の15%から10%に引き下げており、4号機のフル稼働によって計算上は5~6%まで下げることができる。だが、管内自治体などでつくる関西広域連合が10%の維持を求めており、政府は自治体などの意見を聞いたうえで、今後対応を決めるとしている。関電管内では最高気温が30度を超える真夏日が続いているが、節電効果もあり、電力使用率は80%台と安定している。 」(朝日新聞 2012年7月18日)
[PR]
by illcommonz | 2012-07-18 22:05
▼「首相ピリピリ」(続報)
d0017381_22591299.jpg
「首相、脱原発デモに神経とがらす=「無関心」から反発拡大」
 「首相官邸前で毎週金曜日夕方に行われている原発再稼働への抗議デモに、野田佳彦首相が神経質になっている。「消費増税以外は関心が薄い」(民主党幹部)とされる首相。その素っ気なさがデモ参加者の反発に火を付けた。今のところ沈静化するのを見守るしかない状況だが、政権の体力を奪いかねない事態に発展することも否めなくなってきた。
 「国論を二分するテーマになっていると考える。さまざまな声に耳をしっかり傾けていきたい」。首相は16日の民放番組で、関西電力大飯原発(福井県おおい町)再稼働を受け、全国に広がる抗議活動の感想を聞かれ、慎重に言葉を選んだ。
 国民の賛否が割れる政権の主要課題にもかかわらず、首相は6月29日、官邸から公邸に戻る際、抗議デモを「大きな音だね」と、傍らの警護官に語り掛けた。このことが報じられると、デモ参加者は一斉に反発した。
 その後、官邸前デモは1960年の日米安保闘争当時の国会周辺デモをほうふつとさせるような規模に拡大。衆院議員会館の野田事務所にも、消費増税より再稼働に抗議する電話が多くなったという。首相側近は「毎週金曜夜は首相日程に外食を入れづらくなった」とこぼす。
 首相もこうした動きを無視できなくなったのか、国会答弁で「(音と)言った記憶がない」と釈明。また、毎週金曜のデモのたびに記者団に「さまざまな声が届いている」(7月6日)、「多くの声を受け止めていく」(同13日)と、穏当な表現で語ることが多くなった。
 もっとも、首相周辺は「再稼働に賛成と反対の差が縮まっている世論調査もある。60年安保当時の岸信介首相についても、現在では評価する声が圧倒的だ」と指摘。首相が再稼働方針を見直す可能性は極めて低いとみられる。
 藤村修官房長官は17日の記者会見で「原発を(中長期的に)少なくしていくという方向ははっきりさせている」と強調するが、政府が具体策をまとめるのはまだ先。脱原発の抗議運動が収まる気配はなく、29日には国会議事堂をデモ行進が取り囲む「脱原発国会大包囲」が計画されている。民主党内からも「次の選挙に響く」との声が上がり始めた。」(時事通信 2012年7月17日)

----------------------------------------
 首相官邸前の抗議もそうだが、こないだの、地元・船橋での二回目のデモが、かなり効いてきてるのだと思う。一回だけなら「首相をやってれば、そういうこともあるさ」と割り切れもするが、それが立て続けに二度も続くと、「これがいつまでも続くのだろう、大丈夫か、オレ。。。」という不安な気持ちになるもの。そして、「二度あることは、三度ある」というのが、この世の定め。このまま「首相周辺」のとりまき連中にだまされて、歴史に残る愚かな政治家となるか、あるいは、ここで一世一代の賭けにうってでて、歴史に残る名宰相となるか、そろそろ決断のときが近づいている。

[関連]
▼「首相ピリピリ」
http://illcomm.exblog.jp/16355561/
[PR]
by illcommonz | 2012-07-17 22:59
▼四万十川の反原発デルタ・ブルース


 これをきいて、四万十川の「デルタ・ブルース」かと思った。これはすばらしい。やがて、ここを源流にして、メルトダウン・ジャズとか、メルトダウン・ソウルとか、ファンクとか、ラップとか、ダブとか、音頭とかが生まれそうな予感さえする。自分だったら、ダーティー・ダズン・ブラスバンドみたいなセカンドライン編成か、モータウン・ビートで、これをやってみたいと思い、さっそくピアニカで空耳コピー中。Cのキーだと、たぶん、こういう感じ(だと思ったけど、あとで訂正)。

 おぉい、のぉ、だ、 め、るぅ、とぉ、だ、ぅん、だぁ、ぜぇぇ♪
 ド、ソ、シ♭、ド、  ド、ミ♭、ファ、ファ♯、ファ、ミ♭、ミ♭、ミ♭、ド

 官邸前の「歩道」を「歩行」しながらやるとしたら、歌詞はこうかな?

