人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
<   2013年 07月 ( 57 )   > この月の画像一覧
▼がらがらがっしゃん
▼がらがらがっしゃん_d0017381_16295745.jpg
本日は閉店しました。またのお越しをお待ちしております。
(せっかくの休日をクソなニュースで棒にふった一日)
by illcommonz | 2013-07-23 16:30
▼「臨時ニュースをもうしあげます」(大政翼賛会)
▼「臨時ニュースをもうしあげます」(大政翼賛会)_d0017381_1655199.jpg
▼「平気でウソをつく票ドロボウ窃盗詐欺集団の碑」

「日本のTPP交渉合流が決定」
「政府は、日本の環太平洋連携協定(TPP)交渉への合流が決まったと発表した。」
(共同通信 2013年7月23日 15時39分)

「TPP交渉初参加へ「国益実現一丸で」
「マレーシアで開かれているTPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉会合に、日本の交渉団は、23日午後、初めて参加します。これに先だって、鶴岡首席交渉官は、交渉団のメンバーに対し、国益の実現に向け、一丸となって会合に臨むよう指示しました。」(日本国営放送協会 2013年7月23日)
by illcommonz | 2013-07-23 16:06
▼退廃芸術フールジャパン、あるいは、移動するキャバレー・ヴォルテール
▼退廃芸術フールジャパン、あるいは、移動するキャバレー・ヴォルテール_d0017381_15295126.jpg
 これからそれほど遠くない時期、「アトミックサイト」とは別に、「退廃芸術フールジャパン展」的なものが必要になってくるのかもしれない。あるいは、移動するキャバレー・ヴォルテール的なもの。いや、あれかこれかではなく、どっちもである。いずれにせよ、目よりも耳に訴えるものが先鋒となるはずので、まずは耳を鍛えることからはじめなければならない。

[関連]
 「音楽家が音楽の魅力を武器に政治に乗り出すなんて考えただけで鳥肌がたつ。青年よ、耳を鍛えよ。音楽になんか煽られるな。繰り返す。無力であることのラディカルさを聴き取ること。本当の変革があるとすれば、音による洗脳ではなく、聴くことそのものの変革の中にしか次はない。」(大友良英「リスニング・ポイントの爆心地~耳を鍛えよ」より) 

[検索語] クールジャパン、退廃芸術展、国策文学、国策芸術、キャバレーヴォルテール、
by illcommonz | 2013-07-23 15:34
▼ボーカロイド版はまだですか?
▼ボーカロイド版はまだですか?_d0017381_14441094.jpg
▼自民党改憲案「“超”口語訳」(1)~(3)
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-1372.html
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-1051.html
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-1523.html

ボーカロイドは「読みあげ」には適していないそうだが、どうなのだろう。

▼ボーカロイド版はまだですか?_d0017381_14451841.jpg
▼ボカロキャラクター「鏡音レン」さん
by illcommonz | 2013-07-23 14:47
▼時制変化とフットプリント
▼時制変化とフットプリント_d0017381_1418315.jpg
 「あらゆるものがあらゆるものとつながってる」と考え、たとえレジ袋一枚でも、それが地球の環境に及ぼす影響(フットプリント)のことを思い、自分にできることを日々実行している人たちなら、自分が手にしていた投票用紙一枚が社会の環境に及ぼしてしまった影響(フットプリント)のことを思い、後悔しないわけがない。」

 そのフットプリントは、軍靴のかたちをしているかもしれない。

-----
[関連]
▼ソーシャル・エコロジー
http://illcomm.exblog.jp/19290145/
by illcommonz | 2013-07-23 14:19
▼「ただちに健康に影響はありません」から「国のためです」へ
 ▼「ただちに健康に影響はありません」から「国のためです」へ_d0017381_13405390.jpg
「東電、汚染水の海洋流出認める 福島第1原発」
 「福島第1原発敷地内の海側にある井戸の水で高濃度の放射性物質が相次いで検出された問題で、東京電力は22日、汚染水が地下を通り海に流出している可能性があると初めて認めた。東電は、原発の港湾口付近では放射性物質の数値が極めて低いとして、汚染が港湾内にほぼとどまっているとみている。港湾内の海水の放射性物質濃度が上昇傾向だったが、東電は推移を注視するとして、これまで汚染水の流出を認めていなかった。東電によると、潮位変動や降雨に連動するように井戸の水位が上下していることから、原発敷地と海との間で水の行き来があると判断した。」(東京新聞 2013年7月22日)