 おーい、野田、今日も、また来たぜぇ♪
 おーい、野田、声が、きこえるかぁ♪
 おーい、野田、これが、民意だぜぇ♪
 (くりかえし)
 おーい、野田、次も、また来るぜ♪
 おーい、野田♪
 おーい、野田♪
 お~~い~~♪
 の~~だ~~~♪
 (終)

【デルタ・ブルース】
「デルタ・ブルースはアメリカ合衆国南部のミシシッピ川流域(デルタ)やテネシー州メンフィスなどの地域で発生した、初期ブルースミュージックのひとつである。演奏楽器として、特にギターとハーモニカが一番多く使われた。またソウルフルで、激しく、そして自己の内面を歌い上げるようなボーカルスタイルもデルタ・ブルースの特徴である。代表的なミュージシャンにチャーリー・パットン、ロバート・ジョンソンなどがいる。」

--------------------------------------------
[追記]


 作曲者の浜田さんから「オリジナル・ヴァージョン」(2011年4月11日アップ)の動画を教えてもらいました。これをきくと、オリジナルのリフは「ヘイ、東電!」だったようで、下記のコメントにあるように、デモのなかで、すこしづつ、変転をくりかえし(←これぞブルース)、いまのかたちになったそうです。

 「僕は「メルトダウンブルース」の原作者で、動画内でギターを弾いている浜田裕介というものです。この曲は昨年、震災後すぐにできて、YouTubeにアップしたのですが、その後デモの中で少しずつ姿を変え、今の形になりました。僕は80年代にデビューしたのですが、原発反対を歌った瞬間から干されてしまい、今はインディーズで歌いながら、四万十市の市会議員をやってます。29日の国会包囲行動には、四万十選抜メンバーで参加します。」(コメントより抜粋)
[PR]
by illcommonz | 2012-07-17 17:46
▼野田佳彦「見て見ぬふりをしないこと」 リミックス・テキスト
d0017381_12501462.jpg
▼野田雅也「正しい報道ヘリの会 7.16 さよなら原発10万人集会 空撮写真

 首相なら、メッセージは次の通り。

 「ぜひ伝えたいことがあります。あなたは独りではありません。あなたを守ろうという人は必ずいます。お父さん、お母さん、先生、友だち、人間として大事なのは、自分が相手の立場になった時にどう思うかということです。その痛みを感じる心を、持ってもらわなければいけない。一番大事なのは、見て見ぬふりをしないこと。これが一番大事なことなので、ぜひ理解してほしいと思います。見て見ぬふりをしないこと。見て見ぬふりをしないこと。見て見ぬふりをしないこと、見て見ぬ、見て見ぬ、見て見ぬ、見て見ぬ、フリ・フリ・フリ・フリ・フリ・フリ、しないないないなぃなぃなぃいぃいぃぃぃ.. ゼヒ伝エタイコトガアリマス、見て見ぬふりをしているならば、そ私・の・行・為・は・と・て・も・恥・ず・か・し・い・、卑・劣・だ・と理解してもらわなければいけないと思います。あなたは独りではありません。」(野田佳彦)

........................................................
[オリジナルテキスト]
 首相のメッセージは次の通り。
 「弱い者を、集団でいじめている子がいるならば、その行為はとても恥ずかしい、卑劣だと理解してもらわなければいけないと思います。
 人間として大事なのは、自分が相手の立場になった時にどう思うかということです。その痛みを感じる心を、持ってもらわなければいけない。
 いじめられている子がいるならば、ぜひ伝えたいことがあります。あなたは独りではありません。あなたを守ろうという人は必ずいます。それを信じてお父さん、お母さん、先生、友だち、誰でもよいから相談してください。
 一番大事なのは、その周りにいる子です。いじめている子がいる、いじめられている子がいると分かっているならば、見て見ぬふりをしないこと。そばにいる生徒さんたちが先生と相談する、あるいは両親と相談する、見て見ぬふりをしない、これが一番大事なことなので、ぜひ理解してほしいと思います」

▼産経新聞「首相「いじめは卑劣」テレビ番組でメッセージ」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120717/plc12071700300000-n1.htm

----------------------------------

d0017381_13214634.jpg
▼会場の代々木公園からデモ行進する参加者たち
(16日午後1時42分、東京都渋谷区の代々木公園)