 このままいくと、これからいろんなことが明るみになってくる、1年後か2年後には、こういう場合の「ただちに健康に影響はありません」というような云い方も、「いまは戦時中ですので、我慢してください。政府の足をひっぱるような報道や言動は謹んでください。それが国のためです、それが国の公益をまもることです」へと変わるのだろう。自分たちがつくってきた原発のせいで海に毒が流れ出しても、その責任を全くとろうとしない政府だから、これから起こることのすべてを、戦時のどさくさのなかでうやむやにするか、あるいは、「お国のため」という、あの一語ですませる魂胆なのだろう。
by illcommonz | 2013-07-23 13:42
▼高畑勲「日頃は心がからからに乾いていて、ばらばらに孤立しているからでしょうか」
 ▼高畑勲「日頃は心がからからに乾いていて、ばらばらに孤立しているからでしょうか」_d0017381_12293065.jpg
 「もしいま、日本が、テロ戦争とやらをふくめ、戦争に巻き込まれたならば、そして犠牲者が出たら、場合によっては、六十年前の戦時中同様、かえって熱くなって、多くの人が日本という主人公に勝ってほしいとしか願わなくなるのではないかと心配です。なぜなら、いま、映画でも本でも、「泣ける」「泣いた」というのが価値基準になっているからです。要するに、日頃は心がからからに乾いていて、ばらばらに孤立しているからでしょうか、主人公を応援してうまくいくことをひたすら願い、やたら感動したがるのです。泣きたがっているのです。オリンピックなんかもそうでした。でも、戦争は映画ではないから、うまくいくかうまくいかないかは、それを応援する願望の強さによって決まるのではなく、冷厳な現実によって決まります。そしていまの映画の巧みな作り手とちがい、戦時中の無能な為政者は、うまくもっていってくれるどころか、ずるずると負け続け、多くの死傷者を出し、やめることもできず、結局、国民を玉砕・原爆・空襲・引揚げ・抑留・長期にわたる沖縄占領などの悲惨な現実に直面させたのでした。あの戦時中とこれからと、どこが違うでしょうか。むろん、大きく違います。しかしいまみんな、理性を眠らせて、映画を見ながらうまくいくことだけを願い、それが満たされて、感動の涙を流しています。このような精神状態は、まったく戦時中の前半とよく似ているような気がするのです。で、現実は映画と違うから、やめることもできなくて、ずるずる。深みにはまる可能性がたいへん高いのではないでしょうか。」(高畑勲)

「事実上の改憲 国民関与できず 政権判断で可能」
 「安倍晋三首相は参院選から一夜明けた二十二日、持論の改憲について慎重に議論していく考えを示した。改憲を掲げる自民党、みんなの党、日本維新の会の三党で直ちに発議できる議席を得られなかったためだ。一方で、集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈の変更に意欲を見せた。憲法解釈の見直しは政権の判断だけで可能。国民が関与できないところで、事実上の改憲を進めようとしている。首相は二十二日の記者会見で、改憲について「腰を落ち着けてじっくりと進める」と述べた。改憲の発議要件を緩和する九六条改憲を先行させるという持論も「(発議に必要な)三分の二を構成できるものは何かということも踏まえて考えたい」と柔軟に見直す考えを示した。憲法を変えるには、衆参両院で三分の二以上の賛成を得て国民に発議し、国民投票で過半数の賛成が必要。既に衆院では改憲派の三党で三分の二以上を占めるため、今回の選挙で百議席を得れば、非改選議員も含めて参院でも三分の二を占め、発議が可能となったが、そこまでの議席は得られなかった。だが、自民党は圧勝し、衆参両院で与党が過半数を占めた。改憲発議の環境は整わなかったが、法案は与党だけで成立できるようになった。これによって集団的自衛権の行使に向けた政府解釈の変更もしやすくなった。連立政権を組み、集団的自衛権の行使容認に否定的な公明党の抵抗が予想されるが、それをクリアすれば、成立は可能。改憲しないのに平和憲法が変質することになる。」(東京新聞 2013年7月23日)