[追記] この日の空撮写真の意義は、これとほぼ同じくらいの原発事故避難民が、いま(も)・どこかにいる、ということを可視化してみせたことだと思う。
[PR]
by illcommonz | 2012-07-17 12:52
▼怒りのドラムデモ+悪霊、野田退治に船橋へゆく

▼「2012.7.13首相官邸前抗議 ドラム隊 怒涛の進軍」
「大飯、とまるまで、なんべんでも来てやるよ」(悪霊)

 明日は、怒りのドラムデモ+悪霊という、怒涛の組み合わせで、野田の選挙区にのりこんで行きます。怒りのドラムデモは、バンドでもオーケストラでもバテリアでもなく、デモとコールをもりあげるため(だけ)の、ただのドラムのデモなので、むずかしいことは、しません・できません・やりません。いつもだいたい同じことしか、しません・できません・やりません。フライパン、なべ、ごみ箱、空き缶、バケツ、マグカップ、ペットボトル、叩いて音がするものなら、なんでも叩きます。やかん、塩ビ管、ブブゼラ、カズー、警笛、吹いて音がでるものなら、なんでも吹きます。怒りのドラムデモは、動くドラムサークルなので、中心はありません。リーダーもインストラクターもコーチもコンダクターも番頭もいません。路上でサークルになったとき、いつも中心はあけてますので、コールでもダンスでもラップでも手品でも、だれでも・どこでも・いつでも、ご自由にどうぞ。

「7.15 大きなデモだね!国民の生活を守るために
 脱原発デモが必要だ!野田退治デモ第2弾」

[日時] 2012年7月15日13:30集会 14:00デモ出発
[場所] 千葉4区(千葉・西船近隣公園)
[コース] 西船近隣公園~天沼弁天池公園(4.5キロ)
[主催] 脱原発船橋(仮)+怒りのドラムデモ
[後押し] 黄色い電車連合
[協力] ロフトプロジェクト
[賛同] 原発さよなら千葉

▼脱原発船橋(仮) https://twitter.com/nogenpatsu2784
▼怒りのドラムデモ https://twitter.com/drumsofprotest

[関連]
▼「このデモのオーガナイザーは誰なのですか?よろしい、おこたえしましょう」
http://illcomm.exblog.jp/16323019/
[PR]
by illcommonz | 2012-07-14 23:41
▼首相官邸前サイクルロードより

▼アワプラネットTV「自転車、車からの叫び「再稼働反対」~首相官邸前」

アワプラネットTV「官邸前抗議行動 みんなの写真&ビデオ・プロジェクト」
 「関西電力大飯原発(福井県)の再稼働に対する官邸前の抗議行動について、警視庁は12日、参加者の行動エリアを歩道に限定し、かつ横断歩道を渡らせないなどの警備方針を発表しました。また、地下鉄の駅の利用も限定されます。抗議エリアが7カ所に分かれるため、数人のカメラマンで抗議に集まった人の全体像を伝えることは簡単ではありません。そこで、OurPlanetTVでは、官邸や国会周辺で抗議行動に参加している市民からの写真やビデオを集約し、地図上に再現するプロジェクトを呼びかけます。自宅でUstream中継を見ている方なども、ぜひ地図作りにご参加ください。」


d0017381_23362811.png
▼「自転車は車道」徹底 警視庁、全国に通達」(東京新聞 2011年10月26日)
[PR]
by illcommonz | 2012-07-14 23:37
▼たたかうファミリーエリア

 「すごい力だと思います、これは、みなさん、「音」じゃないですね、明確な、明確な、国民の、国民の」(ある議員)

 「このまえ、テレビで元気な姿を見ました。楽器とともに力いっぱい、余り聞いた事のない大きな声で、いきいきと..."がんばりなさい"。」という母からの手紙と一緒に、大好物の食べものがどっさり送られてきた。これをお腹いっぱい食べて、首相官邸前抗議、がんばりなさい、ということだろう。 (イルコモンズ 2012年7月11日のツイートより)

 送ってもらった大好物の食べものをお腹いっぱい食べて、ファミリー・エリアで、がんばってきました(キリッ)。

----------------------------
[追記]
d0017381_0103240.jpg
http://bunkasaikibun.hamazo.tv/e3298182.htmlより

 これは首相官邸前の窮屈な歩道から路地裏の道に脱け出したところ。よほどうれしかったらしい、こどもみたいに笑ってる。そして、ここから「怒涛の進軍」がはじまった。
[PR]
by illcommonz | 2012-07-14 23:34