「集団的自衛権 解釈変更 首相意欲」
 「安倍晋三首相(自民党総裁)は二十二日午後、参院選での勝利を受けて党本部で記者会見した。首相は、現在は禁じられている集団的自衛権の行使について「日本国民を守るために何が必要かという観点から、有識者懇談会での議論を進める」と述べ、政府の憲法解釈を変更し、容認することに意欲を示した。集団的自衛権とは、米国などの同盟国が攻撃を受けた場合、日本が直接攻撃を受けていなくても実力で阻止する権利。政府は「国際法上(権利を)有することは当然」としながらも、戦争放棄などを定めた憲法九条に照らして「国を防衛するための必要最小限の範囲を超える」と解釈し、行使を禁じている。行使容認には連立政権を組む公明党が否定的な考えを示しているが、首相は会見で「理解を得る努力を積み重ねたい」と述べた。」(東京新聞 2013年7月23日)
by illcommonz | 2013-07-23 12:30
▼とりこじかけの明け暮れ
▼とりこじかけの明け暮れ_d0017381_1216948.jpg
▼mexicosan めきし子
「自民党は得票数で500万票も負けていた。 野党票2767万票 52.1% 自民党2268万票 42.7% 数字を見てキューンとした。 なんでメディアは注目しないんだろう?大スクープだべ。 昨日のニュースステーション。pic.twitter.com/ROg3FlrjNP」(2013年7月23日のツイート)

▼こたつ猫(`_´)ゞ @sangituyama
「自民党の総有権者に対する絶対得票率は18パーセントでした。」
(2013年7月22日のツイート)

-----------
▼自民は「圧勝」などしていない
http://illcomm.exblog.jp/19312099/
by illcommonz | 2013-07-23 12:17
▼「いまなぜ、「クールジャパン」が注目されているのでしょうか?」
▼「いまなぜ、「クールジャパン」が注目されているのでしょうか?」_d0017381_4184244.jpg
「なぜ、いま「クールジャパン」なのか」
 「6月に政府が発表した新成長戦略に「クールジャパン」という言葉が初めて盛り込まれました。11月2日に各界の著名人を集めた「COOL JAPAN TOKYO-CONFERENCE」が開催され、11月19日には「クールジャパン有識者」が経済産業省主催で開催されました。経産相は、初会合で「クールジャパンのもつ潜在力を経済成長に結びつけて発展させたい」と挨拶しています。いまなぜ、「クールジャパン」が注目されているのでしょうか?」

【答え】 
 政府が国威発揚(こくいはつよう)の「国策芸術(こくさくげいじゅつ)」を必要としてるから。
by illcommonz | 2013-07-23 04:10
▼目をもて耳とせよ
▼目をもて耳とせよ_d0017381_3443330.jpg
▼山川冬樹 ‏@yamakawafuyuki
「ますます目は頼りにならなくなる。鼻と耳と皮膚感覚を頼りにしなければ。」
(2013年7月23日のツイート)

 ちょうど自分も同じことを感じていて、ピーター・ムーアのこの画像をさがしていたところだった。目をもて耳とし、野獣の政府の目にみえない気配を聞きわけよ、血に飢えた政治家の放つ臭気をかぎわけ、身に迫る危険を肌で触知せよ、ということだろうか。あたっているかどうかはともかく、自分はこういう芸術家の野生のカンを信じている。

「安倍政権、武器輸出に新指針検討 禁輸三原則「撤廃」も」
 「安倍政権は22日、武器禁輸政策の抜本見直しに向けた議論を8月から本格化させる方針を固めた。新たな指針の策定により、従来の武器輸出三原則を事実上「撤廃」することも視野に入れている。安倍晋三首相は撤廃に前向きという。政府筋が明らかにした。防衛省は26日にも公表する新防衛大綱の中間報告に新指針の策定方針を盛り込む方向だ。冷戦下で共産圏への技術流出を防ぐ目的の三原則が、武器の国際共同開発が主流の現状にそぐわないとの判断からで、野田民主党政権が進めた禁輸緩和をさらに徹底する。国内防衛産業を育成する狙いもある。」(東京新聞 2013年7月23日)
by illcommonz | 2013-07-23 03:44